ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.05.18 Fri
The Killing(Forbrydelsen)がとても面白い
本当はずうっと前から書きたかったんだけどなかなか時間がなくて。
残りあと2話、とストーリーも佳境に入ってきたのでちょいと書きたくなった。
※激しくネタバレしています。

マイヤーが!
主人公のサラ・ルンド(Sarah Lund)とずうっと組んできた相棒のマイヤーが18話でついに死亡です。
最初はルンドを信用してなくて、
「俺の邪魔すんな」的発言ばかりだったのにこの回で
「友人としての忠告だ」なんて距離感が縮まった発言をしたと思ったら。
これって所謂フラグってやつだったんでしょうか。

ルンドを追って建物の中に入り、そこで「誰か」に撃たれたわけですが
その「誰か」は逃亡中の彼ではないでしょうね。>名前忘れた。
だって何だかここにきて引越し業者絡みで浮上してきたのはいいが唐突すぎる感があるし。
怪しいですよーこいつ犯人っぽいですよーという感じで描かれだしたのも16,17話からですしね。
ん?もしかしてもっと前からチラチラと出ていたのかしら。
このドラマ無駄に意味深なシーンを練りこんでくるので見落としているだけかもしれませんが。

何にせよ銃撃にあったにも関わらず回復に向かっていた筈のマイヤー(Jan Meyer)が
「原因不明」で突如死亡、これは消された感たっぷりですもんね。
という事は顔を見られた事がまずい人物…
もしかして上司のブリックス(Lennart Brix)が犯人とか?
なーんて思ったりしている今日この頃です。
だけどこのドラマは一話からずうっと全ての人間が怪しいように描いているので
この先どう転んでもああ!と納得すると同時にえぇ!?と驚いてしまうと思います。

大体容疑者から外れた筈の市議会選のメンバーの動向を相変わらず追っているのも気になります。
ここにきて再びハートマン(Troels Hartmann)が真犯人、なんて事はないでしょうが
アシスタントのリーちゃん(Rie Skovgaard)がもう何か持ってそうできな臭さ抜群ですね。
リーが直接的な犯人という事はなさそうだけど
真犯人について何か知っている、という事はありそうな感じ。

さてさてあとの二話でどう展開していくのか非常に楽しみです。
それにしてもこのドラマ、本当によく脚本が練られているなあ、と思います。
結局犯罪捜査モノのドラマが一話完結になってしまうのって
途中でだれるからだと思うのですが
実際キリングも8話くらいでだれそうな雰囲気はあったんですが
そこから裏に大物が潜んでいるんですよ感を出してハートマン犯人説を浮上させる、
そしてハートマンが黒だと思ったら窓からこちらを見下ろしていた男性はハートマンじゃない
というようなルンドも見ている側も実は犯人は別にいて?と考えてしまうような展開に持っていく。
ホルクが真犯人で決定!かと思いきや最初から会話の端々に少しだけ登場させていた
連続殺人説を一気に前面に出してくる、もうここ数ヶ月月曜が楽しみで仕方ないよ!

こんな感じで情報を小出しにしつつ、色々容疑者が浮かんでは消えるので
本当に最終回までどうなるかわからんなーと思いながらあと3日首を長くして待ちたいと思います。

------------------------------
IMDbのPeople who liked this also liked...がOZを出してきていて
確かにOZ好きだったわーわかってるなーと思いましたw

あとハートマン議員役のLars Mikkelsenについて調べてたら弟も俳優だという事が発覚。

弟のMads Mikkelsen 似てますな。
赤い靴に琥珀の酒 Vol.II、俳優『Mads Mikkelsen』

*
どっかに日々のワークアウトの内容を記録していきたい。
関連記事
スポンサーサイト
Share on Tumblr

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
Movie/Drama/Book/Music    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by あらの
殺害現場がストーレコングス通りの部屋だとすると、ナナがそこに行くのを知ってたのはタクシーの運転手。連続殺人だとすると昔の引っ越し業者関係だからタクシーの運転手。一番怪しいけど、彼はただの連続殺人犯。
ナナはパスポート?を取りに部屋に行ったらトールマンと鉢合わせて、妻の命日で不安定だったトールマンに乱暴された。トールマンは我に帰り死のうとした。リンはトールマンが来ないので部屋を見に行き、乱暴された瀕死のナナを見つけ隠蔽のため車ごと沈めた。で、どうだ!
でもこれだとナナが頑張って握りしめていたネックレスがつながらないんだよなぁ。頑張った分ネックレスが犯人逮捕の決め手になってくれないと…
うむう。
2012.05.18 Fri 01:05 URL [ Edit ]
今後の展開ですが! Posted by くまこ
こんにちは。The Killingすっごく面白いですよね!超はまってます。海外ドラマ好きな私が勝手に予想する今後の展開としてありそうなのが、
①実はリー・スクーゴーは性転換者だった。(アメリカドラマにたまにある以外な展開のひとつ。)
②いったんバウン・スケアベックが容疑者でないと見せかけて
おいて、やはり犯人だった。プロファイルにあてはまるし、新居に隠されていたナナのパスポートからして、やはりビルク・ラールセン社の人かな?と。
③もう一人犯人候補として怪しいのがハートマンの秘書のアフロちっくな彼。ウェーバー!
④そしていったん容疑者からはずれるも、やはり怪しい色男、
トロールス様こと、ハートマン。

以上、ドラマ好き女の勝手な予想でした。
2012.05.18 Fri 13:57 URL [ Edit ]
あらのさん Posted by chica
FBでも有難うございます。
あらのさんのコメント見てて思ったんですけど
全部ひとりの犯行ではない可能性もあるんですよねー
その可能性は考えたこともなかったので目からウロコ!(✧゚ロ゚)
ネックレスは何かしらの形で関わってこないと
そもそも連続殺人犯という説が危うくなってきますからねえ。
難しいなーあと二話でどう転ぶんだろうか。
2012.05.20 Sun 21:54 URL [ Edit ]
くまこさん Posted by chica
コメントありがとうございます。
1はないと思いますーデンマークのドラマですし
ここまで展開練っておいて最後の最後でそういう反則技を取られるとちょっと興醒めですw
新居にあったパスポートから考えて引越し業者の誰かが関わっているのはこれは確定でしょうね。
そしてその人が連続殺人犯ってのも確定かな。
あとウェーバーは私も勝手に怪しいと思っておりますw
人良さそうな彼ですけど何か持ってそうだなーと疑惑が。

犯人もさることながらリーがどう関わってくるのかも気になりますね。
彼女は何を知っていて犯行には関与してるのかしていないのか。
いよいよ明日は19話!楽しみ!
2012.05.20 Sun 22:02 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/2088-639f1cd8

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。