ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.02.25 Sat
[Europa League]Manchester United - AFC Ajax

こんなものや毎度恒例GIF制作をハイライト見ながら作成してたらすっかり感想を書くのが遅くなりました。
そして私のショボいスキルでは字を似せる事が出来ませんでした。元画像。


ほれほれ、トビーがゴール決めるって言っただろ?(会心のドヤ顔)
まあ毎試合言ってるんですけど。数打ちゃ当たる。

ほんとは狂喜乱舞したかったけれども
セットプレーからだったし(序盤に見せたスーパーゴールとか期待してたひと)
何よりトータルスコアでは負けてる状況だし手放しに喜べないこの状況。
でも面白い試合だったよ、朝早く起きて見た甲斐はあった。

しかし余りにも2点目を決める時間が遅すぎましたね。
これがもっと早い時間だったら、と思わずにはいられません。
オズビリズが取ってくれた同点弾の直後だとか後半の早い展開で取っていれば!
つくづくタラレバですが十分それを期待できるだけの内容だったと思う。




そんなわけで今朝のまんゆー戦は
誰が何と言おうと今シーズンの中でもベストゲームの一つだったと私は思います。
悔しくないかと言われれば勿論敗退は悔しいのですが
やっぱりOld Traffordで勝った、っていうのは大きいですし
少しでもかの赤い悪魔さんを焦らせる事が出来たのであればとても有意義な試合だったのでは、と思うのです。
というかね、今シーズンずうっとアヤックスは
失点をすると集中力が笑えるほどに途切れるという傾向が見られたと思うのですが
この試合に限って言えばほんと驚くくらい90分間集中していたと思います。
ミッキーも言うておりますが失うものは何もない状況だったから、ってのもあるでしょうね。
リーグのほうも大概に失うものは(ryの状況なので是非とも同じことをして欲しいわけですが。
週末またいつものぐだぐだぶりを披露したらみんな殴るよ!

勝てる感触はあったので余計に序盤のチチャリートに決められた失点がもったいなかったですね。
アレで開き直ったってのもあるんでしょうけどアレがなきゃなあ…。
あと一歩のところで勝ちきれないのがアヤックスらしいっちゃらしいんですが
でも正直勝てたよなあ…と思わずにはいられない未来を感じる試合内容でした。
といっても今シーズン終了後にはフェルトンは抜けるだろうし
下手したらエリクセンも抜けるかもしれないので未来は蜃気楼の如く消えてしまう可能性は大。


あとヴィールやブーリフテルがいたらどうなってたのかな、とも思います。
ベストメンバーからはほど遠いものね。
ファン・ラインもコッパースもよくやってると思うし
ふたりとも大好き!だけど(ファン・ラインはボアたん級に筋肉つけてくれれば惚れる、トビー派から改宗する勢いです)ベストメンバーだったら、と思わずにはいられない。
エノー不在もキツイし…まんゆーだって負傷者は多いのでそれを言ったらお相子なのですが
でもベンチのメンバーのポテンシャルが違うじゃん!(言っちゃった)

ヴィールがいて、ブーリフテルがいて、シグトルソンがいて、みたいな
デブールが本来描いていたベストメンバーだったらどういう結果になったのかな、と
ちょっと気になるところです。
でも結局アヤックスはアヤックスらしい結果になってそうな…

選手がすばらしい働きを見せたのに対してデブールの采配は謎が謎呼ぶミステリー仕立てになってました。
可愛いかわいいコッパースが下がったのはもしかしたら怪我なのかもしれない。
最近めちゃお気に入りの割りにコッパースなのかコッペルスか微妙にわかってない。なんか系統がアーロン・ハントっぽいよね、彼w
若いのにファン・ラインと共にかなり頑張ってると思います。

コッパースを下げてクラーセン、ってのは攻撃的に行かねばならない状況下なので理解できなくもない。
ついでに言うとクラーセンはちゃんとシュートを枠内に向かって自分で打つ、
というFWとしては重要かつ基本的な事をきっちりしてくれくれる子なので
パス繋いだは良いがフィニッシュがワロスなアヤックスにおいては貴重な人材ですし
攻撃の層を厚くするという意味ではクラーセンは良い選択だと思います。

が、しかしだよ。
エリクセンとロデイロを下げてセレーロとブリントってのは????
調子悪くてもエビシリちゃん入れたほうが楽しかったんではないかと思う、色々と。
エリクセンにおいてはこの試合も悪くなかったと思うんだけど。
この辺の采配はデブールが勝ち上がりたいのか
それなりの結果さえ残せれば別に勝ち上がる必要はない、と思っているのか微妙な感じでした。

選手に対しては皆ぺろぺろしたいくらい満足しておりますが
もっと素晴らしかったのはマンチェスターまで行ったアヤックスのファンだと思います!
オズビリズの同点弾の直後からOld Traffordに鳴り響くアヤックスのチャントに
結構真面目に涙腺が刺激されちゃいましたぜ。

こういうのに弱いんだよねー
昨シーズンのもう敗退が決定していた試合なのにも関わらずスタジアムを満杯にして最後まで応援していたブレーメンのファンとかもそうだけどひたすら愛が伝わってくるってのはほんと選手にとっても有難いことなんじゃないかなー。
それにしても2月のマンチェスターで半袖いたぞ、寒いよ!愛があっても寒い!
まあでも基本あの人たち、冬のアムステルダムでも裸族ってますもんね。
皮膚が分厚いに違いない、人体の不思議!
この試合がすっかりお気に入り試合になってしまったのは
選手の頑張りは勿論ですがこういうファンの存在もあるかもしれません。

余談ですがロシアの実況さんがトビーのやたら長い名前を気に入ったらしく
試合中に「トビアース、アルベルティーネ、マウリッツー、アルデルヴィーレルト~」と呼ぶのがツボでした。
ツボだけど別にフルネームで呼ぶ必要性ってまったくないよね。

トビーもフェルトンも良かったなあ。
CBふたりの本来の持ち味が如何なく発揮されていたと思います。

EINDSTAND: 1-2

Scheidsrechter: Skomina (Slo)

Gele kaarten: Rafael, De Jong, Evans

Scoreverloop: 6. Hernandez 1-0, 37. Özbiliz 1-1, 87. Alderweireld 1-2

Opstelling Manchester United: De Gea, Rafael, Jones, Smalling, Fabio, Nani, Park, Cleverley (61. Evans), Young (61. Scholes), Berbatov (72. Welbeck), Hernandez.
Niet ingezet: Amos, Evra, Carrick, Giggs.

Opstelling Ajax: Vermeer, Van Rhijn, Alderweireld, Vertonghen, Koppers (46. Klaassen), De Jong, Anita, Eriksen (61. Serero), Özbiliz, Lodeiro (81. Blind), Sulejmani.
Wissels: Cillessen, Ebecilio, Ooijer, Blind, Aissati.
Ajax boekt knappe zege op Old Trafford
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー - ジャンル:スポーツ
fútbol    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/2051-22eecf92

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。