ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.05.16 Thu
Waasland Beverenのプレーオフを見てきたんだよーというお話。[Waasland Beveren vs. OHL]
試合も面白かったけど道中が面白すぎるというベルギースタジアム事情です。
一度見に行ってみたい!というジュピラーリーグ好きは参考にしてみて下さい。

「私は果たして辿り着けるのか」「辿り着けたは良いが無事帰れるのか」感を久しぶりに味わった気がします。この感じを味わったのはパタゴニア以来かもしれませんwいやマジでー。

アントワープから大体30分くらいで行ける、的な予想をgoogleはしてくれますが
実際は1時間くらいかかります、その大半は待ち時間なので移動時間は確かに30分かもしれませんが。

Beverenに宿らしい宿はないのでアントワープに宿を取ったほうが安全です。

往路は鉄道駅で「Beverenまでどうやって行くの?」と聞いてしまったばっかりにひじょーに面倒くさい方法を取らざるを得なかったのですが復路はとっても簡単でした。

◆行き方その1(往路編)




Antwerpen CentraalからStation Antwerpen-Berchemに移動します。
BerchemからBeveren行きのバスが来るのでそれを待て!



暇なのでBerchem駅の写真撮っておきました。
何がびっくりかってこの駅、日本語のWikipediaがあるんですねw


アイントホーフェンまで行くってよー。

バスが来たは良いがなかなか出発しないし
大抵海外で乗るバスって何処もそうですが降り場を言ってくれないので物凄く緊張しますよね。
乗る時に5回くらい「ベヴェレンで降りたい」って運転手に告げてみましたが
あまりに長時間乗ってると忘れてるんじゃないか?的な雰囲気になってヒヤヒヤしますよね!
まーそんな事はなくBeveren Stationに到着です。
写真撮り忘れたのが何とも悔しいですがStationっていうか乗り合い所みたいな感じの場所です。
運転手が「ここがステーションだよー(・ω・)ノ」って言ってくれなきゃ素通りします。

世界の車窓から。バスですけど。



なんもない!


そうそう、Beveren行きのバスに乗るともれなくあのフェルトンゲンさん出身地、Sint-Niklaasに行く事ができます。Beverenがスタジアム以外何もない田舎さんだったのでこのノリで行くならシント・ニコラスってすげー田舎だぞ?とか思ってたんですがぐぐった感じだとBeverenのが何もない度圧勝ですね。
シント・ニクラスまで行くと逆に都会なのか!
でもアントワープっ子のトビーに比べたらまだまだフェルトンもいなかっぺですよ。
大丈夫!スアレっちゃんなんかもっとかっぺだからー!(これが言いたかっただけ。※2011年8月にサルト滞在)

ま、そんな事はどうでも良いんですよ。
ここの駅からスタジアムまで結構あるんですけど説明のしようがないので
駅前にパブがあるのでそこで飲んだくれている人たちに訪ねてください。
欧州サッカー色んなところ見に行きましたが
「フットボール見に来たの❤」って言うと大体みんなノリノリで教えてくれます。
若い子よりおっさん、おばさんのが更にノリノリで教えてくれます。

というわけでビールくさいおっちゃんから大通り目指してひたすら直進!
という事を教えてもらったので地図片手にずんずん歩いておりました。
ちなみに地図はgoogle map⇒my mapで登録しておりましたが
海外WiFi契約がオランダのみしかしてなかったので使えなかったんです!
というわけで原始的に紙だよ!印刷物だよ!!

View Freethiel Stadion in a larger map
これ↑印刷してました。




どんどん歩くよー!


Beverenのスタジアム以外の見所。教会。
Beverenでググると出てきます、この教会。
そしてこの教会を覚えておくととても便利(後述)

大きな通りに沿って歩いて行くとそのうちスタジアムが見えてくるのです。

コイツが見えたら左に曲がるー。土曜日なのに人がいなーい。




チケット売り場はそこから更に直進方向に進んでメインエントランス側になります。
試合の日には警官立ってるから聞けば良いよ。

メインエントランス側です。これは帰りに撮ったんですけど。

ヴィスワ・クラクフの1コインびっくり値段には敵いませんでしたが
こちらも十分お安いバックスタンド20ユーロです。
アヤックスなんてアレナカードとタオマフはついてるけど90ユーロくらいしたぞー!
と心の内で叫んでみましたが優勝試合見れたので別に90くらい構いません。

チケットゲットです。

ちょっと天気がよろしくない。

あと試合開始1時間前なのでまだあまり人が来ていない。
あ、こっち側は元々立ち入り禁止です。






これはOHL(Oud-Heverlee Leuven)の選手。


フチ子 in Freethiel Stadion


これもOHLの選手。トビーみたいなモヒカンがいますね。


こっちがWaasland Beverenの選手です。でもちょっと遠い。
ので、自然と練習風景はOHL中心になってしまいます。









そんなこんなでキックオフ前。
こっちを向いてくれないBeverenのマスコットさん。ちぇっ


煙いですが公式演出です!


