ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.01.29 Thu
Homeland S4 感想(ネタバレ)
いやー面白かった!
シーズンフィナーレの回は正直微妙!でしたけどね。
最後の最後でちょっとケチがついたのが残念です、今まで物凄いクリフハンガーで終わる事が多かったので自然と驚くようなシーズンフィナーレを期待してしまっていたのかもしれません。
ちなみにシーズンフィナーレのキャリーとクインのキスですが
tumblrで早々に豪快なネタバレを踏んでいたので驚きはなかったですw
それにしてもあのクインの微妙な扱い。
ルパート・フレンドと契約で揉めてんの?と妙に勘繰ってしまいます。
上手く契約が纏まればクイン生還、降板になればクイン死亡みたいな。
なんかちょっと中の人次第、みたいなシナリオやめて欲しいですw
だって流石のCIAも帰ってくる時期も未定、何もかもわからない、キャリーにも内緒っておかしいでしょ!

あとキャリーのパパのお話はパパを演じていた俳優さんジェームズ・レブホーン(James Rebhorn)がお亡くなりになったので作ったエピソードなのでしょうがそれはともかくママの話は完全に要らなかったね。
クインの決断を後押しさせるエピソードにしてはあまりに唐突すぎるし。
まだブロディ方面の話を蒸し返したほうが説得力あったんじゃないのか。

これは薬を取り替えられ幻覚でブロディを見てしまったキャリー。実際はカーンです。
しかしこの1シーンの為にダミアン・ルイス(Damian Lewis)にゲスト出演お願いしたのかしら。


さてシーズンフィナーレにケチをつけた所でシーズン4を振り返ってみます。
ブロディ一辺倒だったシーズン3までと打って変わり今回はパキスタンが舞台となり
話はCIAが仕掛けた空爆が実は誤爆で民間人を殺してしまった、という話に変わります。
現実あるあるネタなので困る。
一話目でキャリーは空爆を仕掛けたパイロットに人殺しだと責められますが
彼女も情報を精査した上でGOサインを出したので責任を取るべき立場なのは彼女、というのはわかりますが
じゃあキャリーが良心の呵責を感じていないのか、と聞かれるとそうじゃないですしね。
あと毎シーズン毎回思うんですけど皆キャリー責めすぎ。
彼女は確かにキチですがキチである前にひとりの人間なんです!
終盤では大使館襲撃で亡くなったファラに好意を持っていたマックスに
「彼女が死んだのはお前のせいだ」
「謝るだけじゃダメだ、生き返らせろ」
とかめちゃくちゃな八つ当たりされてるし。
皆あんまりキャリーを追い詰めないで下さい。

空爆が誤爆デシターって事で誤爆された結婚式に参加していたアーヤンが持っていたビデオが注目を集める事に。
ネットに流したのはアーヤンではなく寮の友達なのですけど(終盤再び出てきてびっくりした)
そんな経緯をCIAもハッカニも知るわけない。
キャリーはアーヤンに記者と偽って接触を試みます。
カウンセリングのふりをして接触したファラはあっさり拒絶されたのに徐々にアーヤンとの距離を縮めて信頼を得るキャリー、流石嘘つきのプロ、クインもファラも信頼を得る為なら対象と寝るキャリーに軽蔑しつつもその仕事ぶりは認めます。

偽のパスポートと出国手続きの書類を揃えアーヤンに渡すキャリー。
しかしCIAの人間を使ってISI(軍統合情報局)にアーヤンが狙われている演出をするキャリー。
アーヤンが見ている前で殴られ拉致られるキャリー(演技)
「逃げて」と言われたアーヤンはキャリーを信じきって自分が狙われていると信じ込み
叔父であるハッカニの元へと向かいます。
ファラがアーヤンを尾行中にハッカニと接触し薬を渡すのを見た、と証言した通り(この目撃情報によりキャリーもISIに狙われている演出を行ったのです)ハッカニは空爆で死なず生きていた。

