ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.10.16 Thu
Breaking Bad S2 ep.11 混沌の渦/MANDALA

大変!コンボが撃たれて死んでしまいました!
直前に変な奴がいる、とスキニー・ピートに電話していましたが
スキニーが来たところで犠牲者がふたりになっていただけのような気がする。
クラクションの合図で一見関係なさそうな子供に撃たせるあたり…ギャングに目をつけられてしまった様子。

ウォルターは腫瘍が小さくなったので手術を受けるよう医者に薦められます。
17万~20万ドルの費用がかかる、の言葉に
元々少し医者が強引だと感じていたスカイラーは話し合って考えたい、と言いますが
(費用の問題もあるしネ)ウォルターはその場で手術に合意する。
出産に立ち会った後はすぐに手術しよう、という話になりました。
スカイラーの出産は2週間後、ウォルターの手術はその後です。
そんな感じで自分の手術、スカイラーの出産で頭がいっぱいのウォルターは
ジェシーから「コンボが撃たれて死んだ」と聞かされてもイマイチ頭が働かない様子。
「それはどっちだ?」なんて聞き返して「そりゃねーだろ」とジェシーにキレられる。
そりゃそうだ、巻き込んだのはジェシーとウォルターだし
そしてコンボはジェシーの友達でもあったわけで。

この事件ですっかりびびったスキニーは「俺は降りる」とジェシーに告げる。
バッジャーも姿をくらましたそうです、どうやらシマを広げてしまったばかりに目をつけられ殺された。
ジェシーのATMで男を殺した噂も今は真相が出回っている。

グッドマン弁護士の下へ行き、ジェシーとウォルターはお互いに罵りながら非を擦り付け合いますが
流石グッドマン弁護士、プロらしい解決を提示。
「むしろ君たちが自分で売っていた事にびっくりだ」
と言い、20年間売っていて一度も捕まった事がない男を紹介するという。
38ポンドも作っていた、と聞いて金の匂いを感じ取ったグッドマンの笑顔が良い感じw
しかしこのグッドマンお勧めの男性ですがグッドマン自身も素性は知らない。
知り合いの知り合いを知っているのだ、と。
場所と時間を指定するのでそこで待つよう言われたウォルターたちなのでした。

ここで再びジェシーの弱さが露呈。
先週もジェーンとの関係に弱気になるとドラッグに逃げておりましたが今回も。
今回は友人の死ですから同情すべきではあるのですが
「クスリに逃げても解決しないわ」というジェーンすらも遠ざけようとする始末。
翌日指定の場所"Los Pollos Helmanas"というチキン屋さん(ケンタッキーみたいなジャンクフード店)に現れた時もハイだし、おまけに「騙されてるのかもしれない、こんなのバカげてる」と言って帰ってしまいます。
何処からか見ていた謎の男はその日にグッドマンに交渉はナシだ、と伝えます。
グッドマンからそれを聞かされたウォルターは納得できない。
自身の手術代、スカイラーの帝王切開、お金が必要なのに後がないウォルターはグッドマン経由では再交渉を依頼できないので自分で再びLos Pollos Helmanasへ行き張りこみます。

一度も捕まった事がない、警戒心が強い。
「とても慎重で用心深い、私と似ている筈だ」
そう確信したウォルターはLos Pollos Helmanasの店長(後にオーナーと判明)を席に呼び
話し合いの場を設けます。
最初は否定していましたがウォルターの説明を聞き、正体を明かします。
ビンゴです、この人が目的の人物でした。
再チャンスをくれ、というウォルターに
「あなたと私は違う。あなたは無用心だ。パートナーは遅れてきてハイだった。
彼は常習者だろう?相棒は危険だ」
ウォルターというよりジェシーが問題なのね。
「彼とは会わせないし連絡もさせない。存在を忘れてくれ」
というウォルターに鶏さん(Polloなので)は何故彼と組んだのか、を尋ねます。
「私の指示に従い、信頼できるからだ」
「ジャンキーは信用するな」
厳しいお言葉です、ですが連絡をする気にはなってくれたようです。

一方スカイラー、上司と良い雰囲気?不倫の予感?と思っていましたが
なんと上司が不正(所得隠しの為の改ざん)を行っていた事をスカイラーが突き止めてしまう。
スカイラー、超有能ですね。
密告はしないけど協力はできない、と上司に告げるスカイラーなのでした。
協力はできないけど仕事を辞めるわけにはいかない、スカイラーの苦悩が。。

コンボの葬儀にも出席しなかったジェシー。
悲しみは深く相変わらずドラッグに溺れていますが最初は止めようとしたジェーンは
新しいドラッグと注射器を持ってジェシーの元に現れます。
吸引から更に進んでしまったジェシー。
そしてずうっとドラッグを絶っていたのに道を踏み外すジェーン。
この様子を見ていると確かに鶏さんがジャンキーを信用するな、と警告した理由がわかります。

まさかの授業中に鶏さんからのコンタクトが!
天井裏に隠していたのでテスト中に振動がw
パイプかな、とか誤魔化してましたけどバレバレでしょう!w

店に向かうウォルターですが鶏さん不在。
店長から彼はオーナーである事と名前"グスタボ・ガス"を聞き出すものの、連絡先は教えてくれない。
店を出ようとしたところでひとりの男性がウォルターにぶつかる。

「38ポンド 120万ドル 場所はルート25 13番出口から南へ3キロ 1時間後だ 取引するならな」
ぶつかった男性はウォルターにそれだけを小声で告げます。
時間が欲しい、と言うウォルターに遅刻したら取引はなし、二度と顔を見せるな、と警告。
慌てたウォルター、ジェシーに電話をしますがその頃はジェシーは注射してハイになってます。
電話に出るわけもなくウォルター、ジェシーの家に直行。
ノックしても出てこないし、ウォルター窓を割ってそこから鍵を外し家へ侵入。
眠っているジェシーを叩き、強引にドラッグの隠し場所を聞き出します。
その頃スカイラーはなんと陣痛がきていた!
この状況でスカイラーからも電話、それは無視するウォルターですが
38ポンドのメスをゴミ袋に詰めている時にスカイラーからメールが。
「産まれるわ!」
一瞬嬉しそうな顔をして「そんなダメだ!何だってこんな時に!」とキレるのが面白いw
ウォルターは必死なんだけどその必死さがめちゃ面白かった回ですw
ゴミ箱ひっくり返すところなんてめちゃ笑いました。
関連記事
スポンサーサイト

Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。