ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2017.03≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.11.06 Thu
the Breaking Bad Season3 #1 No Más/戻れない道
シーズン3です。
また謎なオープニング映像がw
何処かの村、村人たちが這いながら何処かへ目指している。
そこに一台の車、降りてきたのはスーツを着た男性ふたり(双子?)
彼らは同じように這いながらある場所を目指す、そこは祭壇が立てられた小さな小屋。
そこにふたりはハイゼンベルグの似顔絵を飾って祈り始める。

この謎の双子、エピソードの途中でももう一度出てきます。
双子は車を走らせていましたがある集落の家の前で車を止めると干していた洗濯物を取り、スーツを脱ぎ着替え始めます。
その様子を唖然と見守る親子。
双子は着替え終わると少女が連れていたヤギの耳に車の鍵をかけます。
車とスーツを置いていき、歩き始めるふたり。

***
失意のウォルター、テレビでは飛行機事故のニュース。
管制官(ジェーンパパ)のミスと大きく取り上げられているようですがウォルターの耳にも目にも入ってこない様子。
一度は稼いだ金をすべて燃やしてしまおうとするウォルターですが
マッチで火をつけたものの、やはり気が変わり慌てて消火(プールに飛び込むウォルターに笑)
スカイラーは今週末にでも出て行け、との事だったけれど
飛行機事故があった為、準備が思うように進まなかった様で、
しかしスカイラーの気持ちがその間に変わったか、というとそうではなく
弁護士のところへ行き離婚の相談していました。
しかしカウンセラーからお互いの財産を把握しているか、との質問に詰まるスカイラー
そりゃそうだ、出所不明のお金を主人はたんまりと持っているようだなんて言えないよね。

時期は遅れましたがスカイラーとの約束通り(一方的だけど)家を出て行くウォルター。
ハンクが迎えに来て引越しの手伝いをしますがハンクは一時的な別居だと思っているし
マリーは事情を説明しないスカイラーにやきもきしてる。
そしてジュニアはスカイラーとウォルターの別居に納得が言っていない様子。>そりゃそうだ。
ジュニアからすれば手術費用を稼いで、その手術が成功してウォルターは病気を克服した。
これから元の(病気になる前の)家族に戻れる、と思っていた矢先に別居、だもんね。
ジュニアはウォルターを慕っていますし。
しかも追い出したスカイラーからは何の説明もない、その事でジュニアは相当腹を立てています。

スカイラーは離婚の手続きの書類を持ってウォルターの滞在しているモーテルを尋ねます。
当然の如く怒り、戸惑うウォルター。
話を聞かず一方的に書類を突きつけるな、と怒るウォルターにスカイラーは一言。
「麻薬の売人だわ、じゃなきゃ大金を稼ぐ方法がわからない」
マリワナでしょ、ピンクマンって子と稼いでる。
惜しい!w
反応しないウォルターにスカイラーはまさかコカインなのかと尋ねる。
観念したウォルターはメタンフェタミンだよ、と教えます。
そして売人ではなく製造している側だという事も。
「これには複雑な事情があるんだ、だから話をしよう」
と言うウォルターでしたがスカイラーは当然聞く耳を持たない。
そりゃそうでしょう、軽薬物じゃなくて重薬物。しかも売人じゃなくて製造者。
「取引しましょう、この事はハンクにも子どもたちにも誰にも言わない。
ただし離婚を受け入れて私の前から消えて。私は本気よ。もう耐えられない、帰るわ」

今まで正直スカイラーの行動には疑問に思うところもありました。
だけどこれは仕方ないかなあ…マリーの万引きですら許せなかったスカイラー。
夫がメタンフェタミン製造者、だなんて耐えられないでしょ。
もし捕まったらスカイラーだけじゃなくジュニアとホリーまで白い目で見られるわけだし。

ジェシーはリハビリ施設で更正中、反抗的な態度ではありませんが何の意味があるのかわからない、といった様子。
何でもいいけどパンジー植えてるジェシーがなんか可愛いwちょっぴり萌。

