ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.02.10 Sun
暗殺者の名はスレイマニ[Sherlock S2 Ep3 "The Reichenbach Fall"ライヘンバッハ・ヒーロー]
またどうでも良いところでツボってました。
だって!お隣に住む暗殺者の名前がスレイマニだなんて。
ゴーラ人じゃなかったけど。アルバニア人だったけど。
おまけにこんなにラブリーなパパでもなくて実際には↓いかついスキンヘッド。

というわけでこの部分でひとりでウケてました、というお話。

シーズン2の最終話でしたけど予想してたとはいえ
ちょっとあの、シャーロックの飛び降りる前のワトソンへの電話はうるうるした。
カンバーバッチさんの演技の素晴らしいことー!
そしてシャーロックのお墓の前で
「死なないでくれ。こんなことはやめてくれ」
と訴えるワトソン役のマーティン・フリーマンの演技も素晴らしかったです。
この回、シャーロックの人間味が溢れていて
とても深くて見応えのある回なのですが逆にそれを見るのがツライ回でもあるのですよね。
シャーロックが生きている事はわかっていても
それでもあの涙を流しながら自分はフェイクだ、と告げるシーンがとても切ないのだ。
そしてシャーロックの死亡記事を見て、黙って考え込んでしまうマイクロフト兄ちゃんのシーンも切ないのであります、だって兄ちゃんがシャーロックの事をモリアーティ喋ってしまって追い詰められる原因を作ってしまったんだものね。

勿論シャーロックがこれで終わるわけない、
あそこまで芝居を打ったからには何か大掛かり的な逆転劇があるんだ、と思うのだけどね。
それでもやっぱりこの回は見るのがつらいエピソードなのでした。

モリーとの会話もシャーロックの人間らしさを見せる大事な場面ですね。
「彼があなたを見ていない時に悲しそうに見える」
凄いぞんざいな扱いを受けているのに
彼女自身も「私は数に入らない」って思っているのにそれでも
「私がいるから」と言っちゃうモリー、人間出来過ぎ(笑)

でも私がいる、と言われたにせよあそこの、追い詰められた場面でモリーの所へ行くシーンには?と思ってしまいました、うーん、何か意味があるのかな。何か見落としてる?私。

女性記者が自宅の電気を点けたらソファにシャーロックとワトソンが座っている場面はクスッときました。あのシュールさ良いよね、壁紙にしたいですネ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:SHERLOCK - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。