ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.02.19 Tue
Killing 2 #6 交差点 (Forbrydelsen II)
意識を戻したモンベアが!イケメン!
モンベアイケメン祭☆を開催したいほどに。
最初が心臓発作で倒れた、という話だったので勝手にヨボヨボのじーちゃんを想像してました。
そりゃカリーナもクラッときますね。

が、喜びも束の間、トムセンの時と同様あっさりと一週目にして死にました…
今度こそ確実に死んでしまいました、そして今度もまた自殺(と思う)
確証を得そうなところに来ると重要人物が死んでしまう。
この一向に進まないもどかしさがキリングですね。

それにしてもイケメン登場=死亡フラグ、はキリング2のフラグ化してきていますね。
今のところイケメンで生き延びているのはラーベンくらいなものです。

そのラーベンはいよいよ追い詰められてきました。
まさに四面楚歌。防衛大臣と他の誰かがラーベンに罪を被せて施設に閉じ込めた、
という感じがしますね、その誰かに一番符号しそうなのは今のところスゴーです。

先週牧師はラーベンに銃を向けていましたがこれはただ単なる脅しだったようで
もうラーベンに関わらない、という意思表示だったようです。
しかし今週のクライマックスではその牧師が襲撃を受ける…。

ペアクの遺体が本当は存在せず、棺は空なんでは?という疑念に駆られたルンドですが
大体ルンドがこういう無茶をした時は必ず失敗に終わる。
「絶対に棺は空だ!」と断言した時点で何も出ないんだろうなーと予想は出来ましたがやはり。遺体は100%ペアクのもの。遺体を掘り返すという暴挙に出たルンドはこの責任を取って捜査から外されます。
が、墓を掘り起こした事を知ったラーベンと
そしてルンドに興味を持ったブク議員がルンドに接触してまた再び止まったかに見えた事件の謎が見えてきました。
ラーベンから「認識票を調べろ」というメッセージを受け取ったルンドはペアクの母親を訪ねに行きます。
Season 1の時も思いましたがルンドが被害者遺族の感情を逆撫でするような事をしなければもうちょっとスムーズに話進むんだよこのドラマ(笑)それ言ったら終わりだけど。

シーズン1の時も冷静さを取り戻した遺族がルンドに情報を齎しましたが
今回もペアクの母親が重要な事実をルンドに話します。
ほんと、ねえ…最初からルンドが棺を掘り起こす際に
ペアクが犯罪に関わっているかもしれない!なんて決め付ける発言をせずに
「亡くなった三ヶ月後に息子さんを見た、という証言が出ているんです。
何か息子さんに関することで不可解な事はありませんでしたか?」
という言い回しをすればあの請求書の話もすんなり出たのでは、と。
というかルンドはオブラートに包むという日本人が得意とする技法を学ぶべきかもしれない(笑)

そしたら捜査から外される事もなしに
誰かがペアクの名前を騙っているという事実に辿りつけたのにね。
と、今週を見ればそう思いますが先週のあのスゴーの満開の怪しさから
がっつりと棺は空なんじゃ?疑惑に私も支配されていました。

そしてルンドと接触したブク議員はモンベアが防衛大臣と何についで会議を開いたのかを突き止めます、モンベアはラーベンを釈放しようとしていた、が、防衛大臣によってそれは阻止されラーベンの釈放は棄却された、という事実。

ラーベンが釈放され、彼が精神的に病んでいない、という事がバレては困るのですね。
防衛大臣とそしてペアクを騙る誰かが。
ペアクを騙る誰か、は殺人犯なのでしょうがここにどう防衛大臣が絡んでくるのか、と。
まさか防衛大臣が殺人犯って事はなかろうて。

ラーベンも真相に近づいている気はしますが彼は誰一人味方がいない状況。
嫁と子供にまで拒絶され気の毒で見てられないです。
嫁の父、大佐(階級合ってる?)はスゴー、というより
その当時アフガニスタンで起こった事件の調査に疑問を持ち始めている様子。
この感じから行くと親父はシロっぽいなあ。
そしてここに疑問を持った、という事は大佐死亡フラグ?

と思ったんですが先に死亡フラグを回収したのは牧師とモンベアでした><
拷問を受けた牧師を発見したルンド。
犯人らしき男を追っかけますが、まあこれは捕まえれないでしょうね。

他。
カリーナじゃないもうひとりのおじいちゃん補佐官さん。
おじいちゃん不器用なだけなのよね…´・ω・)
本当はカリーナを評価してたのよね…かわいそす。
ブクは完全にカリーナばかり重宝しやがるしなw

あとブク、調理場似合いすぎって事とブク食べすぎね。
そりゃキリングのファンに「ブクがぶっくぶく」とか書かれるよ。
前回がスラリとしたハートマンだったのでね、やはり比較されるぶくぶくブクなのでした。

最後に今週の笑いどころ。
ルンドの母ちゃん、ついにルンドのやり方に慣れた。
結婚式の、主役のスピーチの最中に席を立つルンドにハグで見送るママ。
ママの愛に全米が泣いた。
*
今日の良いこと3つ
・とても久しぶりに仲の良い人たちと飲んだ。
・ジムで10km/hを1時間続ける事ができた。
・仕事をとてもスムーズに終える事ができた!
「テトリス効果」を使ってポジティブシンキング
*
関連記事
スポンサーサイト
Share on Tumblr

テーマ:★海外ドラマ★ - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。