ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.06.17 Tue
アメリカン・ホラー・ストーリー 魔女団[American Horror Story:coven Ep.6 "The Axeman Cometh" , Ep.7 "The Dead"
エピソード6と7話の感想を一気に。

ミスティ・デイが超良い事言った!
「蘇生させたのならきちんと面倒を見るべきよ」
そうです、攻撃的で乱暴になったからって何殺そうとしてるんだ、ゾーイ
責任もてないなら生命を軽々しく扱うな、と。
コーデリアが不妊治療を行っていた時にフィオナに魔術で作れば良い、と言われ
そういう事ではない、と返しておりましたがここにも通じるものがあると思います。

6話のメイン、アックスマンの話をさらっと書いてその後2話分の各キャラクターの流れを。

1920年頃のお話、アックスマンと呼ばれる殺人鬼がいました。
彼は深夜に家に押し入り斧で頭を割るのだけれどある日の夜、新聞に声明文を出します。
「私はジャズが好きだ、今晩ジャズを聴いているものは襲わない」
この声明文に受けてたったのが魔女軍団。
彼女たちは敢えてクラシックをかけアックスマンを挑発、まんまと誘き寄せられたアックスマンは魔女たちに殺されます。
そして時は過ぎ。

<ゾーイ>
ナンとクイニーと共にマディソンの魂を呼び出すことに。
その方法はなんとコックリさん!
その魔術、一時期日本でも大ブレイクしましたよw
マディソンの魂ではなくアックスマンの魂を呼び出してしまったゾーイ。
魂の解放を条件にアックスマンからマディソンの死体の在り処を教えてもらう。
スポルディングを脅しマディソンを殺したのは誰なのかを尋ねるもスポルディングは口を割らず。
ミスティデイの元を訪れ、マディソンの蘇生に協力してもらう。
見事マディソンを蘇らせるも彼女は殺された時の記憶を思い出せない。
それどころかマディソンはカイルと何かを通じ合える様子、ふたりのセックスを目にしたゾーイは少なからず動揺する。
当初はアックスマンを騙す気で交渉したが恨んだアックスマンが目が見えなくなったコーデリアを脅した為、解放の呪文を唱える、見事アックスマンの魂は解放される。
何故か魂が解放されただけなのに肉体まで蘇っているのは何でだ?
マディソンからあなたもカイルとすればいい、セックスしても彼は一度死んでいる身だから恐れることはない、と言われなんとなんとthreesomeを興じるゾーイ(>勿論この場面は映ってませんけど)
アックスマンを解放した事により、力が強まっている事をコーデリアに見抜かれるゾーイ。
「力が強まれば真の敵に狙われるわ」
「マリー・ラヴォーね」
「フィオナ・グッドよ」
てっきりゾーイはフィオナがマディソン殺害の真犯人という事に気付いているのかと思ってましたが気付いてませんでしたね、意外と鈍い子。フィオナの名前を出されて「味方なんじゃ?」よ尋ねるゾーイでした。
その後スポルディングの舌を元に戻し(!)スポルディングから真実を聞き出します。
マートル・スノーのかけた魔術は彼女が死んでも(あ、生きてるか)有効なのですね。
マディソン殺害の犯人はフィオナだという事を聞きだしたゾーイ、スポルディングの胸にナイフを突き立てます。
これは傷つけただけなのかな?殺しちゃったのかな?どっちだろ?

<マディソン>
ミスティデイとゾーイの蘇生魔術により蘇るも以前とは違う自分に戸惑う。
痛みも空腹も何も感じる事が出来ないが
カイルとセックスする時だけ何かを感じる事ができる、と彼と関係を持つ。

<カイル>
冒頭エピソード。
タトゥショップでサークルメンバーと話す生前のカイル。
足首に「始終」と彫った友達がカイルに何故タトゥを彫らないのか、と尋ねる。
「将来建築士になって故郷の橋を元に戻したい、その時市長と握手する事になって間抜けなタトゥが見えるのは嫌だ」
また別の、肘にクローバーのタトゥを入れた友達がカイルに「このクローバーにお前の幸運を祈っていてやるよ」という。