えーっ見えないよー!
以下試合写真です。























終始OHLペースだった気がしますが前半終了間際にはWaasland Beverenにも得点の気配が。
な、もんで前半終了のホイッスルが鳴った時には客席から溜息が漏れてました。
あれは失望の溜息だったのかあともう少し前半が続けば入ったのに!
という期待の表れだったのか。なんか私は後者な感じが致しました。

が、後半に入ると再びさっぱりな感じになってしまいました。
挙句OHLの選手の飛び出しに反応しきれなかった19番の選手がエリア付近で倒してしまって一発レッド。
ホームなので勿論大ブーイングだったのですが
目の前で倒れる場面を見ていたのでんー…あれは正直レッドが妥当だと思うーといったところでしょうか。
足かかってたしねー。それはともかくとしてこの19番、割とイケメン!
イケメンさんだったので退場が口惜しい…

が、退場してこっちに来なきゃイケメンという事にも気が付かなかった…!
Cédric D’Ulivoという選手です。
好きなプレーヤーはセルヒオ・ラモスだってーなんでぃ気が合わないなー。
が、誕生日が一日違いなのでこれはもう応援する事決定ですね。

さて試合も後半30分を迎えた頃、私はそろそろ退出の準備を…。
キックオフが20時なもので最後まで見ていると22時になっちゃうんですネー
それにみんな一斉に帰るでしょーみんなが帰る方向につられて歩いちゃって迷ったりなんかしたら怖いですし、っていうよりアントワープ行きの最終を逃すことが一番怖いんだけど。
チケット買った時にベヴェレンのスタッフさんに最終バス時刻を聞いていたので大丈夫だと思うんだけど念には念を入れて、ってやつですの。

で、ここで行き方その2です。

◆行き方その1(復路編)
まあ帰りなんですけどその逆のパターンで行く事も出来るので。
スタジアムから大通りに出ます。
大通りにはいくつもの方面に行くバスが出ておりましてその中のひとつにアントワープ方面のバスも出ています。
この大通りの乗り場っていうのが途中に出てきた教会のある場所なのです。
アントワープに帰る時は教会と反対側のバス停へ。
ここからバスに乗るんですけどバス来ねー!
時刻表はあるにはあるんですがまったくアテにならないのです。
結局45分くらい待って試合最後まで見れたじゃん?というツッコミを入れる事になりました。

それにしてもBeveren スタジアム以外にはこの教会くらいしかないので
スタジアムからバス停まで結構な距離(スタジアムのスタッフさんは大体1.5kmと仰ってましたけどそんなにはなかった気がしますw)があるにも関わらずスタジアムの声援がバス停まで聞こえてくるんですよ。まあ大通りまで車走ってないしそもそも人ともすれ違わなかったし(これ結構怖い)騒音を発するものが他に何もない!からだと思うんですけどね。

で、バスに乗ったらお終い、というわけではなく。
このバスで終点まで行きます、終点についたらトラムに接続しているので乗り換え。

3番線トラムなのですがAstridというフリンジファン的に食いつきたくなる名前の駅で降りるとアントワープ中央駅前に出ます。ただトラムと言っても途中まで地下を走っていてアストリッドの駅も地下にあるのでちょっと夜は怖いかなーまあ夜だったんですけど物凄く。バスとトラム(始発駅なので出発までまた待たされる)の待ち時間のおかげで既に24時前なんですけど。これ、ここで死んだら女のひとり旅の癖に危機管理が云々、日本人は平和ボケ云々とか書かれるに違いないから絶対に死ぬわけにはいかないですよねー。何も私も好き好んで夜遅くなっているわけじゃないですけど。

というわけで行き方2を纏めると。
アントワープ中央駅近くのAstrid駅から3番トラムに乗車⇒終点まで行く⇒バスに乗り換え⇒教会が見えたら降りる、って感じです。待ち時間が結構長いので時間は余裕を持って。

この日の昼にGünther Wattéというアントワープにしかないショコラティエに行っていたのですがその時にトラムが地下にあるって知っておいて良かったです。
(ここのショコラティエ、ノイハウスやピエール・マルコリーニに比べたら安いのに味はしっかり美味しいのでおすすめです、でもそれはまた別の記事で)


無事帰ってきたのでアントワープ中央駅をパチリ☆
ちなみにホテルのまん前です。中央駅から徒歩3分!方向音痴も安心です。
お昼のアントワープ駅。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ
fútbol    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。