ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2018.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2018.06≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr/twitter
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。



欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
2018.03.29 Thu
特捜部Q 自撮りする女たち

原題がSELFIESだからって「自撮りする女たち」ってタイトルどうよ?とか思ってたんですけど
確かに自撮りしてるわ、しかも割と重要な手がかりだったわ。

今までの特捜部Qシリーズでは「キジ殺し」が一番好きだったんですけど(キミーの存在感よ)今はこれが一番かもしれない。
ただのちょっとイッちゃってる姉ちゃんのイメージが強かったローセの過去と彼女の抱えている問題にようやく焦点があたったというか。そのうちアサドの意味ありげな過去にもスポットライトが当たる日がくるのかしら?
それでね、このローセの描写がかなり重くて苦しいんですが、おまけに彼女の過去を巡る度もなかなか重いんですが(故にここの部分で物語全体の疾走感がなくなってしまっている、と思う人もいるかもしれない)その重さを軽くする為かいつもに増してカール・マークがキレッキレ。
「おれに好きなようにしていいってんなら焼き払ってやるんだがな」から始まり、お偉いさん方の会議へ乗り込み今回はリスにも悪態吐いてます(心の中で)でも取りあえずやっぱりリスの美貌は褒めるのがいつものカール。
モーデン、ミカと別れちゃったんですねえ……お似合いだったのに。
それでもハーディの危機には来てくれるミカ、良い人だ。
キレキレのカールで思い出しましたけどモーデンからのアドバイスに
「よりによってお前からのアドバイスかよ」ってツッコむカールに笑いました。
やはりカールはこうでないとね。
逆境に立たされても毒づいて盾突いてそれでも事件を解明するのがこの人の魅力。
でも今回冴えていたのはアサドとゴードン坊やですけどね。
カールは何かにつけてゴードンをネタにしてますけど頑張ってるし超奮闘してたし良い子じゃん。
前作まで印象薄かったけど今回は愛するローセのため、めちゃくちゃ頑張ってました。
もしかしてローセは次回作でも復帰なしかな?
あまりにもゴードンが好印象だったのでこのままでいくのかと思う程です。

1.過去のステファニー・ゴンダスン殺害事件 2.つい最近あったリーモア・ツィマーマン殺害事件は関係があるのでは?とかつての上司であるマークス・ヤコプスンに突っつかれて捜査を始めるのですが、
そこから3.リーモアの孫娘であるデニス(ドリト)・ツィマーマンとその友達のジャズミンとミッシェルが引き起こす事件と
4.ソーシャルワーカーのアネリ(アネ=リーネ・スヴェンスン)が起こす事件が繋がっていくのですが
そこに全く関係ないかに見えた5.ローセの問題が上手くはまっていく様子が面白いのなんのって。
北欧ミステリ王道的展開だね、繋がりが見えるまではよくわかんないんだけど繋がった瞬間の気持ち良さったら。

デニスたちは割と同情できない人物像的な描かれ方をしているのですが、
ミッシェルは他のふたりと違ってちょっと頭の足りない子なだけのような気がしますね。
デニスとジャズミンはやっちゃいけないラインを軽々と飛び越えるけどミッシェルは越えれない。
でも友達にいたらミッシェルにはイライラするだろうなあ、実際デニスもジャズミンもイライラしていたし。
デニスとジャズミンも考えなしなんだけど悪知恵は働くんだよね、マレヴァル型だ!
お金は必要だけど身体は売りたくない、悪いこともしたくない。じゃあ働けよって感じなんですがそれもヤダ。
夢見るお姫様なんだけど起こしてしまった事件の後、一番現実がわかっていたのもこの子。
まあそれで元彼パトリクの所へ戻ろうとするのが……って感じですけど悔いた矢先にアレなので少々気の毒ではありますね。

ローセが見たデニスの背中の引っかき傷は一体何だったんだろ?
関連記事
スポンサーサイト

Movie/Drama/Book/Music    Top↑