ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.05.14 Tue
the Bridge(Bron/Broen) #8 新たな手がかり
そういえばオランダに行く途中にオーレスン橋(オーレスン・リンク:Öresund Bridge)っぽいのを見たんですよね、機内上空から。位置的にそうかなーとは思ったけど今日オーレスン橋の上空写真をgoogleで見てぼんやり確信。
まさかブリッジの舞台をまさか目撃していたとは。

私がそうかな?と思って撮った写真。真ん中に橋っぽいのがあるのわかりますかねー?

さて今週のブリッジ。
やっぱり前回のラストでダニエルは殺されておりました。
そして今回でダニエルは「子供人質事件の際に企業名を出さなかったから殺されたわけではない」事が発覚。
もう随分と前から犯人の恨みを買っていたのですねー。

先週容疑者としてあがっていた、ソニアが指差して恐怖した警察官イェスパー・アンダーソン。
彼は親友ケント(!)とソニアを性的虐待していただけで今回の事件の犯人ではなかった。
親友を使って逃亡までするんだもの、それっぽかったですけど
サーガの言うとおり今まで単独ですべてをこなしてきた犯人っぽくないですよね。

それはそれとしてふたりで逃亡してどうするつもりだったんでしょう?
レンタカーにはGPSがついている、って事も知らないふたりなのに逃げ切れるとでも思ってたんでしょうか。
現に港へ向かっている事をあっさり突き止められふたりとも確保。
撃たれる事を理解しての発砲の構えだったのでここだけ見ると死を覚悟した犯人っぽいんですけど
どちらかというとソニア(やもしかしたら他にも被害女性がいるかもしれない)に行った自分とケントの行為が明るみに出て制裁を受けるのが怖かったのでしょうね。しかしひでぇ奴だ。

マーティンの崩壊寸前の私生活には少し希望が見えてきました。
職場で腹痛を訴え病院に搬送されるメッテ。
そこで結石と赤ちゃんが双子である事を知らされるマーティンとメッテなのですが…
マーティンの生殖能力本当パネェな!!
病院に向かうマーティンに向かってサーガとアネが「パイプカットしたんじゃないの?」みたいな会話をしているのが面白かったです。
ではなくwこれがきっかけで浮気バレ以降まともにメッテと会話する事に成功したマーティン。
メッテも言っておりましたが問題なのは子供がひとりかふたりか、ではなく
マーティンとメッテはこの後やっていけるかって事なんですけどね。

マーティン、アウグストとも話しておりましたが
双子よりもまだ小さい時に一度捨てられてるのに父親と住む事を選択したのね、アウグスト君は。
最初の妻の時もマーティンの浮気だったかどうかは知りませんが(多分そうだと思うけど)
まだ年端もいかない子供の時に父親がいなくなって寂しかったんだなあ、と。
「また無視されるかと」
「僕を捨てて家を出たろ」
きちんと心のケアもしてあげていないのにマーティンはアウグストを怒ってばっかりだったのか!
なかなか酷いパパさんだなあ。
都合の悪いことはメッテに任せようとしていたし。
しかしパパと話すようアドバイスしたというフリーダ、
その後もアウグストとチャットしている場面が映っておりましたが
怪しさ満開ですね。これも真犯人の罠なのではないか。

アウグスト君、サーガと同じ疑問をパパにぶつけておりました。
「メッテが好きなのにどうして浮気するの?」
ごもっともw

**
アンダーソン&ケントはどうやら犯人ではない、という事で捜査は再び振り出しに。

最初の被害者エークヴァルが検事だった頃に扱った事件を調べ直すと
2001年に橋の上で親子が事故死している案件があった。
この事件、というか事故で飲酒運転と思われる車は逃走し、
車が盗難車だった事もあり車の所有者は罪に問われなかった。
所有者のロックスタドが疑われたはしたがエークヴァルが調査を打ち切った、という。

この亡くなった親子の夫であり父にあたる人物はデンマーク警官だという。
もっと最初にそれを調べろよ!!!
とツッコミ入れてしまいましたがここまで犠牲者が出たから繋がりが見えたのであって
エークヴァルのみでは見えてこなかったかもしれない。
そもそも彼は「死んだ」ことにされていたわけだし。

