ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.06.26 Wed
GRIMM #5 Danse Macabre/死の舞踏
いつもはクリミナルマインド見ながら書くんですけど
昨夜はシーズンファイナルだったので思いのほか集中して見てしまったので遅くなってしまった。


今回のテーマは「ハーメルンの笛吹き」
えらく可愛い笛吹き男でございましたがそれ以外にも全体的にカワイコちゃんで構成された回だったのでドラマ自体の感想がぼやけてしまいそうです(・ε・)巻き毛はあかん、巻き毛は!(ツボ)
ところで今週で5話めですがここでようやくあの意味があるのかないのか
ドラマにおいてはニックとイチャつくだけ、が見せ場だった彼女ジュリエットに動きがありましたね。
これをきっかけにニックに疑問を持つようになるのかしら?(後述)

狼→熊→蜂→山羊、ときて今週はネズミ君です!
ライニゲン(Reinigen)と呼ばれる彼らは所謂社会的弱者なのですが
彼らは3話目の『蜂』と同様、余程の事がないと行動を起こさない。
モンローに言われる前にその事を突き止めたニック、めちゃ短期間で成長しております。

被害者は音楽学校の教授で彼はネズミに身体のほとんどを齧られていた。
この死体映像、なかなかのショッキンググロ映像でございましたね!
今週のアメホラ(American Horror Story:Asylum)を消化した後だったので
少々心が疲れてしまいましたよ…が、実はネズミに齧られた事が直接の死因ではなく
ネズミの大群を見たショック死、なのですね教授は。

で、教授が死んだ現場に"Geiger Pest Control"と書かれたネズミ駆除の業者のゲージが置かれていた事、その業者の男性の息子は少し前に音楽学校で問題を起こし退学処分を受けていた事からニックとハンクはふたりの元へ聞き込みに行くわけです。
何と言うかどんな動物よりも怖いのは人間だな、
と割とありきたりな言葉を思い出す程度には今回のライニゲン親子は気の毒でした。

息子のロディ・ガイガーはバイオリンの天才だった。
学校を退学になった後もクラブでDJレチッドキャット(DJ Retchid Kat)として活躍していた事から本当に音楽の才能があるのでしょう、だけど彼は音楽学校の同級生たちにカーターがロディの代わりのポジションに入れるように、そしてカーターがロディの彼女を奪う為の策略にまんまとハメられてしまったのですよ…。
確かに短気で直情的なのかもしれないロディ君だけど
容疑者に仕立てられ、宿敵グリムに尋問を受け、父親は容疑者として拘束され(ロディ自身はその時間にレチッドキャットとしての活動をしていた事が確認されアリバイ成立)そりゃ自棄にもなりますわな。

蜂の一件もあったし、自宅での冷蔵庫修理の際にライニゲンのライニゲンじゃないらしい…!アイスビーバーのおじさんと会う機会もあったし(あの流れだとライニゲンだと思っちゃうじゃんね)どうしてもロディ坊や、というよりライニゲンがそんな事をしたと思えないニックはいつもと違って強硬姿勢ではなくあくまでロディを心配している様子でしたね。
今回のモンローの役割も先週みたいな張り込み、ではなく
「才能溢れるライニゲンが道を踏み外さないように諭して欲しい。グリムの言う事は聞かないだろうから」
というものでしたね、そして今週も割りと乗り気で引き受けるモンローだよ。
「俺は世話焼きタイプじゃないんだ」
ってモンロー言ってましたけどここまでの展開、十分世話焼きさんだと思いますけどねw
いつぞや腕を引き千切った男性の事を気にかけていましたし。
でも確かに誰かのお守り、ってのは向いてないのかも。

