ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2003.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2003.12≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.09.26 Fri
Breaking Bad S2 ep.8 BETTER CALL SAUL / ソウルに電話しよう!
やっぱりバッジャーやらかしたw
初っ端からバッジャーの取引の様子でこれは…と思っていたら
やはり囮捜査官にヤクを売ってしまい現行犯逮捕されてしまいました。
このバッジャーと捜査官のやり取りが面白いw
最初バッジャー警察だってほぼ見抜いているのに何でそんな間抜けな方法で捕まっちゃうのw
「警察官って尋ねてみろ、本物なら嘘をついてはいけない。憲法でそう決まってる」
「あなたは警察官ですか?」
「違うよ」
「じゃあヤクを売るよ」
って何でやねーん!
捕まったバッジャー、取調べでも自分を騙した捜査官に
「仲良くなれると思ったのに…憲法を悪用する人は嫌いだ(´・ω・)」
とよくわからないところで落ち込んでます。

バッジャー取調べにはエルパソから帰ってきたハンクも同席します。
アルバカーキの同僚ゴメス、最初は仲悪そうに見えたんですが
こうやって見るとハンクの事をよく理解しているしやっぱり心配しているのですね。
元気付ける為に噂のブルーメスの売人であるバッジャーの取調べに同席するよう提案したのもゴメスです。

それにしてもハンクはひとりだけ無傷だった事によりケチをつけられてしまったのですね、
「そちらの腹心の部下は古巣に戻ったほうがいい、こいつだけ証拠品押収袋を取りに行き無傷だった。うちの現場では役に立たない」と。
すっかり元気をなくした(元の同僚や上司の前では元気に振舞うハンクですが)彼にウォルターは恐怖こそが最大の敵だ、だから立ち上がって恐怖なんて吹き飛ばすんだ、と励ますのでした。

さてバッジャーに話を戻します。
ソウル・グッドマンという金さえ払えば弁護をしてくれる弁護士に捕まったバッジャーを釈放させる為、依頼するジェシーとウォルター。
CMが胡散臭すぎなのでウォルターは渋るのですが
かつての売人仲間のエミリオはこの弁護士に現行犯で2回も逮捕されているのにすぐ釈放になったという。
バッジャーは忠誠心も強く何よりジェシーの友達でもありますからね。
DEAが出てきた事からバッジャーにはふたつの選択肢が出てきました。
・ひとつは何も情報提供せず刑務所に行く。
・もうひとつは元締めをDEAに話し捜査に協力する。
この提案をグッドマン弁護士から聞かされたウォルター。
協力されたらウォルターとジェシーの存在がバレてしまう。
グッドマンを説得しようとするのですがグッドマンはDEAに協力するのが最善、という。
話したらバッジャーが殺されてしまう!との説得も証人保護プログラムもある、と言って耳を貸さないグッドマン。
1万ドル出す、という提案にもグッドマンは応じないのでウォルターとジェシーは覆面をしてグッドマンを拉致w脅す作戦に出ましたwそれにしてもグッドマン、どんだけ敵が多いねんw他の悪人の差し金と間違われてるし。
脅しながら再び交渉するのですがグッドマンの言い分が確かに一番面倒がない。
「バッジャーを殺せばいい、そしたら弁護士も要らない」
でもバッジャーは殺せない、ここで弁護士を殺してしまえばバッジャーはいずれ口を割ってしまうだろう。
ウォルターの咳で覆面の片方がウォルターである事に気付いたグッドマンはウォルターに提案します。
ジェシーとウォルターがお金を渡し、正式にふたりの依頼人となれば
ふたりの秘密は守るしこの問題を三人で片付ける事が出来る、と。

ソウルに電話しよう!

刑務所に送るのはナシ、DEAの取引もなし。
グッドマン弁護士は身代わりを立てる事を計画します。
その身代わりの情報を渡す事でバッジャーは捜査に協力した事になり釈放。
通称出戻りジミー、という代わりに刑務所に入ってくれる人間に協力してもらう。
外の生活よりも刑務所のが生き易い、ってのも凄い話ですが
8万ドル(グッドマンに5万、ジミーに3万)という値段も凄い。
二人はグッドマンにお金を払い、ジミーに身代わりになってもらう事になるのですが
またバッジャーがwやらかしちゃった!
取引の現場にジミーと同じスキンヘッドの男性が現れます。
これはただの一般人なのですがバッジャーはそうは知らない。
彼を相手に取引しようとするバッジャー、そこに10分遅刻で本物のジミーが隣のベンチに座ります。
その現場を遠くから見ていたジェシーとウォルター。
これはまずい!取引失敗になったらバッジャーが嘘吐いてたことがバレる!
ジェシーをバッジャーの元に行かせ、張り込み中のDEAの所にウォルターが向かう。
DEAの車の前に車を止め「ハンクじゃないか!元気か!」と声を掛けるウォルターw強引w
カメラに映っていない間にバッジャーに「そいつじゃない、隣のベンチの男だ」と伝えるジェシー。
何とかDEAにバレずに?身代わり取引を行う事ができたのでした。
ただハンクは何か腑に落ちない顔をしておりましたけどね。

後日、なんとグッドマン弁護士がウォルターの学校に!
正体がバレてしまったようです。
ただ強請りではなく相談役になろう、と。
これから警察には目をつけられる事になるだろう、
金を稼ぎたい時、金を守りたい時ができたらソウルに電話しよう!(←CMのキャッチコピー)
そうウォルターに告げてグッドマン弁護士は立ち去りました。
確かにウォルターは詰めの甘さが素人だし、ジェシーは甘ちゃんだし。
専門家の相談相手ってのは必要かも、でも何処までグッドマンが信用できるのか。
トゥコ以来の強烈なキャラが出てきたので是非グッドマンにはこれからも登場して頂きたい。

一方ジェシーは管理人のジェーンとすっかり仲良くベッドを共にする仲になっておりました。
でも彼女は薬物更正プログラムに入っていて18ヶ月間ヤクやってないのですね。
なのでジェシーが葉っぱを吸おう、と提案するとすごーく嫌な顔をしておりました。

ところでバッジャーの本名はブランドン・メイヒューなのですね。
関連記事
スポンサーサイト

Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。