ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.12.15 Sat
project runway season 8 #12 & #13
Ep.12 "We're in a New York State of Mind" /ニューヨークに想いを込めて
Ep.13 "Finale, Part 1" /ファイナル・ランウェイ 前編


気づけばもう明日最終回なので大慌てで二回分をまとめて書いてます…!
最終回、またしてもアイヴィーが出るみたいですが…出なくていいよあんな意地悪な人…

二回分を纏めて感想を書いてしまいますが
コステロの脱落時のあの痛々しさは多分過去のシーズンを振り返ってみても
ダントツではないでしょうか。
あそこまで打ちひしがれているデザイナーを見るのは初めてかも。
そりゃここまできて脱落はショックだよね…
それでも過去に脱落したデザイナーはショックを受けつつも
前向きに頑張る、的なコメントを取り合えずは出していたような気がするので
あんな脱落宣告の後、呆然として見るからに生気を失って立ち去る人を見たのは初めてでした。
間一髪で合格したアンディも
自分が残ったのは嬉しいけど…マイケル・コステロが落ちちゃった…
と複雑そうでした。
でもモンドが言っていたようにコステロは今シーズン一番の番狂わせだったと思うし
先週のニューヨークをテーマにした回でもあんな美しいドレスを仕立ててみせたわけですし
十分に彼の才能をアピールしたと思うんだよな。

その証拠にグレッチェンはどうかわかりませんけど
モンドとアンディはデザイナーとしてのコステロをちゃんと認めてましたしね。
最初の頃なんてモンド、あからさまにコステロ嫌ってましたし。
前述の先週のニューヨークをテーマにした回で
ファイナルにふさわしく
自分以外で誰がファッションウィーク出場がふさわしいと思うか
なんて意地悪質問がハイジから飛んでおりましたけど
ここでもモンドは残りのふたりの内ひとりにコステロをチョイス。
コステロはびっくり顔でしたが
モンドの言う通り、成長を一番感じる事が出来たデザイナーだったと思います。

この回、ゲスト審査員が超ヤバ☆でお馴染みの第4シーズン優勝者クリスチャン・シリアーノ(Christian Siriano)だったんですが彼とマイケル・コースの会話が面白かったです。
「なんて生地が知らずに使ってたのが超ヤバかった」
「彼は生地の名前自体は知らないかもしれないが…」
「生地を分かってた」
「どんな生地か、どう扱うかは知ってた」
「それが一番大事な事よね」(ここはハイジだけど)
これ、脱落したヴァレリーが散々酷評されてた部分でしたね。
何て名前の生地かを知っていてもそれを生かせないとデザイナーとしては何の意味もないのだなあ…(´ω`)

本当にコステロの脱落は残念。
あれだけ素晴らしいドレス作れるんだもの、きっと両親も理解してくれるさ。

それにしてもエイプリルもグレッチェンもアンディも全員ひとりはモンドを選ぶっていうのが…
モンドの服、素敵だもんねー!
私が三人選ぶとしたらモンド、アンディ、コステロです。
コステロは落ちちゃったけどアンディとモンドが残ってくれているのでいいや。

それにしても残っても脱落してもコステロはよく泣きますね。

エイプリルの脱落は…まあ妥当かなー
グレッチェンの今回の出来はかなりイマイチでしたけど…ほら、彼女は実績があるからね、過去に素晴らしいドレスを作った事もあるし。
それに比べてエイプリルは黒一辺倒ですもんね。
まー皆が思ってたんじゃなかろうか、という事をついに審査員が指摘しましたね><
本当に黒ばっかりなんだよね…彼女。
もう本当にこのテイストの服しか作れないんじゃないのか?って思うほどに。
マイケル・コースの「君の服には喜びがない」っていう指摘はある意味で正しいと思います。
モンドはHIV陽性、という一見ネガティブになりそうなテーマをあんなポップでキュートな服に仕上げたわけですし。そういう逆転の発想的なものがエイプリルのドレスにはなかったのでこの脱落は納得、です。

さて来週(>明日、いやもう今日ですけど)はいよいよ最終回。
誰が優勝するかを争う回ですが
やっぱりモンドの優勝を願わずにはいられませんね!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:リアリティTV - ジャンル:テレビ・ラジオ
project RUNWAY    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。