ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.05.13 Mon
the WALKING DEAD S3 #16 奇襲攻撃/Welcome To The Tombs
えぇ最終回です、どんなクリフハンガーされるのかと思ってましたが
割と静かなエンディングでした、ラストの音楽も。
あの音楽もリックの決断もひっくるめて全てアンドレアに捧げるかのようなエンディングでした。

「みんなを助けたかった」
そんなアンドレアの願いをリックが受け継いだかのようなS3最終回。

冒頭から総督のターンです。
ミルトンをボッコボコにしております、やはりあのバイター(ウォーカー)を焼き殺したのはミルトンだった。
深読みしすぎて実はミルトンに見せかけてマルティネスとか!なんて勘繰ってましたがここは素直にミルトンでした、やはりハーシェルと会話した事でミルトンの気持ちにも揺らぎが出てきていたのですね。
「仲間だっただろ?」
「黙って目を瞑れば、だ」
ミルトン、今までは黙って目を瞑っていたんですよね。
総督がウッドベリーを守る為にそれ以外の人を虐殺していても黙認していた。
だけどハーシェルと会話し、アンドレアと接し考えが変わった、
というよりは黙認出来なくなった、目を瞑れなくなった。

遅めの反抗期を迎えた(違)ミルトンはその後ナイフを渡されアンドレアを殺すように指示されますがそれも無視、ナイフで総督を刺そうとする。あっさり返り討ちにあうのがミルトンらしいけど(涙)それでもミルトンの必死の反抗は十分すぎるほどに伝わってきました。
でもミルトン、自分が総督を刺せない事は理解していたのですよね。
そして総督が自分に本当の意味での留め(ウォーカー化を阻止する為に頭を撃つ)を刺さない事も理解していた。
ミルトンはきっとこうなる事を見越してアンドレアの後ろにペンチを残していたのです。
総督が気が付かなくて良かった、意外と頭に血が昇ると見落としやすいのかも。
ミルトンは自分が総督に殺され、転化しアンドレアを襲う事も予想していた。
だからペンチを残したわけですけどアンドレア喋っている間にも動かせよ!!
瀕死の状態でもミルトンはまだ生きていてアンドレアと会話するのですが
「みんなを助けたかった、あの総督でさえも」
というならミルトンを早く楽にしてあげるのが助ける事に繋がると思うのですが。
妹やデールが死ぬところを見たアンドレアなので生きて欲しい、と願う気持ちもわからなくはないですが間違いなくミルトンは留めを刺してくれる事を望んでいる。
「(鎖を)外せた時は何か鋭いものを探してくれ。僕の頭を刺すんだ。必ずそうしてくれ。早く拾って」
ミルトンは転化してアンドレアを襲いたくない。
総督の言うとおりになりたくない、死んでから人を殺したくはない。
ミルトンの気持ちがわかるからこそ、ミルトンと会話する度に止まるアンドレアの行動に苛々してました><
「聞こえてるよ、まだ生きてる」
「急ぐんだ」
瀕死の状態なのにアンドレアを気遣うミルトン。
ここで既にうるうるきてました、アンドレアー!早くミルトンを楽にしてあげてー!

***
さて刑務所。
荷造りをしていたのであら、みんなで逃げ出す選択をしたのかしら?なんて思っていたのですがリックはやっぱり予想以上に頭がキレますよねートラップを仕掛けてそこへ誘導。
途中の聖書の引用(これをしたのはハーシェルかもしれませんが)が憎いです。
逃げ出したところを待ち構えていたグレマギが奇襲。
撃退して「やったわ!」と喜ぶマギー可愛いです。
ここは素直に総督撃退でスカッとする場面なのですがその後のカール…。
逃げ出してきた少年兵(兵っていうかただの町民)に出くわし
彼は素直に銃を差し出していたのですがカールは彼を撃ち殺してしまうのです…。
ハーシェルはそれを目の前で見ていた。
刑務所に戻りリックたちと合流後、リックにそれぞれ説明をするカールとハーシェル。
「威嚇してきたから撃ち殺した」とカール。
「相手は怯えていたのに、無抵抗の相手を殺した」とハーシェル。
親バカもたいがいにしとけよ、リック。
とハーシェルも思ったかどうかは知りませんがwリックを強い口調で諌めます。
その後、リックはカールを説得しようとするのですが
「ウォーカーを見逃しデールが殺された、アンドリューを見逃しママが殺された、総督とふたりきりだったのに見逃したからメルルが殺された、僕はすべき事をした。これで彼は誰も殺さない」
そう言ってカールはリックから貰った保安官のバッジを捨ててしまうのです。
このカールの言い分…言い方が柔らかいかそうじゃないか、って言うだけで
言っている事の内容は冒頭の総督とまったく同じなのですよ…
結局総督の「殺すか死か」って事をカールも言っているわけですよ…。
この世界で「正しいこと」を「正しい」と示す事はとても難しい。
そんなリックの苦悩を見て取れたひとコマだったのでした。
しかしカール…この先どうなるのでしょう。

