ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.07.25 Wed
ダークナイトライジング(The Dark Knight Rises)
試写会にて。
映画の内容はともかくとして御堂会館の硬い椅子に三時間弱は結構キツイ。

バットマン・ビギンズもダークナイトもそうだったんだけど
見終わった直後はアクション要素の印象が強く残って
「面白かった!」って感想が沸くんだけど(アクション映画全部そういう感想になります、私は)
大体劇場を出て帰宅するまでの1時間くらいで不可解なところだとか
言ってしまえば「粗」的なものが気になって気になって
自宅に到着する頃には実に微妙な感情が残るのであります。

でも今回は海外ドラマ好きとしては色々と面白かったので
微妙な感情は半減されました。くだらないので後述におまけ程度に書きます。

で、物語としてはやっぱり普通なんですよね、うーん。
ダークナイトの時も微妙な感情残った、って書きましたけど
ライジングまで見るとやっぱりダークナイトは面白かったんだな、って思いました。

(以下ネタバレ入ってます)
まあそれは「完結編」と称しているので「そういう」展開かな、って思っていたら
やっぱり「そういう」展開でしかなくてそこは壮絶でも何でもなくって
もうちょっと予定調和ではない終わり方はなかったのかなあと思う限りなのですよ。
だって死んだと思わせておいて実は生きていて(どこのシャーロック・ホームズだ)
執事の望んだ未来を最後に見せるってのもなんかもうちょっと捻りが欲しかったなー…
それともあれは幻想か。こうなって欲しかった、という類の。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット(Joseph Gordon-Levitt)がバッドマン後継者、
みたいな終わり方もやっぱり予想はついたし。
だってもう彼の演じるブレイクがウェインの前で生い立ち語って
「怒りを隠すには仮面が必要だ」という台詞を何度も聞かせられればこの終わり方しかないよな
っていくら鈍い私でもわかりますよ、って話です。

あ、ここですが原作読んでないので映画見ている間はわかりませんでしたが
これ書くにあたって色々調べてたらわかった、彼はロビンの設定なんですね。
というよりは原作ファンへのサービスくらいな感じなのかな。
ロビンって名前を語るのは本当に最後の最後だし。
ここ、原作ファンからすればおおってなるのかな、いいなーその感じ味わいたいぜ。

-----------------------
そしてあれはわざとなのでしょうか。
目に見えてWヒロインの筈のミランダが怪しすぎる。
最後の最後で実はミランダが奈落から這い上がった子供デシターってバラすのは
余りにも予想付き過ぎていてああ、やっぱりね感が凄まじい。
もう狙っているかのようなあざとい台詞、演出オンパレードなので意外性も何もないので
これはもうきっと観客側にわかるように「見せて」いるんだな、と思いました。

そもそもキャットウーマンがアン・ハサウェイですし。
ウェインが愛したレイチェルに似た風貌を選んだにしてもちょっとな。
Wヒロインにしてはちょっとミランダの風貌が冴えなさ過ぎるぜ。
幾ら狙った演出でもダゲット殺害シーンでのベインの「これで計画通りだ」的な発言は要らない。

ところで。
「俺は奈落から這い上がった子供じゃない」とベインが終盤打ち明けてくれますが
じゃあお前はどうやって這い上がったんだ、って話ですよね。
まあこの辺はどうとでも解釈できそうなので放っておく。
這い上がった方法は各自の想像力にお任せ!
にしてみたとしてもじゃあ「登れたのはひとりだけ」って台詞は。
ふたりいるじゃんね。

あとここはどうしてもツッコまずにはいられないのでツッコんでおくと
ミランダ、システム上書きしてるんならゴードン追っかけたり
爆弾トラックを誘導してバットマンとカーチェイスする必要あったんでしょうかw
「システムは上書きしたのよ。ついでに緊急用もね」
と瀕死のドヤ顔決めなくても元に戻した!安定させた!と喜ばせた後に実は、ってほうが
それこそ希望を持たせた後の絶望ちゃうーん!と思わずにはいられない。

でもあのCMにもなっているアメフト会場爆破シーンは凄かったし
全編に渡って派手なシーンにはたっぷり力を入れられているので
やっぱり直後の感想はダークナイトライジング見た!面白かったよ!です。
きっとこんな↑ぐだぐだ考えて見る映画ではないんだと思います。
私もぐだぐだ言っておきながら時間があったらあと一回見たいし。
ちょっと気になった箇所がひとつふたつあるんでねー。

しかし「悪」はジョーカーのがやはり魅力的だったね。
ベイン強いんだけど、強いんだけど…ジョーカーのが狂気に満ちていて見ていて面白かった。
なんかベインにしてもミランダにしても憎悪の理由がわかるじゃん。
ジョーカーはその辺がわからなくて、だからこそ面白かったんだよな。
志々雄真実ってかっこいいよね、雪代縁は暗くて面白くないって言うのと似てる。(何故るろ剣)

あ、そうそう。
今回もスケアクロウ@キリアン・マーフィ出てきますよーん!
皆大好きスケアクロウ。
みんな、というか私が大好き、スケアクロウというよりキリアン・マーフィが。


以下海外ドラマ好き観点のツッコミどころ。
ちょっと!JJの旦那(役)めっちゃ悪いひとですやん!
ホッチ捕まえてくださいよ!可愛いJJの伴侶が暗黒面に落ちてます!
Josh Stewartという俳優さんなんですが
このひと、サードウォッチでもクリミナル・マインドでも警官役なんですよね。
出演作を追っかけているわけでもないので警官役のイメージがついている私としては
悪役姿はなかなか斬新、でもそれも素敵☆でもあっけなく死んだ。あんな死に方ありか。

あと細かいところではゴシップ・ガールのジャック・バス役の人が出てたりとか。

CSI:NYのアダムでお馴染みAJ バックリー(A.J. Buckley)らしき人がいたと思ったんだけど
あれは絶対アダムだ!と妙な確信を持ってたんだけどクレジットにも載ってないし
気のせいだったのかしらー?それとも似た風貌の俳優さんか。
関連記事
スポンサーサイト
Share on Tumblr

テーマ:ダークナイト ライジング(The Dark Knight Rises) - ジャンル:映画
Movie/Drama/Book/Music    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/2116-99d10b89

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。