ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.04.06 Sat
The Bridge (Bron/Broen) #2 "犯人の声明"
今週から字幕と吹き替えの両方で見てます。
まあスウェーデン語とデンマーク語の区別なんてつかないんですけど><
ふたりが話している時はどっちで喋っているんでしょうか。

そして今週はキリング シーズン1に出てきたスケアベック役の俳優さんが登場です。
ちなみにニコライ・コペルニクス(Nicolaj Kopernikus)という名前です。
病院パートで出てきました、あの旦那の心臓移植を待つ気の強そうな婦人のパート。
その心臓移植に必要な、脳死した少年の父親役。
あれだけの出番ってのは何だか勿体無いですね。
ところであの婦人、シャーロッテでしたっけ。
もしかして臓器移植の署名を捏造したんでしょうか。いやでも元々ドナー登録者だし。
ここ気にかけすぎなのかしら?
父親の反対の声をも押し切って心臓移植手術は進み、旦那は目を覚ますわけですが
ちょっとシャーロッテさん不穏な感じだったんですけども。
そしてあれだけ目覚めるのを待っていたのに意識を取り戻して放った台詞が
まさかの離縁宣言、という…夫婦仲上手くいってなかったんですね。
「あなたを助ける為に私が何をしたと思ってるの!」
とシャーロッテが言ったところでなんと旦那は再び危篤状態。
言うだけ言って死んじゃうとか言い逃げにも程があるなw

そして先週のヤク中夫に依存する妻とふたりの子供たちは出てこなくて
この家族に関与していた男性、どこか支援団体の人?は出てきました。
今回は上半身裸に上着を羽織るという完全にイッちゃってる女性を助けておりました。
というより何か彼女と過去に繋がりがあるような。
男性の名前はステファン、先週は名乗っていましたっけ?
このキてる女性はソニア、ふたりの会話がこれまた気になります。
「チャーリーが歩いていて拾ったものは?」
「小包だ。チャーリーは煙草だと思った、しかしそれは爆薬で火をつけたらチャーリーは吹っ飛んだ」
その後僕らはそれを歌にして歌っていた、とか何とか言ってましたけど
そもそもチャーリーって誰!ステファンもソニアの正体もわからないのに!
フランシス?フランシスなら先週バグガールとデートしてたわよ(違)*フリンジネタ。

勝手に時系列がここだけ違う説を第一回めで唱えてみた私ですが
流石にこれは外しているような気がしました(笑)
この男性は何者なんだろう、売春婦というより社会的弱者に関わる仕事のようですので
今のところ彼が一番怪しいっちゃ怪しいような気もします。
何故なら今週のエピソードの最後はマーティンとサーガが「犯人はホームレスを狙っている」という事を突き止めたところで終わったから。ここまでの見せ方を素直に受け止めると弱者を救う立場の人が犯人かなあって気がするよね。

第一話で爆弾騒動を仕掛けられた記者のダニエルの所には犯人からの接触が。
彼、一回死に掛けているのになかなかタフですよねwそして割とかわいい。
最初は犯人からの電話を警察に知らせずに独断で放送していましたけれども
サーガに好印象?を持ったのか二度目からは律儀に連絡済み。
まさか「罰せられる」の言葉でびびったわけでもないでしょうし。

遺体に押されたSTAEBの文字をサーガが見つけマーティンがそれは食肉センターのものだと指摘。
ふたりがスタエブ通りにある食肉センターに行きそこでエークバルの下半身を発見する。
"犠牲者はなかった"というメモ。
そしてダニエルの下には再び犯人からのメールが。
本文には"君らが気にかけていたら…"

"君らが気にかけていたら犠牲者はなかった"
そしてホームレス増加の資料が添付されていた、という事はホームレスの現状を知る人の犯行?

まあまだ二話目なんでね、ここからどう繋がっていくかが気になりますが
もうちょっとテンポ良く話が進んでくれるといいなーなんて思ったりします。


*
一話目でしんどいなーと思ったサーガ・ノレーンですけれども
今週の逆ナンパからのセックスシーンで一気に好感度あがりましたw
面白いなあこのひと。そしてこれは一話から思ってましたがスタイル抜群。

「どうして行っちゃうの?私はお酒は飲まないって言っただけよ」
「うちでセックスしない?」
すっごく欲望に忠実ですねw
マーティン・ローデの奥さんがマーティンに声が聞きたくて電話してきた事を
「時間の無駄」と評したようにお酒飲んで相手と会話して雰囲気作ってー
っていう性交渉に至るまでの段階がサーガには"無駄"なんでしょうね。
それにしてもやるだけやってあの素っ気無さ。普通男女逆じゃないか、と思うほどw
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。