ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.09.26 Fri
朝のナミビア、ナミビアの動物たち、そしてソーサスフライ(2)
☆関連エントリ
ナミブナウクルフト国立公園とデッドフレイ[Namib-Naukluft National Park & deadvlei,Sossusvlei]
ナミビアあれこれ。

これ、旦那さんが撮った写真なんですけどなかなか良い写真だと思うのであげておきます。







まさかの朝4:30起き。
ソーサスフライに向かう途中、朝日が昇る瞬間を見る事ができました。
砂漠のど真ん中で見れなかったのが残念ですが距離的にそれは無理ですね。
たぶん夜の間に出るしかないだろうしその時間は恐らく入れない。

朝日。


遠くに熱気球
ちょっと熱気球をオプションでつけてもいいかなあ、とか思ったんですが
あのエジプトであった熱気球事故の事が頭にちょっとあって断念しました。


オリックスという動物。
ナミビアの人たちはオリックスの肉を好んで食べます。


トカゲの足跡。夜の間に移動していたみたいです。


ジャッカル、これはインスタグラムに貼りましたね。





鳥、ひたすら鳥。








※パノラマにつきクリックすると別窓で大きな写真が。
ここはその昔この下に川が流れていて汲み上げていたそうです。
名前なんだっけ…(おい)Fish River Canyon?違うかもしれない。


下に降りる事ができます。


ガイドのマイケル。
嫌いな選手はルイス・スアレス(笑)
白シャツの下にチェルシーのユニフォームを着込んでおりましたw


※パノラマにつきクリックすると別窓で大きな写真が。
お気に入りの一枚。

夕方までやる事ないので一度ホテルに戻ります。

これインスタにあげたやつですがやる事ないので泳ぎましたが実を言うと結構寒いですw
ちなみにケニアでも泳ぎました、ケニアも割と寒かったです(ばか)

ところで本当はウェルウィッチア(Welwitschia)とかコルマンスコップ(Kolmanskop)とか見に行きたかったんですけどどっちもここから結構遠いんですよね。
予算的にも日程的にも削るしかない状況だったので今回は行く事ができませんでした。
同じツアーにいたオランダ人夫婦は何回もナミビアに着ているらしく昨年来た時はこっちのソーサスフライに寄らずにウェルウィッチアを見に行った、と言っておりました。
時間があるバックパッカーの皆さん、是非どうぞw


夕陽のお時間。

※パノラマにつきクリックすると別窓で大きな写真が。

マングースが立った!
クララではなくマングースが立っておりました。


翌日、首都ウィントフックへ戻ります。
途中ナミビアいち美味しいアップルパイがあるという街、ソリティエに立ち寄ります。

別名、ヴィンテージの街。


アップルパイ買ってみました。
確かに美味しかった!しかしボリューム凄いな。
創業者の方は今年の初めに亡くなられてしまったようです。



なんと日本との繋がりが!
日本から遠く離れたナミビアの小さな町のパン屋さんの主人は日本の震災支援に寄付をしてくれていました。
ありがとうございます、こんなところで日本語見るとは思わなかったのでびっくりです。
一方日本人はナミビアの位置も知らずにエボラ出血熱のニュースが出る度に
「アフリカは見捨てろ」だの「アフリカ人は土人」とか言っちゃう人が一定数いてとても悲しいです。

ウィントフックはふっつーの街なので写真はありません。
でもびっくりするぐらい道路や街は舗装されています。

ナミビアはこれでおしまいです、時間があればケニアの写真でも!
関連記事
スポンサーサイト

travel    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。