グループミーティングでも積極的に参加せず、何も喋ろうとはしないジェシーに見かねたカウンセラーが尋ねます。
自分の事を何か話してみろ、と言われジェシーは半分皮肉交じりに
「あなたはエキスパートみたいだな、そこに座って自分を許せとか幸せがどうのとか話してる。
傷つけたことは?母親を失望させたとかじゃなくて誰かを傷つけた事はあるか?」
ジェシーはやっぱりジェーンの事で立ち直れていない。
自分を許せ、という言葉なんて耳に入ってこないのでしょうね。
それを受けたカウンセラー、「娘を殺した」と衝撃の告白。
ジェシーもびっくり。

1992年7月18日、7月18日は自分の誕生日だった。
コカインをやり、酒を飲んでいた。
コカインは買い溜めしていたから問題なかった、だがウォッカが切れた。
バージニア州ポーツマスは大型スーパーではなく小さな店で買う。
店は5時で閉まる、既に4時42分だった、それで妻と喧嘩になった。
"俺の誕生日だぞ。さっさと酒を買ってこい、俺には売ってくれない"
妻に断られ私は頭に血が上り車に飛び乗った、娘は6歳だった。
車の前で遊んでいて、それで--


「俺なら自分を憎む」
「憎んださ、長い間ずっと。だが酒とヤクを止められなかった。むしろ悪化した。
自己嫌悪と罪悪感は何も生まなかった、ただ壁となった」
「何の壁だ」
「真の変化さ」

この会話が更正のきっかけになったのでしょうか、まもなくジェシーは施設を出所します。
迎えに来ているウォルター、ジェーンの家には戻れないので(荷物どうしたんだろう?)
ウォルターの宿泊するモーテルに取り敢えずは泊める事になります。
薬物からの更正を祝福するウォルターは何だか本当のお父さんみたいだなあ。
「悪いこともあったがある意味お互いに目覚めるきっかけになった。ここで人生を建て直しまっとうな生活に戻ろう」
とジェシーに語り掛けるウォルターでしたがジェシーは
逃げるか向き合うかどちらを選ぶ?とウォルターに尋ねます。
自分がどういう人間かを学び事実と向き合い自分を受け入れた、俺は悪人だ。
ジャンキーから立ち直っただけでなく悟りまで開いちゃったジェシーです。
リハビリ施設凄いな。

翌日ウォルターはガスに会う為にチキン屋さんへ行きます。
そこでもう取引はしない、私は犯罪者ではない。手を引きたい事をガスに伝えます。
「3ヶ月で300万ドルでどうだ」
「300万だと!?」
一瞬狼狽るウォルター可愛い。
しかし「私に今必要なのはお金ではなく家族だ」と言い切りガスと別れの挨拶をするウォルターなのでした。

***
エンディングは再びオープニングの双子。
トラックの積荷に乗せられています、他にも何人か乗っている様子。
ふたりに話しかける少年の口ぶりから察するに密入国。
しかしこの少年がふたりのブーツの装飾に気づいたところで状況一変。
双子は積荷に乗せられていた他の乗客全員と異変に気づいて逃げ出そうとした運転手を射殺。
その後、トラックに火をつけて再び歩きだすのでした。
着替えていたのは密入国者に成りすます為だったのですね。

ブーツの装飾を見て少年が黙った、という事はマフィア絡みなんだろうな。
少年が知っているくらい大きな組織の人間とか。
しかし運転手は…一発目で死んだふりしとけば助かったかもしれないのに。

<脇役チェック>
ジェシーのリハビリ施設のカウンセラー役はJere Burnsという俳優さん。
この人、バーン・ノーティスに出てたよね??

これ調べる為にimdb見てたのですが軽いネタバレを知ってしまったかもしれない…
以下折りたたみ。(双子に関するお話)
双子の名前は
Marco Salamanca
Leonel Salamanca
サラマンカっていうとトゥコの親戚なんじゃないか説。
叔父貴から何か聞いたのでしょうか、でも意思疎通はベルだしなあの人。
関連記事
スポンサーサイト
Share on Tumblr

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。