ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.07.03 Wed
Grimm #6 宿怨/The Three Bad Wolves
モンロー回でした。
人気出たからハンクを差し置いて一足先にメインエピソードが出来てしまったようです。
それにしてもニック…
「もう俺たち親友だろ?」
って主にモンローを一方的にパシっているだけだと思っていたんですが
いつのまにか親友に昇格していたらしいです。
モンロー、ツッコミ入れるかと思いきやスルーだし。
旧友が死んでそんな気力がなかっただけかもしれませんが
親友扱いスルーはびっくりした、おまけに昔の恋人(だよね?)アンジェリーナに
「あのグリムと私、どっちが死んだら悲しいか」みたいな質問されてるし。
すっかり仲良しだね!
今回のエピソードでもそうでしたが
敵対するしないに関わらずニックはグリムとしての使命よりも警官として人間としての善悪で判断してますよね、そこが必死で人間のルールに溶け込もうと努力しているモンローには「他のグリムとは違う」と思わせる要因なのかも。

というわけで今回はモンロー及びブルットバーデン(Blutbaden)と豚バウワーシュヴァイン(Bauerschwein)の対決のお話です。
確かにグリム童話に限らずですが狼が悪者扱いなら豚は哀れな被害者の役回りですね。
モンローがニックにこのふたつの種族の確執を語る時に
「豚が死んだら何でも俺たちの所為にされる、自殺してもだ」
と言っておりましたが童話の絶対的悪役も大変ですね、逆に豚が悪者の童話ってないものな。

冒頭ブルットバット(Blutbad)のハップの家が爆発したところから物語は始まるわけですが
兄貴も同じように家を爆破されて死亡したのにも関わらず
炎上した家を見ながらハップ、「すげー…」ってそれだけかい!

ハップ、とりあえず借金多すぎだけどニックとハンクは金絡みでは殺しはしないだろう、と判断。
殺しちゃったらお金は戻ってこないからね。火災現場でニックは一度本来の姿に戻ったハップを見てブルットバットだと気付いているわけですが暢気だしなんつーかバカだし害はないと判断したようです。

そしてこの何だか憎みきれないハップ、実はモンローの旧友。
ハップとモンロー、何だかでっかい図体なのに妙にラブリーなユーモア溢れるコンビ結成か。
モンローの家に暫くの間、居座る事になったハップですが
もうすっかりピラティスと食事療法で人間社会に溶け込むモンローにとって旧友との再会は喜びだけではなかった様子、困った顔のモンローが何だかめちゃめちゃ可愛かった。
そして迷惑かけている事に気付いているし、一度は立ち去る潔さもあるけれど
ただひたすら能天気なハップもやっぱり可愛い。

しかしハップの妹であるアンジェリーナはハップやモンローとは違い昔気質というか
ブルットバットである事、その野性的な生活に躊躇いを持っていない様子。
モンローの昔の彼女でもあるアンジェリーナは泥酔して寝てしまったハップを置いて昔みたいに外で遊ぼう、と彼に持ちかけます。そしてモンローも誘惑に勝てず久しぶりに本来の姿でアンジェリーナとの夜を楽しむのですが…家に帰るとハップは何者かに撃ち殺されていた。ああ、ハップ!面白いキャラだったのに!

アンジェリーナを信用できないニック。
同様にハンクもハンクで彼女の指紋を調べると未解決殺人事件の現場に彼女の指紋があった事が判明。
オーソン家の兄弟が無残な姿で殺されていたわけですが
このオーソン家の生き残りが放火捜査班の警部補だった。
オーソン家はバウワーシュヴァインの種族、そしてオーソン捜査官の兄弟はアンジェリーナによってただのお遊びで殺されてしまった。そりゃ恨まれても仕方ない。
復讐の為にアンジェリーナの兄弟を殺したというオーソン捜査官。
ハップが殺したわけでもないのにね、バカな妹を持つと大変だな。
それにしても捜査関係者が犯人というのは意外と初展開。
まーボスが既に怪しいですからね、これ以上怪しい警官大放出でも困りますしね。

一度はアンジェリーナへの恋心を再燃させたかに見せたモンローですが
ウサギの肉を食べ口のまわりに血をつけた状態で目覚めた自分と、そしてその生活を良しとする彼女に失望しちゃったわけですな。住む世界が違うと。だけどハップは親友で、アンジェリーナは好きだった人でニックに彼女の居場所を尋ねられたモンローはこう言います。
「アンジェリーナには死んで欲しくないがあんたにも捕まって欲しくない」

この回のモンローが何が良かったかって
ちょっとした胸毛チラ見せでもなく困った顔のラブリーさでもなく(そこも良かったけど!)必死に人間の社会に溶け込もうと誰よりも努力している姿が見れたことですよ!

アンジェリーナに何といわれようが報復合戦には参加しないし
豚の警部補に銃を突きつけられても必死で自分を制御する、友達を殺された後なのに。
「ふたりの兄弟は人間の世界に馴染もうと努力していたんだ」
と警部補は言いましたがモンローは現在進行形で努力しているんですよね。

アンジェリーナにも手を貸さないしニックにも協力しない。
友達が殺されたのにその判断をしたモンローは凄い。

結局アンジェリーナはオーソン警部補を襲撃するもニックの反撃に遭い
警部補を殺害出来ないまま逃走、そのまま行方をくらませます。
昔の自分たちの写真を見て涙ぐむモンロー。
物音がしたので外へ出るとハップたちラッサー一家の家族写真が玄関に置かれていて
遠くから狼の鳴き声がするのでした…。

先週に引き続き今週もちょっと悲しい終わり方でしたが
能天気なだけじゃないモンローの姿も見れたしどんどん面白くなっていきますね、グリム。
割とすっかり夢中だよ。
感想は書いてませんが(時間かかるから)HomelandとAmerican Horror Storyと並んで今シーズン、ハマっているドラマかもしれません…!

ドラマの特性上仕方ないのですが
ニックは本当に援護なしの単独捜査が大好きだな!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。