ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.06.20 Fri
Breaking Bad Ep.1 "Pilot" Ep.2 "Cat's in the Bag..."
第1話:化学教師 ウォルター・ホワイト
第2話:新しい相棒

いやぁ待ってた甲斐があった、面白い面白すぎるこのドラマ。
肺がん、余命2年と宣告された化学教師が麻薬密造に手を染めるお話です。
冒頭からパンツにシャツを羽織り(上記画像)迫り来るサイレンの音に向かって銃を構えるウォルター
これから何が始まるんです!?という雰囲気満々、しかし笑えるオープニングです。

時間が遡り、"こうなる前"のウォルター。
化学教師の仕事だけでは生活が出来ないのか車の洗車(元々はレジ打ちだったのに)まで行い生計を立てている。
そのバイト中を生徒に見つかり、ネタとして写真まで撮られているさえない人ぶり。
ある日バイト中に倒れたウォルター、救急搬送された後に医者から末期の肺がん、という宣告を受ける。
身重の妻の為、また足が不自由な長男のため。
彼は家族の為にお金を残す決意をする、それが麻薬密造。

というお話です。
ウォルターの義弟が麻薬捜査官なので
"キャプテン・クック"という名前の売人の住処に警察が踏み込む時に同行したいと願い出るウォルター。
そこで捕まったのはキャプテン・クックではなくエミリオ・コヤマという相棒。
本物のクックは隣の家の女性とベッドインしていた。
彼がこっそりと隣の家から抜け出すところを見たウォルター
ウォルターは彼と一緒に麻薬を密造、販売する事を思いつく。

とりあえず二話の段階で違法薬物の製造、殺人及び殺人未遂、遺体損壊までいってます><
なんだけど説教くさくもグロさもなく、なんかちょっとすべてが笑えてしまうこの軽快さは何だろう?
化学教師なもんで極上のブツを作り上げるのだけど
本物のキャプテン・クックことジェシー・ピンクマンは上記の元相棒エミリオの従兄弟の所へ売りにいこうとして逆に脅され銃を突きつけられた状態でウォルターのところへ連れて来られる。
また厄介なことにエミリオは釈放され、ジェシーにハメられたと思い込み
おまけにエミリオはウォルターが警察の踏み込みの際に現場にいた事を覚えており
「こいつ、警察だ!」と勘違いしてしまう。
いきなりエミリオとその従兄弟に命を狙われることになったウォルターは麻薬の作り方を教える、と交渉する。
製造過程でリン化水素(だっけ?)を発生させふたりを車の中に閉じ込める。
命は助かったものの、どたばた騒ぎの中で山火事発生w
自分とジェシーに(殴られて気を失い中)ガスマスクをつけ車で逃走、しかし途中で観念し迫り来るサイレンに向かって銃を構える、これが冒頭のシーン。

が!
ウォルターがパトカーだと思っていたサイレンの音は山火事を消しにきた消防車。
途中でそれに気付いたウォルター、銃を慌てて隠す、パンツ姿でw

ここまでが一話、二話めはリン化水素で死んだと思っていたふたりのうちひとりが生きていた!
従兄弟のほうが生きていたんですけど
さてコイツどうしよう?やっぱり殺さなきゃいけないよね?
あとエミリオの死体もどうしよう?このまま放ったらかしにしてたら腐敗するよね?
というドタバタ劇です。

コインの裏表で「死体の処理」か「生き残りの殺害」かを決めるのですが
ウォルターもジェシーも悪人になりきれてないのですね、ジェシーは売人ではあるけれど
殺人犯ではない。死体を遺棄した事もない。
延々と悩むふたりが面白い、ウォルター勝手にジェシーのマリファナ吸って休憩してるしw

ジェシーが死体の処理を担当する事になったのですが
相変わらず化学の知識ゼロなジェシーはウォルターからプラスチックの容器を使ってその中で死体をフッ化水素酸で溶かすよう指示されたのにも関わらず面倒くさかったのと自棄になったのとで自宅のバスタブで処理。
その結果、バスタブが溶け、下の階に臓器が落ちてくるwというオチでした。

「それで質問は何だっけ?そうだ プラスチックを使う理由だったね?(その前のシーンではそんな質問ジェシーはしておりません!)フッ化水素酸はプラスチックを溶かさない、しかし鉄や岩 ガラス タイルは溶かす、そういうことだ」

真面目な顔でジェシーに講義するウォルターがシュールすぎて笑いましたw
明日(もう今日ですね)は第3話!楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。