ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2018.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018.07≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr/twitter
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。



欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
2015.05.07 Thu
妊娠と甲状腺機能低下症
大抵の場合、不妊治療を行っている方が検査の段階で判明する事が一般的みたいなのですが
私の場合はその前に旦那とふたりで人間ドックに行って検査をしていたのです。
心配性の私は前年に父を癌で亡くしていたので旦那に検査を受けて欲しかったのですね。
で、私の甲状腺機能低下症が発覚したという。
血液検査でそう出たものの、自覚症状はなく。
再検査受けてみようかなー内分泌科ってどこにあるんだろー
なんて思っていた時に妊娠発覚。

◆女性・妊娠と甲状腺機能低下症
放っておくと流産のリスクがあがるとの事で急いで病院行きました。
出産を総合病院でするつもりだったので同じ総合病院内の内科を受診。
チラーヂンを処方され一ヶ月に一度(後、安定期に入った後は2ヶ月に一度)経過を見るという流れになりました。

内科と産婦人科の初期・中期・後期検診が重なると採血を何度もする事になって
それが結構面倒くさかったです。
あと、妊娠中は割りと普通のこと(産婦人科の先生談)らしいのですが
内科の先生に「中性脂肪の数値があがりすぎ」と注意を受けるのがなかなかつらかったw
後期になると2~4倍(私は2倍になりました)に増えるそうで
その話を旦那にしたところ
「フリーザ様の最終形態かよ」
と言われたのがちょっと地味にウケました。

出産と重なったので復活のFは見に行けておりません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:初めての子育て - ジャンル:育児
bebé de notas    Top↑