ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2004.02.28 Sat
ストーカー対策法
や、もう本気で考えてるんですけど!

事の始まりは約1年前。
就職先も決まり、専門学校卒業式も終了し。
素で暇で家でゴロゴロしてた日のこと。
夕方頃でしょうか、とある塗装業者の方がおうちにやってきました。
いつもなら「お母さん、誰かきてる~!」
とか言いながらダラダラ続行させるんですが、その日はママンも仕事で不在。
家にアタシしかいねぇ!ってことで出ました。
そこには明らか同年代風の男性が。
勿論、塗装の紹介だったんですけど。
うちんちってば、ほんの少し前に塗装したばっかりなので、親に聞くまでもなく。
「あ、結構です~」
といってさっさと引っ込もうとしたら。
その男性が引き止めるんですよ。
何の用やねん、と思いつつ話を聞くと。
非常に好みだと。だから電話番号とメルアドを教えてくれないか、と。
まーそこで教えちゃったアタシも馬鹿なんですが。
なんとなく「好み」とか言われて気分が良かったのかもしれません。
そこからです。
鬼のようなメール攻撃がね!
元々メール嫌いなんですけどメールの内容が怖いのよ。
飲みに行こう、っていう誘いの内容のメールのはずなんですけど。。
節々に胡散臭さが満開してて、コイツと遊んだら襲われるんちゃうか、なんていう疑惑まで付きまといます。
適当にはぐらかしながら月日はたち、ワタクシに彼氏が出来た日のこと。
彼氏とデート中に「いま何してんの?」っていうメールがね。
何だか彼氏できたことを黙って期待させちまうのも悪いので
「彼氏できてんやんか。デート中やねん」
と返したところ。
「あ、そうなん。じゃあお幸せに!さよなら!」
と何とも爽やかなメールがね。
ほっと一安心ですよ。
で、しばらく何の音沙汰もなかったんです。
それこそアタシが綺麗さっぱりそいつの存在を忘れ去るぐらいに!

そしたら先月の終わりごろですよ。(1月下旬)
同じ携帯番号からずーっとかかってくるんでちょっと怖、とか思ってまして。
(そいつのアドレスは連絡がなくなった時点で消滅してたんですよ)
今日うっかり出てしまったんですよね。。
「何してるん?」「覚えてる?塗装業者の~やけど」
「彼氏とまだ続いてるん?」「遊ばへん?」「彼氏にバレんかったらえーやん」←自己中。
適当なこといいながら断ってたらいきなり逆ギレですよ。
「どっちにしても俺と遊ばへんねんやろ!」うん。だって怖いもん。
「もぉええわ」
で、最後に吐いた台詞が
「俺、そっちの住所知ってるねんけどなぁ」


これって脅迫ですかね?
ストーカー(とはちと違うけど)みたいな男の対策法考えてください。
あのヒステリーっぷりはちと怖いです。
なんかちょっと不安なので日記に起こしてみました。

3/23 追記
以前に「ストーカー撃退法」というタイトルでお話ししたストーカーの件ですが。
約1ヶ月ほど様子を見た結果、電話の回数も日に日に少なくなり、
今のところ家に襲撃する気配もありません。
とりあえずは一安心ですが、気を抜かないように気をつけたいと思います。

ストーカー事件のおかげ?というのも変な話ですが、
友達や家族の大切さを改めて実感することができました。

アドバイスをくれた皆さん、本当にありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

Memo/News    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/885-75f5a64c

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。