ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.03.02 Sat
Case Sensitive S1 #1 The Point of Rescue /ケース・センシティブ 静かなる殺人 「歪んだ愛」
約一週遅れです、確か今日後編放送するよね?
2月は目標が毎日更新する!だったので海外ドラマ感想書きまくってましたが
3月はそんな気力もないので減ります(笑)でもケース・センシティブにはあの人が出ていたので書かずにはいられない!そのあの人とは!




シャーロックでお馴染みレストレード!
役をやっているルパート・グレイヴス(Rupert Graves)です。
Case Sensitiveは2011年放送なのでちょうどシーズン1と2の間に出演していたのですね。
しかも今回はなんと容疑者役なのです。


まず冒頭。
Sleepless in Miamiでも書いたかと思うのですが私はこういう水を扱ったシーンが好きですw
このタイトルバックだけでこのドラマを見ようという気になりました。
というか良い家に住んでるな、レストレード
それにしても英国ドラマは始まりが何だか妙に暗いというか重そうなのが多いな。
ケース・センシティブは画面の雰囲気は明るいのにやっぱり何故か暗いです。

ブレデリックさんちを訪れたオハラ一家。
インターホンを押しても家にいる筈のジェラルディンと娘のルーシーの反応はない。
そこへスイスからの出張帰りマークが帰ってくる。
家に入りふたりを探すマークとオハラ夫人。
そこにオハラさんちの娘さん、ウーナーちゃんの叫び声。
ところでこのオハラ夫人(右)なんか見た事ある。夫人って書いたけどこの人離婚してるんだった。

IMDbでチェックしたけど…気のせいだったようです。

序盤は娘を道連れにした無理心中の線で捜査は進みます。
捜査を任される事になったゼイラーは水に沈む遺体を見て気分悪そう…
どうでもいいですが検視官っていつ頃死体になれるのかしら?
医者だからもう研修医が終わる頃には慣れてるのかな。

妻のPCから出てきた育児に思い悩む日記を読み、
その日記の心理を知る為に犯罪心理の教授の元を訪れたゼイラーは無理心中の線を推しますが
部下のウォーターハウスは夫による保険金狙いの殺人の線を推す。
何故ならマークの前の妻は同じく死別だから。
それにしてもゼイラーが神経質っぽいというか時折感情的になるのでウォーターハウス大変そうです。

妻子殺害の容疑を掛けられたマークの元にはエスター・テイラーという女性が。
実はこのエスター、本名はサリー・ソーンというホテル勤務の女性。
研修先のホテルでマークと出会い、一夜の関係を持った、
というんですが当のマークを目の前にしても「マークはどこ?」という質問を投げる。
どうやらマークの名前を騙る「誰か」とサリーは関係を持っていた。
ペアク的展開かYO!!とツッコんだキリングファンは私だけではあるまい。

「誰か」も持っていたジェラルディンとルーシーの写真を勝手に持ち出すサリー。
怖くなったのかマークには同僚の名前を騙り、写真を盗みそのまま逃走。この子バカなの?

本家エスターに事情を説明するのですが
恐らくマークの名前を騙った誰か、がいる事を知ってしまったからか
本人のあずかり知らぬところで事件に巻き込まれる事になった本物のエスターは
恐らくマークの名前を騙った「誰か」に消されてしまったっぽいのです…。

そして写真の場所が野鳥園である事を知ったサリーは野鳥園へと出向くのですが…。

野鳥園のおばちゃんGJですね。
記者でもないのに被害女性の写真を持ち歩いている事を不審に思ったおばちゃんは警察に通報。
警察にはマークが「自分の名前を騙った誰かがいる!エスターという女が証言した!」
と怒鳴り込みに来た後だった、そこにおばちゃんから通報。
その前にエスターの名前で記帳した事でゼイラーとウォーターハウスは野鳥園へ。

しかしふたりが到着した時にはサリーの姿はなかった…
というところで前編は終わり。
サリーも「誰か」さんに連れ去られてしまったっぽいですね。
目が覚めた場所がどうみても車のトランクなので。

レストレードマークへの容疑は後編も健在のようです、予告を見る限り。
まあそんなに目新しさもないドラマなんですけど
雰囲気が気に入ったし、レストレードを見たいし、犯人気になるし続けて見るつもりですよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★海外ドラマ★ - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。