そのデンマーク警官の名前は「イェンス」
ピーター・ラーベン?と付け加えちゃったキリングファンは私だけではないはず。
このひと、ちゃんとデンマーク警官が疑われた7話目の段階で写真リストアップされてます!
マーティンが早々に「この人は亡くなったよ」と写真を剥がしてしまうのですが。

実は頭をぶち抜いて自殺した、とされる遺体は顔ごと吹き飛んでいて
尚且つ指紋もDNAも採取されておらず、解剖すらもされていなかった。
これではイェンスとされる死体がイェンスなのかわからない。


最初にリストアップされた不動産王のひとり、ソーリンガーもイェンスと接点があった。
ソーリンガーはイェンスをアパートから追い出していた。

殺された警官ヘニングはイェンスを告発していた。
告発文の中にはイェンスの精神鑑定を要求する文言もあった。
精神鑑定を行った医者の名前は判明しなかったが殺されたエーミルである可能性が大いに高い。

子供を人質に取った際に脅迫された企業はすべてピーカという企業と繋がりがあった。
このピーカ、という会社の会長はロックスタドの母親だという。

ワインに毒を盛られたソニアはイェンスの写真を見て
「ステファンと同じように私を助けてくれた」
と驚きの証言をします。どんな風に助けてくれたの、と訪ねるマーティンに
ソニアはよく物を盗まれていた、盗む相手はビャアンだった。
イェンスがビャアンに対してやめろ、と言って殴りかかってくれた、と。
ただ逆にビャアンに何度も殴り返されていたという(でかいもんなー)

ソニアが毒を飲んだのは誤飲の可能性があるわけですね。
ビャアンはよくソニアの物を盗んでいた、のでビャアンが飲むと思った、のかな?(推測です)

そしてダニエル。
ダニエルは当時この事故の取材に当たっていた。
ロックスタドの情報を調べていたが(どれだけ飲酒していたか等)
ダニエルは買収され、その情報が記事になる事はなかった、と。
犯人が先週、「圧力に屈するジャーナリスト云々」と言っていたのはこの事だったんですねー
この当時の話をサーガとマーティンにしていたのはオークなのですが
「買収?ダニエルならあり得るな。彼には道徳心の欠片もなかったからね。
と言っていて笑ってしまいましたが(見るからにないわなー)
しんみりと「でも寂しいよ」とも語っておりました、本当良い人だな!この人!!

と全てイェンスの妻子が死んだ事故を元に被害者が繋がっている事がここで判明。
一番の報復対象であるロックスタドは事故死していてもうこの世にはいない。
法の下の不平等、社会問題提起、と言いつつ実は私怨だった。
が、確かに法の下の不平等を彼は自分の妻子が死んで痛感したのですよね。
ロックスタドは金持ちのボンボンで自分の起こした事故に圧力をかけて
警察、検察、マスコミに事故を調査しないよう促したのだから。

ビャアンや不動産王に対してあたりは完全に自分がされた事に対しての恨みですけど。
一番最初のエークヴァルと繋げられた売春婦の遺体、彼女は一体何故殺されたのか、だけが気になりますが。


*その他
殺された精神科医エミールの助手の女性の服装が可愛い。
あの髪飾り超可愛かったです。

ダニエル萌が出来なくなったので代わりのイケメン探しでも。

先週容疑者として浮上したイェスパー・アンダーソン(Jesper Andersson)を演じているHenning Valin Jakobsen

もふもふ髭が可愛いです。
髭男子好きの友達が見たら大喜びしそうな髭です。

その親友役のケントを演じているJörgen Thorsson


そして今回一番の注目のサーガの同僚役のナヴィド(Navid)を演じているSaid William Legue
久々にワタクシの褐色萌が炸裂しましたけど。
この人第一回からちょくちょく顔を出しているので気にはなっていたんですが
ここまで出ずっぱりだったのって今週が初じゃないでしょうか。

wikipedia見たらActor Said William Legue is a former professional soccer player who by an incident slipped into an acting career after an injury. って書いてあってびっくりしました、えーマジでー。

twitter log


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。