ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.08.16 Sat
8/9 Lyon 2
これの続きです。同じ日の出来事。
一度ホテルに戻って荷物を置いてからベルクールに向かう。
帰りのペラーシュ駅でもセキュリティのおじさんに遭遇。
今度は更にグレードアップして「ホテルに行っていい?」と言うので
またNO!と言って逃げ足でホテルへ帰る。
なまじホテルの場所を知られているだけに(教えてもらったからね)
冗談でも冗談に聞こえないってばよ。
別れ際に「次にまた会ったらベルクールでデートしよう。」と言っていたので
ベルクールへは徒歩で行こう、とこっそり決意したのでした。
ペラーシュ駅からベルクール広場までは徒歩7分くらいかなあ?

ルイ14世像の後姿が見えてきたら到着。
後(8/10のレポになると思う)で紹介しますがこの広場にはサン=テグジュペリ像もあります。

逆光のルイ14世



ベルクール広場(La place Bellecour) からノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourviere)が見えます。フルヴィエール大聖堂とも書かれていますが正式名称はノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂です。多分。

ベルクール広場から丘の方面に向かって歩きます。

ソーヌ川を渡ると右手にサン・ジャン大聖堂が見えます。

真っ直ぐ行くとフルヴィエールの丘に向かうフニクラが見えてきます。
フニクラはメトロやトラム、バスと同じ回数券でOK
切符ですが乗り継ぎが1時間(多分厳密には70分くらい)以内なら
同じ切符で乗り継げますのでベルクールまでトラムで来たなら
そのまま同じものでフルヴィエールまでのフニクラに乗れます。

Fourvière行きとSt Just行きがあります。
フルヴィエールの丘へはFourvière行き(向かって右)
ローマ遺跡へはSt Just行き(向かって左)のフニクラを使います。


Fourvièreで降りると目の前にはノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂
その大きさにちょっと圧倒されます。

周辺をぐるぐる回るのは後にしてとりあえず中へ。


これはすごい。

まさに豪華絢爛って感じ。
これは絶対見るべきです。見て損はないです。





階段を降りるとそこは地下礼拝堂。
上の階の絢爛さに比べるとひっそりと暗く静まり返っています。



さて外に出ます。
フルヴィエールの丘から見渡す市内。



中心にある鉛筆型の建物はクレディ・リヨネタワー
行く機会がなかったのでこれは次回に訪れる事にしよう。

この青い天使の像がすっごく見たかった。

どうにも柵が一緒に写っちゃうのですが
この柵がないと乗り出しすぎて下に落下しちゃうのでw諦めます。

ノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂前には黄金のマリア像もあるんですが
こちらは夜景を見に行った時の写真があるのでそちらに載せます。
昼にも撮ったんだけど人がいっぱい写ってるのよー。

さてノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂を見た後は旧市街へ。
3に続きます!
関連記事
スポンサーサイト
Share on Tumblr

テーマ:フランス - ジャンル:旅行
travel    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/734-696907be

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。