結局モンローのアドバイスもロディ坊やの耳には届かず
父親が拘留中に怪我をして病院に運ばれた、という報せを聞いたロディはついに怒り爆発。
何で自分と父親ばかりこんな目に遭うんだ、何も悪い事はしていないのに!
と言ったところでしょうか、自分の家に火を点け、ネズミを引き連れて自分を陥れ、
そして教授を殺した真犯人たちに報復する為の罠を仕掛けるのです。
その中には元カノであるサラもいたんだけど
この子も中立みたいに書かれていたけど十分酷い気がします…。
可愛い顔して悪い子、カーター君に
「ロディの肩を持つのかよ?」的な追求を受けた際に
「そんなわけないじゃん!」
ってまるでロディとお付き合いすること、
彼の肩を持つことが恥ずかしい事のように言うなあ、と思ってしまいました。
ティーンエイジャーらしいっちゃらしいですね。
カーストの下の位置にいる人間と付き合うと自分までハブにされちゃう!みたいな。
思春期の心理というのはかくも恐ろしいものなのだな。

人気のいない地下に誘き寄せ、ネズミに食わせようとするロディ。
ハンクとニックが間一髪のところで止めに入るのはアメリカドラマ定番展開。
カーターたちはその後警察に自供(殺意はなく脅かすつもりだった?しかしそれをやっぱりロディかその父親の犯行にするつもりだった)したものの、ロディは逃亡。

バイオリンの音色でネズミの大群を集める、というのはハーメルンを意識した演出でしたが
何処までも悲しいハーメルンでした、逃亡したロディは事件が解決してもやっぱりひとりぼっちだし。

まだ子供だし悲しみと孤独と衝動的な怒りから自分を陥れた人間に復讐をしようとしたロディをニックも責めようとはしませんでしたね。うん、モンローの言うように話に聞いていたグリムとはちょっと違うってやつなのかも。

今回のモンローは才能溢れるライニゲンの坊やロディを嗜める役でしたが
ちっとも役に立たなかったねwその後自暴自棄になっちゃってたし、ロディ。
でも自画自賛、自分のアドバイスに酔いしれるモンローが可愛かったのでよしとする。

さて冒頭で書いたニックの彼女ジュリエット。
ニックがグリムの末裔、という事も知らない彼女ですが
自宅に冷蔵庫の修理で呼んだライニゲンのおじさん(ケツ出しサービス付き。あんまり嬉しくない)がニックの顔を見て怯えて逃げたのを見てちょっと不審に思ったジュリエット。
「ニックに逮捕された人なのかも?」と一度は解釈したものの
道具を取りに来たおじさんにその事を言うとおじさんは逮捕なんかされてねー!という。
じゃあおじさんは何であんなにニックに怯えているの?
とジュリエットは少し不可解に思っているご様子でした。
今後の展開に少し絡んでくるかもしれませんね。

そしてもうひとつ。
ボスの罠なのかヘクセンビースト(Hexenbiest)のアドリンドがニックの相棒、ハンクに接近しておりました。
ハンク、モンロー並みに良い味出してきているのでこれからどうなっちゃうのか気になります。
最後にニックがハンクに仕掛けたネズミの悪戯、面白かったですね。
あのでかい図体なのに意外とビビりなのが面白い。

さて今回のメイン!カワイコちゃんチェック。
まずは音楽の才能に恵まれながらも環境に恵まれない悲しいライニゲンのロディ(Roddy Geiger)

演じている俳優さんはNick Thurston
黒髪巻き毛はあかん…!なんかサム(ホワイトチャペルのケント)っぽいやないかー。
短髪の時が多いみたいですが短髪だと何だかモンチッチみたいでそれはそれで可愛い。
キャッスルやボーンズにも出ているみたいですが
コールドケースではHood Rats/スケートボードの回にナッシュ・シンプソン役で出ておりました。
ここではスケートボードの才能に恵まれた役でしたねwまたしても天才肌。
それ故に最後は友人の嫉妬により殺されてしまった役だったような…。不憫な子!


さてもうひとり。
ロディをはめて彼女も彼のポジションも奪った悪い子カーター

Will Cuddyという子が演じているのですがこの子はこれからの俳優さんなのか
出演作があまり多くありません、これからに期待☆可愛い顔してるよネ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。