ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.11.05 Wed
the BRIDGE Ⅱ ep.8 明かされる闇
× メリスオーヌス ○ メディソーヌス
公式表記にあわせておきました。

クラウディオ殺害時に目撃された白い車を巡回中の警官が発見。
追跡の末に乗り捨てられた白い車を発見、トランクにはラウラがいた。
ユリアンもラーモンも誘拐の末に殺されたのにラウラは生きていた。何だか釈然としない。

釈然としない出来事はメディソーヌスでも起こった。
カリンが謝礼を受け取ったメディソーヌスはその時期に臨床試験は行っていないという。
レンナルト・ブルムグレンという人間がその前後の臨床試験の責任者になってはいるが。。
じゃあカリンが参加した臨床試験は一体何だったのだろう。
ついでに警備責任者のピーターにミッケル・フストという人物のID使用の件を聞く。
ミッケル・フストはID使用時に防犯カメラを避けて動いているよう、内部の人間っぽい。
と思ったけどそうか、ニクラスはここで働いていたので教える事が出来るんですね。
2日前に使用され、使用された場所は既に使われていない場所だった為
ペータが怪しいと感付いたわけですね。
そしてその使われた場所ですがユリアンとラーモンが薬物投与された場所ですよ!
まあサーガとマーティンが知るはずもないのですが。

カタリーナを訪ねてきた男性はミッケル・フストなんでは、と思ったふたりは目撃者を訪ねに行きます。
そこでついにラスムスが報告書を改ざんした事を突き止めます!ここでついに。
カタリーナの報告書を作成したのはペアニレでない事を確認した後、
マーティンとサーガはヘーゼルナッツ入りのデニッシュを同僚みんなに振る舞います。
ナッツが入っている事を確認せずに食べ、その後もアレルギーは出なかった。
ハンスに勝手に容疑者に接触した上に報告書まで改ざんした事を報告するサーガ。
アレルギーがある、と言っている食品を食べさせた事にハンスは顔を顰めますが
確かにサーガの言うとおりデニッシュにナッツ入りがあるのなら確かめますよね、私の周りの食品アレルギー持ちはみんなそうしてます。表記欄見たり聞いたりね。
ラスムスはこの件で捜査から外れる事になりました、ようやく。

メディソーヌスを調べる残りのメンバー
ヴィクトリアはメディソーヌスのトップなのですね、親から継いだそう。兄は?
これ、ボーディルがヴィクトリアにインタビューした時に聞いてました。
単純に兄が弱いから経営に向いてない、って事みたいですけど。
当時の臨床責任者レンナルト・ブルムグレンは既に死亡(事故死/湖で溺れて死体は出なかった)、妻を訪ねるサーガとマーティンでしたが手掛かりを得る事は出来ませんでした。
しかし奥様、2人が帰った後にskypeで電話を掛けます。
そこに表われたのは死んだ筈のレンナルト!!
「警察が来たわ」
と画面越しに夫に伝える妻なのでした。

署に戻り、妻の素性を調べるようヨーンに指示しているところにヴィクトリアが乗り込んできました。
流石です、ヴィクトリア、サーガ相手に一歩も引けをとらない。
むしろハンスにもマーティンの威圧的な態度にも動じません。
「今後メディソーヌスを調べる時はまず私を通しなさい」
警察署では毅然とした態度のヴィクトリアでしたが自宅ではやはり病気なので一気につらそうです。
そこに訪ねてきた兄オリベル、苛々した態度で兄を追い出すヴィクトリア。
兄が出て行くタイミングでボーディルが訪ねてきました、インタビューの仕事ですね。
勿論このインタビューの様子もばっちり監視しているオリベルです。きもい。
ヴィクトリアとボーディルはお酒も入り、何だか楽しそうな雰囲気に。
「ヴィクトリアの死ぬまでにやりたい事」
の話になり、ヴィクトリアのしたい事の中には「女性とセックスをする」があるという。
雰囲気に流されキスをし、関係を持つボーディルとヴィクトリア。
ブリッジって性に解放的すぎるw
男女、女性同士、男性同士(後述)…取り敢えず人間同士は一通り出しましたね。

ヨーンがメディソーヌスの従業員リストと過去の捜査資料を調べた結果
ペータが浮上、彼はメディソーヌスの社員ではなく警備会社から雇われていた人間、
メディソーヌス以外にはユリアンの勤めていたIT企業、
そしてカオリーネが責任者となっている(そんな偉い人だったのね)EUサミットの警備も担当している。
過去の行動を調べると環境活動的なものもある。
いきなり容疑者に浮上です、カオリーネから最後の足取りを聞きだしたサーガとマーティンは彼が行ったとされるホテルに向かう。
フロントに尋ねると今ここにペータはいると言う。
ラサ・デュクサというリトアニアの政治家と部屋で会っているというフロントのお話。
テロの可能性も考えて特殊部隊と乗り込むふたりですが。
どう見てもただの密会、男同士の不倫現場なだけです。
「なるほど」とか納得してるサーガにウケました。
事情聴取してもまぁ勿論何も出ませんよねw
一応事件のあった日のアリバイは調べるみたいですけど。
が、ペータの家、メディソーヌス、ホテルにあった資料を分類しているとその中からメディソーヌスのカードキーが出てきます、ペータは自分のを持っていた筈。ではこのカードキーは。
メディソーヌスでカードキーを調べるとミッケル・フストのものだと。
再びペータも怪しくなってきました。

ヨーンはサーガに言われた通り、レンナルト・ブルムグレンの妻を調べていました。
彼女は頻繁に海外に行き、旅行中はいつも同じ住所に郵便物を転送している。
その転送先の家の所有者はレイフ・ブレンマルク、名前を聞いて「レンナルト・ブロムグレンだ」とマーティン。
これで死んだ筈のレンナルトが死んでない事も判りました。
怪しい人がいっぱい!

ヴィクトリアの兄オリベルの妻がついに夫の性癖を知ってしまいます。
夫が寝ている間にこっそりと仕事場に入りPCを起動する妻。
これはショック…
妻にバレた事を知らないオリベルは嫉妬に駆られボーディルのオフィスへ出向きます。
「出版は中止だ」
と一方的に告げますがボーディルはやんわりとそれはヴィクトリアが決める事、と取り合いません。
キレるオリベル。
「ヴィクトリアと連絡を取ったら脅迫と看做す」
とまで言われてボーディル、唖然。
その頃、病室ではラウラが目覚め似顔絵作成に協力していた。
その似顔絵の人物はオリベルに似ているのでした。

今週のイェンスとマーティン。
イェンスに彼が殺した人間の写真と最後にアウグストの幼少期の写真を見せます。
「君に言っておこう、私はまたやる」
というイェンスにマーティンはそれを信じないと返します。
「サーガが俺を撃って復讐を阻止した時、最初はムカついたけれど今は感謝している。お前が生きているからお前に聞く事ができるから」
とイェンスに言うマーティン。
そうですよね、こうやってじわじわ彼の犯した罪を認識させる事が出来ますもんね。
その日の晩、メッテに「もうイェンスには会いに行かない。彼は絶対に謝らないけれどついに彼は自分が犯した罪については認めた、そういう顔をしていた」と告げます。
ニコライの事もあったし、イェンスとの事も終わらせたし再びメッテと住み始めるマーティン。
このままマーティンおじちゃまには幸せになって欲しいのですけど
マーティンが寝た後のメッテの意味深な行動とメッテと一緒に住み始めた、と聞かされた時のペアニレの怒ったような顔が何かまだ一波乱ありそうで怖いわー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。