人気のない荒野で落ち合うアーヤンとハッカニ。
本来ならここで空から攻撃を仕掛ける筈だったのですが予想外の展開。
ハッカニが車からソールを引きずりだしてきました。
ソールはキャリーから頼まれた調査対象を尾行したのですがまんまと嵌められ拉致られてしまう。
状況が飲み込めないアーヤンに
「あの女(キャリー)の仲間なんだぞ、こいつは」
と怒りを顕にするハッカニ。
そしてモニターからキャリーやCIAが監視する中でハッカニはアーヤンを射殺してしまいました。
あまりの非道ぶりにキャリー激怒。
ソールがいるのにも関わらず爆弾を落とせ、と指示しますがクインに「ソールがいるんだぞ」と諭され何とか冷静さを取り戻します。
だがちょっと待って欲しい。
ハッカニが非道のように描かれていますが
そして終盤もう一度アーヤンの死亡をフラッシュバックさせキャリーはハッカニを暗殺しようと狙う場面があるのですが
ソールがいなかったら爆弾落としてたよね?アーヤンを巻き込む可能性が高いのに。

ホームランドはシーズン1からずうっとキャリーのダブルスタンダードを描き続けているのですよね。
このドラマの面白いところは対テロ組織にしろ対スパイにしろ
一見敵側が非道なように見せかけてその実キャリーもCIAもそう大差ない事やってますよ、
っていう事を見せているんですよね。
人を騙すような事を平気でやっているキャリーが自分が酷い仕打ちに遭うと
「こんなのはフェアじゃない!」(双極性障害の薬を入れ替えられた際)
と叫んでみたり完全に「お前が言うな」状態なんですけどアメリカは正義!として描かれていなくてここが面白いなあと思います。

アーヤンの話が序盤のメインなら中盤はソール奪還作戦です。
わかりきっていましたがISIはハッカニと裏で繋がっております。
ISIの司令官タスニームの思惑はアメリカをパキスタンから追い出すことにありました。
ソールは取引の材料に使われるくらいなら死を選ぶ覚悟です。
一度隙を狙って脱出、逃亡を図ったソールはキャリーに電話をしその事を伝えます。
逃げ切れなかったら死を選ぶ、死ぬ事を止めるな約束しろ、とキャリーに念押ししますが。
CIAが用意した逃亡先はすべてISI経由でハッカニに筒抜けでした。
街に到着したものの、行く先々に追手が。
自ら引き金を引いて自殺しようとするソールを止める為にキャリーは嘘をつきます。
「逃げ切れる、私を信じて」
しかしキャリーの教えた情報は追手が取り囲んでいる方向でした。
再び捕らえられキャリーを詰るソール。
そしてCIAとアメリカ大使館はハッカニ側の要求を飲み人質と囚人の交換に応じます。
交換の際、爆弾を巻きつけた少年と一緒に死のうとするソールを説得するキャリー。
あの自爆テロ覚悟の少年の存在がいまいちよくわからなかったんだけど
もしアメリカ側が裏切ったり変な行動起こしたら爆発させるぞ、って事だったのかなあ?


人質交換も済み、ソールとキャリー、そして部下のジョンと共に大使館へ戻る途中のこと、車がいきなり狙撃されます。
この攻撃でジョンは死亡(反発してたのは最初だけ、結構協力的で有能な人でしたのに)キャリーとソールも怪我を負います。
あの攻撃で死なないってキャリーとソールどんだけだ。
銃撃戦となり現場で応戦するキャリーたち。

