ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.04.17 Wed
The Bridge (Bron/Broen) #3 広がる事件 #4 犯人との接触
フォロワーさんの誰かだったと思うのですがtwitterで
「ブリッジはキリングと違ってふわっとした感じで終わるのね」
って書いておられてあー確かにーと妙に納得した次第です。
なので今週で4話終了しましたが相変わらずふわっと進行するので
話が進んでいるのかいないのかよくわからない感じ。

二話纏めての感想になってしまいますが
#3と#4ではキリングでお馴染みの方がゲスト出演だったので楽しかったですw
しかし髪型が違うだけでえらく雰囲気変わりますね。
お馴染みの方、というのはキリングS1とS2に連続出演しているブリックス役のモーテン・スーアバレ(Morten Suurballe)
が、ブリックスの時のようなかっちりした髪型ではなく
長髪をだらしなく伸ばしているのであの特徴的な目とでかい体格がなければ気付かないですね。
モーテンさんの今回の役どころは乱暴もののホームレス、ビャアン。
犯人に狙われ監禁され、生きたまま血を抜かれるという…
ビャアンを助けたければ不動産王4人が身代金を払うこと。
この不動産王のひとりが2話で死亡したシャーロッテの旦那さんです。

ここでようやくひとつ繋がりました。
そして2話でちょっとイッちゃてる女性ソニアさんと彼女を知っている素振りを見せたステファン。
このふたりはなんと兄弟だったのですねー
ソニアは拾い飲みしたワインに毒が入っていてそのまま病院へ。
彼女を見舞ったステファンとサーガたんとマーティンコンビが出会う。
バラバラだった物語がまた繋がった、と思ったら。

今度は新たにひとりの少女と彼女の複雑な家族が物語に加わります。
少女の名前はアニア、両親は離婚し母と一緒に住んでいるものの何だか複雑そうです。
母親は単にアニアが万引きをしたから怒っている、というわけでもなさそうで。
母に見捨てられ、離婚後再婚し新しい家族を作っている父親にも受け入れてもらえなかったアニアちゃんは雨の中あちこちを彷徨い、アパートの階段で休憩しているところをひとりの男性に拾われます。
男性の部屋に無防備にも入ってしまうアニアちゃん。
3話では意味ありげに男性はドアに鍵を掛けアニアを閉じ込めてしまったので
レイプ犯罪的なものか、と想像してしまいましたが
視聴者が想像しているよりぶっ飛んでました(笑)
この男性、どうにも健忘症の気があるのか翌朝にはアニアの存在を忘れている。
おまけに鍵を掛けた理由が「誰にも侵入させない為」などとかなり不可思議発言連発。
いくら鍵を渡してもらっていつでも逃げれる、そして帰る場所がないとは言え、
何度も自分の事を忘れ気味悪い発言を連発する得体の知れない男性の元に戻ってきましたね、アニアちゃん。
#4の最後なんて日本刀構えてましたで。>ちょっと雰囲気はカッコ良かったけど。

ところでこの得体の知れない男性、あまりにも直ぐに忘れてくれるので
メメント君、と名付けました。勿論映画のアレ。
でもこのメメント君が犯人か、と聞かれると違う気がしますね。
だって言ってる事が摩訶不思議すぎてあんな新聞社に電話して理路整然としたトークできなさそうだもの。
たぶんメメント君の言っていた「本物の兵士」さんが犯人なのでしょうね。
で、このメメント君心酔の犯人さんは恐らくアニアちゃんがドア口でぶつかった人ではないかと。

最初、身代金は払わずビャアンを見殺しにする選択を取った不動産王ズですが
愛人の存在を知ったシャーロッテは仕返しの為にいきなり身代金を全額支払う宣言。
義理の娘の相続額が減った事を少し満足したように煙草を吸って話すシャーロッテさんも違う意味で怖いです。

4話の段階で怪しい人物は
とりあえずメメント君(でも犯人ではない気がする)、アニアがぶつかった人(正体不明、ただの通行人の可能性も)
そして病院内で怪しい行動を取ったステファンの三人。

サーガたんの写真を眺めていたマーティンの息子、アウグストも気になるところですが
どちらかというと彼は犯人スゲー的な立場なので犯人ではないでしょうね。
それにしても幸か不幸か事件がきっかけで少し関係が改善されている風のマーティン親子。
このアウグスト役の俳優さん、可愛い顔してるよねー。
Emil Birk Hartmannですって。ハートマンだと…!


Twitterログ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。