ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.06.12 Wed
GRIMM #3 Beeware/警告
スパドラの予告写真のデヴィッド・ジュントーリがなかなかのイケメンです。

さて今週のモンロー…ではなくてグリムです。
3話目でようやく理解できましたがみんながみんな悪いやつじゃないのですね。
ニックも最後になってマリーおばさんの言葉を思い出していましたが
「悪い」獣さんを駆除しなさいよーって事なのですね。
が、その善か悪かの判定はあの本には書かれているのかい?
今回のvs.蜂さんの対決ではどうにもニック自身が蜂さんが警告を飛ばす役割という事を理解していないように見えたのですが。善側なのか悪側なのかの判定があの本に書かれていないならそりゃ困った事になりますね。
今回のように味方(だと思われる)を殺してしまう事になるかもしれないし。

今回の事件はフラッシュモブで集まった人たちがトラムの中で踊り騒ぎ
その騒ぎに便乗して女性にハチ毒を刺しアナフィラキシーショックを起こして殺してしまうというもの。
被害者はいずれもヘクセンビースト(Hexenbiest)で
加害者はメリファー(Mellifers)と呼ばれる蜂の一族。
ところでヘクセンビーストが一体何なのか未だによくわかっておりません。
殺されたヘクセンビーストはいずれも弁護士で女王蜂メリッサの経営していた製紙工場を潰し追い出す事に加担していた、実際に殺しに加担した蜂たちはそこの従業員だった。

この工場潰しに関わった弁護士はフラッシュモブ最中に殺されたふたりの他にもう1人いた。
最後の標的を守る為に最後のひとりアドリンド(Adalind Schade)を呼び出すと彼女はなーんとマリーおばさんを殺そうとしたあの女でした!
もう敵意剥き出しのニックさんですけど
「ここで私が殺されれば貴方が窮地に陥る、刑事としてね」
ごもっともです。
この一言でグリムの末裔として、というよりおばさんを殺そうとした相手に対する憎しみと
刑事として誇りがせめぎあうニックたんです。

アドリンドとボスの会話を聞いていると多分ボスはヘクセンビーストかそれ以上の存在なのでしょうが
ニックは当然その正体を知らない筈で何故事実を打ち明けなかったのかは疑問です。
アドリンドの言うとおり、ふたりきりになる機会を伺っていたのかもですけど。

蜂を撒き、アドリンドを追い詰めた女王蜂メリッサですが
「彼(ニック)ならわかってくれる」
と思っていた相手に撃ち殺されてしまったのです…
メリッサの必死の説得はニックを躊躇させる事は出来たのですけど
そこに事情を知らないハンクが到着してしまったのですよ…
メリッサとアドリンドは格闘しているしあの状況では撃つしかありませんよね。
が、「私たちは味方よ!」と叫ぶ相手を信じれなかったとは言え
「アドリンド退け!」なんて言わなきゃどさくさに紛れて撃っちゃえたのに…とか恐ろしい事考えてしまいました、だってもみ合っていたじゃないかー狙いを定めたつもりが、とか適当な事言えよー。

メリッサは死ぬ前にニックに伝言を残しました。
「もうすぐ彼が来る」と。
これってボスの事なのかしらー?

*
さて今週のモンロー。
名犬ラッシー。
もはや犬扱いですよw
もうニックもモンローの扱い慣れたものですね。
モンローが拒否しようとすれば「78年もののボルドーがあるけど?」の一言で釣るし、そしてまんまと乗っかるしモンロー本当可愛いやつだよ。
「犬扱いするなっ」って鼻は利くし食べ物に釣られるし犬じゃないかー。
ニックに「良い子だ」と更なるワンコ扱いを受けてむっとしているのがまた可愛かったです。

ここでモンローの出番は終わり、かと思ったらその後のメリッサの屋敷突入まで一緒にワンコのモンローは行っておりました。
「こういう時って相棒が殺されたりするよな」
っているよねーそうやって自ら恐怖心煽っちゃう人w
階段を問答無用で上るニックに「のぼっちゃうのかよ!」と悲鳴じみた声で抗議するモンローが可愛いです><本気だしたらあんなに強いのに意外と怖がりなのねーw
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。