肘にクローバーのタトゥ、足首には「始終」のタトゥが彫られている。
自分の身体なのに自分の身体ではない。
自分は一体何者なのか、と苦悩するカイル。
ゾーイとの意思疎通もうまくいかないが同じ蘇生仲間のマディソンとは何かを分かり合える様子。

<ミスティデイ>
なんかゾーイに上手いようにパシられ、カイルに住処をめちゃめちゃにされ可哀想><
マートル・スノーを蘇生させる為に力を使っている様子。
彼女は純粋に良い人なのかな?

<コーデリア>
硫酸事件で目が見えなくなるも人に触れると真実を見抜く能力を身につける。
夫ハンクに触れ、彼が浮気している事を知る。
ハンクを追い出し、フィオナに触れ彼女がマートル・スノーを火あぶりにした事を知る。
その後学校に戻るも蘇生したマディソンに触れ彼女がフィオナに喉を裂かれた様子を読み取ってしまい、マディソン殺害の犯人がフィオナである事を知る。頭角を現し始めたゾーイに気をつけなければフィオナに殺されると忠告。

<ハンク/コーデリアの夫>
なんで浮気相手の赤毛ちゃんを殺したのかここで発覚。
彼はマリー・ラヴォーの手下だった。
彼女より学校にいる全員の魔女を殺せと言われたハンクだったがコーデリアを本当に愛してしまう。
(フィオナが彼にお前が何かを企んでいるのかわかっている、と言っていましたが大正解)
コーデリアから追い出されマリー・ラヴォーに報告するもキレられ
「明日までに全員殺してこい、そしたらお前の命は助けてやる」と脅される。
銃を揃えて準備中。一番後がない人かも。

<クイニー>
マダム デルフィーン・ラローリーと仲良くなるもマリー・ラヴォーに彼女のした事を知ったら使用人にする如きは甘いとわかる筈、と言われデルフィーンに後悔している事はないか、と尋ねる。
クイニーに心を開いていたデルフィーンは少し後悔している事として
夫と浮気した黒人の使用人が生んだ男の子を殺しその子の血でパックした事を告白。
その使用人は翌日自殺してしまった事も。
クイニー、ドン引き。
ラヴォーに「デルフィーンをここに連れてくればあなたを喜んで迎える、白人の魔女たちにあなたが歓迎されている筈がない。ここで魔術とブードゥを極めればスプリームを超えられる」と言われたクイニー、デルフィーンを騙しラヴォーの家へ連れて行く。
デルフィーンが恐らく親切心で言ったと思われる、
「あなたは他の子から仲間だと思われていない」の言葉が仇となりましたね。

<マリー・ラヴォー>
見事デルフィーンとクイニーをゲット。
なんかでもこの人、最後のデルフィーンの血を顔に塗っている場面からの憶測ですけど
フィオナと同類の自分の権力を譲り渡さない人に見えるけどなあ。

<フィオナ>
抗がん剤の影響で髪が抜け始める。
また薬の影響で他人の心が少し読めるようにもなる。
(というか人の心読めなかったんですね、1話でコーデリアが人の心を読むのはやめて!って言ってたような?)
死ぬ前に人を愛したいと願うフィオナの前に解放されたアックスマン登場。
フィオナに殺されるんじゃw魔女に殺され魔女に解放されまた魔女に殺されるとかww
なんて思ってたんですが実はアックスマン、フィオナを幼少時から見守り(ずうっとあの学園に囚われていましたからね)彼女が小さい頃には父親のような気持ちで、しかし大人になるにつれフィオナを愛してしまうようになる。
すげーな、フィオナ。スポルディングとアックスマン、ふたりの男性を虜にしてる…!
これがスプリームのなせる技なのか!(違うと思う)
一度はアックスマンを拒絶するも最後には再びアックスマンの元を訪れるフィオナなのでした。

なお黄色人種の魔女は今週も出てきておりません。
関連記事
スポンサーサイト

Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。