海兵隊が次々と応援に駆けつけます。

時を同じくしてスパイ容疑で捕まった大使の夫、デニス。
留置所に拘束された上、脅そうが宥めようがスパイ活動をアメリカの情報を売った事を白状しなかったデニスでしたが大使の元に海兵隊から銃撃戦の連絡が入り、それを聞き表情が一変。
「海兵隊は全部そっちへ行ってしまったのか?」
「彼女が行っていたのはこの事だったのか…」
おっさん、自分のした事わかってんのか?
大使に彼女って誰だ、何を喋ったのか問い詰められ
大使館の秘密の通路の場所をタスニームに話した、と白状するデニス。
海兵隊が銃撃戦に駆り出されているその隙に大使館を襲撃する計画だったのです。
計画通り事が運び大使館に乗り込むハッカニ一味。
この緊急時に残された職員たちはどうする事も出来ない。
有能な部下のひとりであるヘイズリー(イケメン)はロックハートに機密情報を渡す。
「彼らの狙いはコレだ」
彼らの狙いはアメリカに協力していたパキスタンの民間人の情報を手に入れる事だったのです。
ロックハートが受け取ったところにハッカニたちが襲撃。
ヘイズリーは銃で応戦し、ロックハートにセーフルームにそれを持って行くよう指示します。
一方クインもまた異変を感じ入り口の守衛と共に地下を辿り襲撃者たちに備えていました。
ヘイズリーに電話をするもその時には既にヘイズリーは…ああ貴重なイケメンが…。

セーフルームの存在もばっちりバレていました。
大使、ロックハートを始めとするお偉いさん方の前で
彼らが監視カメラから外の様子を見ているのを知った上で情報を渡さなければCIA職員をひとりずつ殺していく、と脅すハッカニ。
情報を渡せば全員解放する、というハッカニの言葉を信じようとするロックハートですが
大使には「全員に殺されるに決まっている」と反対されます。
しかしファラが喉元にナイフを突きつけられたところで耐え切れなくなったロックハートは情報を持ってセーフルームを出てしまいます。
CIA長官の癖に考える事が甘すぎる!!!
受け取った後、案の定ファラを刺し殺し「全員殺せ」と命じるハッカニ。
その時こっそり隠れていたクインと海兵隊のひとりが銃撃を始め
ハッカニは負傷しながらも情報を持って逃走しました。

この事件でアメリカはパキスタンから撤退する事を余儀なくされる。
空爆から全てタスニームの描いた通りのシナリオになってしまったのですね。
タスニームにとって少しだけ予想外だったのはキャリーの薬を取替え錯乱状態の彼女を逮捕、強制送還させる筈だったのがカーンがキャリーを救い、この仕打ちに怒ったキャリーが薬を入れ替えた人物(大使館内のスパイ)を探す事に躍起となってしまった事。
それでも結果的に大使館襲撃のシナリオは思い通りに進んだのでタスニームにとって大成功だったといえるでしょう。

しかしパキスタンから出国する間際になってクインとキャリーで意見が対立。
キャリーはもうこれ以上部下を失うのは嫌だ、と珍しく上層部の即帰国命令に従おうとします。
しかしクインはハッカニに協力してくれた民間人の情報を盗られた以上、ハッカニを殺す事が必要不可欠だと言いそのまま行方をくらませます。
クインの気持ちわかるなーむしろここはキャリーが「らしくない」です。
今までアメリカに協力してくれた人たちを見殺しにするようなものですからね。

クインはドイツ大使館関係者の女性の手を借りて爆弾作りをはじめます。
そしてアーヤンの彼女だったキーランに接触し大学のサーバーを使ってアーヤン殺害時のビデオを流します。
このビデオのリークは主に学生を中心に反ハッカニのデモを起こす事になります。
反ハッカニ派とハッカニ派の衝突、この騒動の中でクインはハッカニの車が通る道に爆弾を仕掛けます。
そしてクインはその場を離れますが入れ違いでクインを探すキャリーがやってきました。
ハッカニ殺害を止めるよう説得するキャリー、
そしてキャリーを爆発に巻き込めないクインは仕方なく諦めますが
キャリーはキャリーで止めたものの、間近でハッカニを見てアーヤン殺害の時を思い出し怒りで銃を構えようとします。
それを止めたのはISIのカーンでした。彼、本当に良い人だな。
「(ハッカニの車に)同乗している人物を見ろ」
そこにいたのは胡散臭さに定評のあるアダールでした。
ここでまさかのアダール。

