ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.08.26 Tue
日本未公開映画3本+1本
もうすぐ公開されるのもありますけど。>幸せの1ページとか。
見たいなーと思ってた方は参考にしてみてください。
あ、でも一部ネタバレしちゃってるから参考にはならないな。

あともう公開が終了したチャーリー・ウィルソンズ・ウォーの感想付き。
【幸せの1ページ/ Nim's Island 】
原題を見ればわかるかと思いますがこの映画はニムという少女が主人公です。
ちなみにこのニム役の子はリトル・ミス・サンシャインに出ていた子です。
(リトル・ミス・サンシャイン、DVDわざわざ買ったのに未だ見てないw)
でもきっとそれじゃあ日本で売れないって事でタイトル変えて
まるでジョディ・フォスターを主役かのような扱いにしたんでしょう。
大人の事情って奴ですね!
で、映画の感想ですがまあ無難な感じかなー。
まあそれなりに笑えるしほのぼの出来るんですけど、
見終わった後、なーんも覚えてない映画ってやつですね。
私は悲しいかな吹き替えで見てしまったので映画云々の前に
ニムの声がむかつく(声優さんごめんなさい)という前提条件で躓いてしまったので
90分近くニムが喋る度にいらっとしたんですけど
まあ多分字幕で見る人はそんな事もないと思うので
なんかほわっとする映画ないかなーとか
時間潰すのに退屈しない映画ないかなーと思った時に見ると良い映画かもしれません。
しかし「幸せの1ページ」っていうタイトルはいささか大袈裟すぎやしませんか。
確かにジョディ・フォスターは小説家という設定だけどさー
別に「幸せ」を掴む為にニムの元へ走ったわけじゃないですしね。
このタイトルで「仕事に疲れたからなんか見て元気出るような映画見たいなー」
なんて思って見に行った人がいたら多分がっかりするんじゃないかなあ。
明るく、笑える映画だし悪い映画ではないんですけどね。
タイトルから想像するイメージとかけ離れていると思うのでその辺ご注意。

【かけひきは、恋のはじまり/ Leatherheads 】
アホくさいんだけどくすっと笑っちゃう~って感じのラブコメ…
なんだけどストーリー展開が結構だるいな。
ラブコメ定番のレニー・ゼルウィガーも出ております。
そもそもレニー・ゼルウィガーがどうにも可愛いと思えないので
何故にカーターとドッジの両方から好かれちゃう設定なのかがよくわからん、とゆー
いやそれ言ったらブリジット~もそうなんですけど、
あれは主人公のブリジット・ジョーンズがちょっとバカっていうかなんていうか
憎めない役どころだったと思うんで。
今回の役レクシーは男性社会の中で頑張る女性記者なんですけど
このレクシーのポジションが実に微妙なんだなー
どう見ても敏腕記者に見えない。
人気者カーターの暴露記事を書こうとしてカーターに近づくわけだけど
そのカーターの本心の部分、つまり暴露ネタに繋がる核心部分を掴んでも
「カーターが悪い人には見えないから~」って記事にする事を躊躇うわけですな。
その癖女性である事をネタにされると不愉快そうな顔をする。
でもドッジに求婚されるとまんざらでもなく辞職しようとする。
キャリア貫きたいのか恋に生きたいのかどっちだよ!
とツッコまずにはいられないレクシー嬢の設定。
ラブコメなんだから笑って流す範疇なのかもしれませんけどね。
やっぱり物語の中心となるヒロインはもうちょっとまともに描いて欲しかったなーと。
笑える部分もあるんですけどそれ以上にヒロインが鼻につく映画なのでした。
カーターはあの後タダではすまないと思うんですけど、
何かエンディングでは普通にCMに出てる風でしたねー。
ヒーローじゃなかったら総バッシングだと思うんですけど。アメリカ的に。
ドッジの「アメリカ人はヒーローを作るのが好きだからな。」の発言が
なかなか皮肉めいてて笑いました。ヒーローとかアメリカン・ドリームとか好きよねー。
私アメフトは専門外なのでよくわからないんですが
アメフト好きが見るとどんな感じに映るんでしょうね?この映画。

【アイアンマン / Iron Man 】
ハリウッドが特撮を真剣に作るとこんな感じになりました。
って感じの映画。と思ったらアメコミ原作なんですね。
どうりで突拍子もないと思った。
真剣に見るとアレですがアクション・コメディとして見ればかなり面白い。
映画を簡単に説明すると、億万長者のトニーが敵に拉致られて捕虜にされちゃったんだけど
その素晴らしい頭脳と素晴らしい助手のおかげでウルトラマンに変身出来る装置を作って
無事脱出出来るんだけど、その後が大変でした、って感じかな。
いやむしろ着るマジンガーZかな。(どっちだっていい)
現代の社会情勢宜しくアフガンあたりに捕虜にされてしまうんだけど
真の敵は自分の身内(アメリカ人)っていうところもなかなか皮肉めいてて面白い。
だってこれってまんまイスラエルを支援しちゃってるアメリカの姿そのものっていうか。
まあそこまで製作者が意図したかどうかはしれませんが
これほどまでになーんも考えずに見れる映画ってのも久々で面白かったです。
あとロバート・ダウニー・Jrがしばらくするとチャビに見えたり見えなかったりするのでバルサ好きなら一粒で二度おいしい?作品になっております。
戦うロバート・ダウニー・Jrを見ながら「頑張れチャビー」なんて声援を送って見てると
さながらあのハゲ(ジェフ・ブリッジス)がシュスターに見えなくも……って
絶対見えないけどさ。まあそんな楽しみ方もありますよって事で。
この映画を見てまさか「アフガン人をこんな風に扱うなんて!」って憤慨する人はいないと思いますが、どちらかに善悪をつけた映画が嫌いな人は見ないほうがいいと思いますぜ。
あと珍しくグウィネス・パルトローが可愛い。

8/29追記
えぇぇぇっトニーを補助するAI(ジャーヴィスだっけ?)の声ってベタニーだったのか!
全然気付かなかったよー!(って吹き替えだから当たり前なんだけど)

【チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/ Charlie Wilson's War 】
チャーリーの戦いは私の眠気との戦い。
何だろうなーソ連に軍事介入されたアフガニスタンを解放するためアメリカのいち議員さんが奔走する、というお話です。簡単に言えば。(本当はもっと深いですが)
よく似た事が今現在グルジアで起こってますけど。
面白いテーマの筈なのに見ている最中は本当拷問でしたよ。眠すぎて。
ストーリーのテンポのせいか?
それともトム・ハンクスとジュリア・ロバーツが微妙に役柄と合ってないからか?

正直、この時代にこの映画を上映しているならいざ知らず
その後のアフガニスタンの情勢をみーんな知っているわけですよ。
(映画の後の流れはこの人が詳しく書いています。
チャーリー・ウィルソンズ議員殿は心の底からアフガンを救いたくて行動していたんだと思う。
だけど今現在そのアメリカが送った武器を使って彼らは誰を攻撃してる?
映画の最後に彼自身がその事について、アメリカの過ちについて触れていますけど
それだけで済まされないだろう、と。
アメリカの無責任さを痛感したから表彰でのウィルソンズは複雑な顔をしていたんだと思う。
というか思いたい。でも何も変わっていないんだけど、アメリカ。
なんかまあその辺がもやもやとしてどうにも疲れる映画でした。
書きたいことまとまらなかったので後日書き直すかも。
関連記事
スポンサーサイト
Share on Tumblr

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
Movie/Drama/Book/Music    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/749-5a1eb6c6

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。