ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.08.12 Sun
槍投げ 決勝 [Men's Javelin Throw:Final]
(何故か保存できていなかったので一から書き直し中)

ルースカネンとピトカマキ

NHK-BSでも細切れにしか映さないし
ディーン君が四投目投げれないってわかった瞬間、更に映らなくなるし
って事でネット配信で映像探してたんですが国際映像レベルでよー似たもんなんだネ。
それでもBBCの映像がひとつ槍投げメインで放送してくれてたので
それ見てピトカマキ応援してましたが。

それにしてもピトカマキが映らなさ過ぎて
ディーン君の後ろを通るピトカマキとか落ち着きなくうろうろしてるピトカマキとか
お前はトビーか!という程度に背景の一部としてはよく映り込んでました。

じたばたしてたんですが前述のBBCの映像見つけてからは発作も落ち着きました。
それでもテロさん(※ピトカマキ)の記録はあまり伸びない。
というかベゼリーもトルキルドセンも伸びなくてトルキに至っては成功したの二本だけ。
(最後のはわざとファールにしてましたが)

余りに不甲斐ない記録の場合、線を踏んでわざとファールにしちゃうってのは
投擲種目にはありがち光景ですが線踏んでる時のトルキの顔が余りにも重過ぎて
見ていてちょっと切なかったです。予選は悪くない記録だったと思うんだけど。

それを言っちゃえば4位に終わったベゼリーなんて予選ぶっちぎりの記録でしたけどね。
上手くいかないもんです。
で、メダル候補者が記録を伸ばせない中
ひとりノリノリだったのがトリニダード・トバコのウォルコット君
(槍投げ)って書かないとサッカー選手と間違えてしまいそうですね。
一投目皆が失敗する中、83m出せたのが大きかった。
トリニダード・トバコのウォルコット君は何だか憎めない所謂エベシリちゃん系笑顔の保有者なので結構贔屓目で見てしまうかもしれない。あくまで一番はテロさんだけどさ。かわゆす。

テロさん(※ピトカマキ)は競技終了後
銅メダルを獲ったルースカネンの元へ行って笑顔で話しかけておりました。
ルースカネン、電話してたけどなっ
きっと踏ん切りついてないのに関係者に挨拶して
ルースカネンに優しい笑顔を見せてるテロさん萌え!世界陸上でリベンジだよ!!

朝方に叫ぶピトカマキファン。

リベンジといえば。
相当に自分の投擲に納得がいかなかったのか
暫くフィールドに寝転んだまま起き上がらなかったトルキルドセン。
ダーレ・オーエン選手が急逝してノルウェーの期待を一身に背負っていたからか
何だかオリンピック前のコメントもいつもよりピリピリしてたような気がします。。
やっぱり不敵な笑顔のトルキルドセンが見たいので
予選の記録見ればまだまだ世代交代なんて言わせないだけの記録だし
是非ともリベンジを図っていただきたいものです。

男子槍投げは大体ピトカマキとトルキルドセンのほのぼのトークシーンが映って非常に和むのですが
前述の通りトルキルドセンは俺に話しかけんなオーラ全開だったし
ピトカマキは同郷ルースカネンの元へお祝いに行っちゃったし
その前にどっちもパッとしない成績だったし
今回はほのぼのシーンもなくてちょっぴりそこも残念なところではあります。

というわけで結果は以下の通り。

1 3052 WALCOTT Keshorn 84.58
1 83.51
2 84.58
3 x
4 80.64
5 x
6 -

2 3143 PYATNYTSYA Oleksandr 84.51
1 77.47
2 81.61
3 84.51
4 81.53
5 81.01
6 83.53

3 1727 RUUSKANEN Antti 84.12
1 79.60
2 81.09
3 81.60
4 81.97
5 84.12
6 79.88

4 1525 VESELY Vitezslav 83.34
1 x
2 81.69
3 81.80
4 x
5 80.32
6 83.34

5 1726 PITKAMAKI Tero 82.80
1 77.33
2 82.68
3 80.67
4 80.46
5 82.80
6 82.53

6 2599 THORKILDSEN Andreas 82.63
1 x
2 82.63
3 x
4 81.70
5 x
6 x

7 1982 LEBESIS Spiridon 81.91\
1 81.21
2 81.91
3 81.27
4 80.36
5 x
6 79.45

8 1901 HABER Tino 81.21
1 76.99
2 74.33
3 81.21
4 79.95
5 76.36
6 75.85

9 2609 FARQUHAR Stuart 80.22
1 76.80
2 76.64
3 80.22
4 -
5 -
6 -

10 2219 DEAN Roderick Genki 79.95
1 x
2 79.95
3 x
4 -
5 -
6 -

11 1725 MANNIO Ari 78.60
1 78.60
2 77.71
3 x
4 -
5 -
6 -

12 2322 YEGO Julius 77.15

ディーン君は80m台をもっとコンスタントに出せるようになれば
表彰台も狙える位置にくるんじゃないかなあ、と思います。
そこが無理でも最終8人のラインには到達できると思う。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ロンドンオリンピック - ジャンル:スポーツ
other sports    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/2129-3049095c

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。