刑務所から逃げ帰った総督は「もう襲撃は止めよう」と反対する町民を皆殺しです。
生き残ったのはマルティネスともうひとり、黒人兵士のみ。
タイリースたちと行動していたバカパパは
「息子の敵を取るんだ!」と息巻いてましたが虐殺を目の当たりにして怯え総督に銃を向けたので容赦なく頭を撃ちぬかれてしまいました。
実はマルティネスともうひとりの腹心の部下以外にこの虐殺を逃れた人物がいました。
彼女は死体の下に潜り、息を潜めて総督をやり過ごそうと息を潜めておりました、
総督の拳銃が弾切れを起こし、散々撃ちまくって気が済んだのか総督は腹心ふたりを連れて何処かへ立ち去る。
上手くやり過ごした女性(カレン)はその後リックたちに拾われるのですが
ウッドベリーまで来てタイリース達に事情説明。
半信半疑ながらもあの錯乱したリックを見ていたタイリースとサーシャがリックの言い分を鵜呑みするのもちょっと不自然だなあ…と思いつつもカレンの言い分がありますからね、彼女は総督が自分に歯向かったものを皆殺しにしているのを見ている。タイリースとサーシャもウッドベリーではなく行った先で人を攻撃しない、と言っていたら生きていなかったかもしれない。

ウッドベリーの中に入ったリックたちはダリルの案内で(人質拷問経験ありますからねw)総督が人質を隠す場所、つまりアンドレアがいる場所ですね―を訪れます。

そこで見たのは絶命しているミルトンと噛まれてしまったアンドレアの姿。
ミルトンで既に泣いたのにここのアンドレアでもかなりキました。
「みんなを助けたかった」
だからジュディスたちが生きているかの確認をしたのですねー(´;ω;`)
あぁ…そこでダリルを見ないであげて…。
メルルおにいちゃんは死んじゃったんだよ、リックたちにチャンスを与えるために。

自分で自分の始末はつける、というアンドレア。
「安全装置は外すわ」
この台詞、懐かしいですね。そしてここで持ってくるのは卑怯です><
ミショーンが傍でアンドレアを見守ります。
アンドレアのミショーンを見る穏やかな目が更に涙腺刺激。
「仲間ができたわね、ひとりじゃ生きられない」
1人じゃ生きられない、でダリルを見るのがまた卑怯ですよね。
そうだな、と同意するダリルにも深いものを感じます。

みんなを救いたかった。
アンドレアは何処までも弁護士なんだなーって設定を思い出しつつ
残った人の手を汚させる事なく自決を選ぶアンドレアにまた泣きました。
ミショーンに看取られて、ようやくアンドレアはエミリーやデールのいる平和な世界に行けたんでしょうね…

そして穏やかな音楽と穏やかな朝日と共にエンディング。
ウッドベリーの残った住人たちをそのまま刑務所に連れて帰ってきたリック。
お留守番していたカールはその事に不服そう。
これ、S4の何か新しい揉め事の引き金になりそうですね。
しかしこの選択をしたことでついにリックはローリの亡霊から解き放たれました。

あの女、本当に長い間リックを苦しめていたからな…
リックがとりあえず一時の休息を得られそうで安心しました。
S3はシェーンとローリの亡霊に苦しめられ恐らくS4はカールに苦しめられるんでしょうね。
総督みたく皆殺しに出来ないリックの受難はまだまだ続く。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。