父の訃報もあり、結局帰国するしかないキャリー。
クインの行方もわからずじまいだったのですが父の葬儀にそのクインが現れる。
再会を喜ぶキャリー

しかし自分が見たこと(アダールがハッカニの車に乗っていたこと)はソールにしか打ち明けないキャリー。
クインとキャリーは無事アメリカに帰国できた安心感もあったのかようやく良い雰囲気になり
そしてふたりはキスを交わします。

しかし自分の病気の事もあってクインとの関係を進める事に恐怖するキャリー。
自分と姉を捨てた母親の住むミズーリ州に行き、自身の病気や母親への恨みつらみをぶつけるキャリー。
それは彼女がクインと向き合う為にも必要な事だったのでしょうが
このタイミングで遠出をしたキャリーをクインは「そういう関係になるのはNOということ」という風に捉えてしまうのです。
CIAをキャリーと共に辞める気だったクインですが
キャリーの態度で新しい任務に就く事を決意します。
これをクインの辞める辞める詐欺と呼びます。(呼びません)

キャリーが再びクインに電話した時にはもうクインの携帯は繋がりませんでした。
アダールの元を訪れ、クインは何処に行ったのかと詰問するキャリー。
クインの任務については何も話せない、と言うアダールにキャリーはキレて
「あなたがハッカニの車に乗っていた事を知っている」
と突きつけるキャリー。
ソールをCIA長官にする為にアダールはハッカニと取引(ハッカニを暗殺対象から外す代わりにソール拉致時のビデオを渡すこと)していたのです。
ソールはそれを知ったらきっと軽蔑する、というキャリーですがアダールは本人に聞け、と。
アダールの自宅の庭にはそのソールが座っていたのでした。


「何かあった時」の為の手紙。
クインはキャリー宛の手紙を残る新人CIAに託します。
これめちゃフラグっぽいですが冒頭に書いたようにルパート・フレンド続投になれば何事もなかったようにスルーされるでしょうねw

*tw log(残っているもののみ)
あれっまた #ホームランド 録画できてなかった。再放送枠もうないし7話飛ばして見るしかないなあ。停電でもしてたんかな?まあでもあれでしょ、ソールがあんな状態でキャリーがパニックになってクインがそんなキャリーに苛々してるんでしょ大体そんな感じなんじゃないの?w #homeland
posted at 12:37:21

S4ep8 この為だけにダミアン・ルイスに再出演お願いしたのかしらwキャリーの勘もなかなか鋭いけれども相手の女は更に食えないねー! #homeland
posted at 13:56:31

S4ep9 これは!やっぱり終盤に向けて凄い展開用意してきたなー!ホームランドはこういう事するから見続けちゃうんだよねえ…これはキャリーも無傷ではないだろう、どうもネタバレ回避では感想書けないこの回。大使も有能ですけどキャリーとタスニームが凄すぎてw #homeland
posted at 14:22:35

S4ep10 ロックハートはこれでよくCIA長官やってられるな。よく言えば情が深い、CIA的には甘っちょろい。キャリーは慰めてましたけどキャリーは判断迷わないと思うなあ。てか慰めて欲しくて言ってるようにしか見えないロックハート。ジョンにヘイズリーにファラに… #homeland
posted at 14:45:40

S4ep10 CIAは人手不足の為、有能な人材を募集しております!それにしてもデニス!大使はこんな情けない、自分のしでかした事の後始末も出来ない男の何が良いんだ大使!デニス役の俳優さんよく見るけどこういう役似合うよねーw #homeland
posted at 15:02:26

S4ep11うわー!うわー!ロックハートもキャリーものけ者にされた秘密裏の動きってこれ?この人がまた出てくるとは思わなかった。そしてアーヤン関連をここで掘り返してくるとも思わなかったしそもそもアーヤンが巻き込まれる羽目になった友人がまた出てくるとも思わな(ry #homeland
posted at 13:34:50

何この消化不良感。あとあの手紙は割と死亡フラグ立ってるよ。しかし今エピで言いたいことはただひとつ!クインの正装姿かっこええ〜!! #homeland

***
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。