ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2003.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2003.12≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.11.06 Wed
the WALKING DEAD S4E03 集団感染/Isolation
※超ネタバレしてます。

まさかカレンたちを焼いたのがキャロルだったなんて。
最初どこでリックが気付いたのかわからなかったんですけど
二回目見てようやくわかった、血のついた手の跡って事ですね。
細くて男性ほど大きくなければ女性だと思うし
その後のキャロルの行動を見て確信したって事なのかな、リック保安官より捜査官向き。
ソフィアは前回ふたりの女の子の父親に「娘を頼む」って言われちゃったし
それまでにも女の子たちにナイフの使い方を教えたり、
とソフィアと重ねちゃってるのかしら、なんて。

重ねているというよりはむしろソフィアにこの世界で生きていく術を教えなかったが為に
彼女を失ってしまったのでもう同じ年頃の女の子にそういう目にあって欲しくない。
という気持ちなのでしょうかね。

それにしても勘の良いリック、知らなければ良い事を知ってしまうリック。
タイリースから「犯人を見つけろ」と言われたばかりに
犯人がキャロルという事を知ってしまったわけですが皆に打ち明けるのかな。
タイリースに言う前にハーシェルに打ち明けるかもしれませんが
ダリルには相談するのかな?
ダリルは犯人を許さない的な事を言ってましたがそれは犯人がキャロルでも同じなのかな。

キャロルはたぶん子供たちに感染させたくないが為に焼いたんでしょうけど
その甲斐なく姉妹のお姉ちゃんのほうが感染→発症。
そしてついにはグレンまで…
自分がやった事に対する後悔とそこまでしたのに感染の拡大を防げなかった事に対する苦しみと。
何だか二回目にキャロルの行動を見ると痛々しくて仕方ないです。

それにしても医者はただの良い人だったな。疑ってゴメン。
むしろ自分は感染していなかったのに感染者と接して感染してしまうという…
めっちゃいい奴やんけ。

軍医にグレンにそしてサシャ。
カレンを失ったばかりのタイリースにはかなりキツイ状況です。
ハーシェルの提案で動物用の薬を取りに行く事になったダリルやミショーンですが
サシャと話してようやく少しばかり正気を取り戻した(ように見えた)タイリースもその一行に参加です。
モールで棚の下敷きになった男性もまた一緒です。

「本当に俺が必要なのか?」
(薬のメモを見せながら)「これは何て読む?(単語を読んでもらって)必要だ
とか言ってるダリルがめちゃかわ。
ダリルとミショーンの会話、とても可愛いですよね。
以前一匹狼だったダリルと未だに一匹狼でいようとするミショーン。
何だかこのふたりの息とっても合っているような気がするんだけど。


しかし今週のハーシェルは格好良かった。
次々と感染拡大して行く様にいてもたってもいられないのに
薬を取りに行くメンバーの中にも足が悪いので参加できなかったハーシェルは森へ行ってニワトコの葉を摘んで隔離病棟へと入っていく。
勿論マギーもリックも反対するんだけど自分の生き方を決められると諭したハーシェルは実に素敵であった。
グレンが死ぬなんて事は考えたくないのでハーシェルのニワトコ茶が何とかグレンの発症を抑えてくれると良いのですが。

一方薬を取りに行ったご一行はやはりそう簡単に辿り着けていなかった!
ラジオ?から人の声が漏れてきてそちらに気を取られているとウォーカーの団体さんが!
もう突っ切れるほどの人数ではない、車もあっという間に囲まれて
ダリルの判断で森へ逃げ込むのですが…タイリースやっぱり正気じゃないし!
正気じゃないタイリースを連れての森への脱出劇…来週もなんか大変な事になりそうですね。


これは先週のダリルさん。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。