ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.05.13 Mon
The Bridge (Bron/Broen) #5~#7 ダニエルに萌え始めたというのに…
えっと前回はどこまで書きましたっけ。
まだアニアちゃんが生きていた頃ですね。
アニアちゃんを自宅へ引き入れたあの謎の男性、彼が同時多発的な殺人の一端を担った事により逮捕されたのですがそこからアニアちゃんの存在をサーガたちは知ることになる。
「彼女(アニア)は犯人を見ている」とサーガたちはアニアを探すのですが
サーガが見つけるより早く犯人はアニアを見つけ彼女を撃ってしまう。
一度は回復したアニアだけれどサーガの前で犯人らしき似顔絵を描いた後、息を引き取ります…
流石にお母さんは悲しんだと信じたいです…。
もううろ覚えですけど心配している描写ありましたよね?アニアのママが。

そんなこんなでアニアを警察より先に見つけたこと、被害者遺族から解放された後のヘニングが警官らしき人物に射殺されたこと、パトカーが盗まれたこと、からサーガは警察官が犯人なのではと推察。
ふつう、アニア発見が警察より早かった、どう考えても無線を傍受されてた時点でその点を探るのが普通なのにアニアの上手いけど中途半端な似顔絵だけで鋭い目つきが似てるからステファン・リンドベリが犯人だ!とか決め付けちゃうマーティンがちょっと怖いです。勝手に捜索令状も待たずにステファンの家に入っちゃうし。
結果としてステファンの犯した罪が暴かれる事になったわけですが
厳密に言うと違法な捜査なわけだから(マーティンが踏み込んだ時点ではまだ令状出ていないよね?サーガが入った時点では取れたのかもしれないけど)それ下手したら証拠無効でステファン無罪になっちゃうよ、と心配になってました。

第五の社会問題で子供を違法に労働させている企業の工場なり倉庫なりを燃やさなければ人質の五人の子供の命はない、という条件を突きつけた犯人。
子供が絡んでくるとみんな感情が動かされてしまうものですが
サーガの意見はとても冷静で正しいですね。
マーティンに「君に母性本能はないのか」と聞かれて「ないわ」とあっさり認めるサーガが面白すぎるwあったらマーティンの息子と一夜を過ごす、(セックスはしていないらしいけどw)なんて事はしませんわねー上司からのアドバイスでマーティンに釈明したわけですけどその場面で言う必要あるのか!?
皆のいる前で「アウグストとセックスはしてないから!」ってw
マーティン、サーガと組んでから家庭崩壊の危機に直面しております。
でもメッテとのこと、シャーロッテと浮気した事がバレたのは
サーガの財布を渡すタイミングは確かに最悪でしたが
その前に浮気しなきゃ良かっただけの話でその事に対して腹を立てるのは心情はわかるけど筋違いですわな。メッテもメッテでソフトを売りに来た男性と良い感じですし切り替え早いな。
メッテ、お腹の中にマーティンとの赤ちゃんがいるのに。
でもこのシーン、ザ・北欧って感じですよね。
幼い子供がいる女性でもしっかり社会復帰しているというか確実にメッテさんは会社で地位のある役ですよね。
これ日本だったら同じ男性に惹かれるシーンでもこういう描き方にはならないよなー。
なんて事を思いながら見てました。

話はズレましたが第五の社会問題。
民衆が勝手に動き工場や会社が放火される事態が次々に起こり始めます。
放火した人の中には犯人と協力関係にあったダニエルの姿もあります。
彼は第6話でヤクをやって危うく死に掛けたのですが
その時同僚のオーク(Åke)が病院まで迎えに来た事もあって
今までの彼へのバカにした態度を改めると共に犯人と協力して記事を書くという事に対して疑問を持つようになります、というかダニエルすべてが投げやり状態になってます。

編集長のカリーナに促されて第五の社会問題が書かれたメールを読むダニエルですが
子供を違法に労働させている、と犯人が名指しした企業の中にはダニエルの所属するaftonpostenのスポンサーも入っていた(関係ないですがaftonpostenは間違いなくaftonbladetをもじってますね!)事からカリーナはこの会社の名前が入ったネタは捻じ伏せる事にする。
子供の命がかかっている、記事にすべき!と訴えるダニエルと対立し
その結果ダニエル君はクビにされてしまいました…

子供たちを救いたいダニエル、家でニュースを見ながら何かを決意して立ち上がります。

私服もお洒落ですがお家もお洒落です。
6話目の病院から出てくる時の服装、超可愛かったです。あれでちょっとハマりました。

企業のひとつであるチョコレート会社に電話しながら
なんか穏便ではないものを準備してるんですがー。

その後、クビになった新聞社から今まで自分が集めたデータをコピーして持ち出そうとしているところにオークが来るのですが子供の人質事件と会社関連施設への放火の記事を書こうとしているオークに向かって満面の笑みで
「チョコレート会社に放火した奴なら知ってる」
オレオレ、ってジェスチャーしてるのダニエル君はとっても可愛かったです。
「子供を救う気分って最高だよ」
とまったく放火をした事に対しては悪びれていない様子。
「ただ単に火をつける事が好きなだけだったのかもしれないけど」
とも言っておりましたが。
オークとすっかり仲良くなったものの、ダニエルにはこの後悲しい運命が待ち受けておりました。
1話目で犯人に爆弾仕掛けられ(爆弾じゃなかったけど)
6話目でオーバードーズを起こして意識不明になり
幾度と無く死への恐怖を味わったというのに犯人に騙され今度こそ本当に命を落とす事に…。
明確な描写はありませんが(8話目であるのかもしれませんが)
あの煙と咳き込むダニエルはつまりそういう事なんでしょうね…
オーク、再びダニエルの元を訪れてやってよ!ダニエルを助けてよ!


自宅で考え込むダニエル。
この後、犯人からの電話がかかってくるのです。

そもそも権力に屈して真実を伝えないジャーナリスト、ってダニエルは伝えようとしたんですけどね。
権力に屈して記事を潰したのはカリーナ…ってまあ犯人は知らないんでしょうけど
ダニエル、良い様に犯人に使われ始末されてしまいましたね。
6話目の私服のお洒落ぶりですっかりダニエル萌に走っていた私としては寂しい限りです。



演じている俳優さんはChristian Hillborgという人なんですが
この人関連で調べてたらまた別のイケメンスウェーデン人俳優を見つけたのですがそれはまた別の話!
ダニエル、かむばーっく!

Tw Log







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。