ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2018.01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2018.03≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr/twitter
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。



欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
2012.01.14 Sat
レンソイス・マラニャンセス国立公園への行き方
Web拍手にて。
レンソイスに行かれたみたいですが行き方を教えて下さいというメッセージを頂きまして。
あれま。私って書いてなかったかしら?と思い改めて書く次第です。
でも最近メジャーになってきたので他にもっと詳しく載せているページがあると思います。
参考になれば幸いですけど。


そもそもレンソイス・マラニャンセス国立公園(Parque Nacional dos Lençóis Maranhenses)はどこにあるかというと…Barreirinhasという場所にあります。
まずはここにたどり着く事が第一歩。
行き方は二通りというか何処を拠点にするかで変わってくるのですが
もしお金があればセアラー州(Ceará)州都フォルタレザ(Fortaleza)に行き
ここからジェリ(Jijoca de Jericoacoara)とレンソイスを楽しむツアーというのが出ているので
それに参加するのも良いでしょう。ジェリは私行きたかったんですが金がなかったので断念です。
なのでこちらの方法については割愛。

では私が行った方法、というかほとんどの日本人はこっちルートだと思う。
マラニョン州(Maranhão)州都サン・ルイス(São Luís)に行きここからBarreirinhasを目指します。
2011年9月の時点でサン・ルイスからバヘイリーニャス(バヘリーニャス、私はバレィリンハスって言ってましたが通じました)行きを出しているバス会社は一社。Cisne Blancoという会社です。
3時間か4時間程度だったかな、夜遅くに移動するのが不安な方はサンルイスで一泊するのも手。
ですが!サンルイスの宿の取れなささは異常なので
サンルイスで一泊する場合は予め予約した方がいいと思います。
予約しないと高確率で泊まる場所にあぶれる、と思ったほうがいいかも。

さてバスに乗ってバヘイリーニャスまで着きました。
客引きをしているツアー会社に乗ってもいいし自分でツアー会社を探してもいいです。
ぶっちゃけどこの会社も内容も金額も余り変わらないと思うので。
ただ何軒か回ってわかったことは英語で説明可な会社は2社。>うち1社は凄まじく適当。
スペイン語で説明可な会社は3社だけです。(かなり不安なスペイン語含む)
レンソイスは確かに観光地ですがあくまでブラジル人に向けた観光地、的なところがあるので
ホテルの人は勿論ポルトガル語だしガイドもポルトガル語だったりします。
ちなみに英語の通じる会社ですが
バヘイリーニャス市内で一番目立つツアー会社だったりするので多分わかります。
名前はちょっと覚えてないのですが一番遅くまで営業しているのでわかると思う。
わからなくても店に入って(Você fala)Inglês?って聞けばいいだけの話なのですが。

何人かの人に聞きましたがどこの会社でも午前か午後どちらのプランを選ぶか聞かれます。
午後は混むので川を渡るのにかなり待たされるのですが

二台ずつしか渡れないのでこんな事になる↓

午後は夕陽が見れるので混もうが午後にするべき!
だと私は思います。

レンソイスの夕陽。三人は知らない人w
ちなみに帰りも勿論混むのですがお土産物屋さんに加えタピオカ売りなんかも出現するので

タピオカ食べてビール飲んで時間潰していると良いと思います。
タピオカ(2R$)は練乳バナナが一番美味しいと思う。

2日目はメインの砂漠からは離れて色々な場所を巡り最終的にはビーチ!みたいな感じ。
初日に有名なあの場所へ行ってしまうので
二日目はそんなに感動はしないけどもベタに楽しいです。水着持ってると。
二泊三日でいくらだったかな…
宿代だけでR$50取られた記憶はあるので10000円前後じゃなかったかと。
ウユニよりは勿論高いですがそこはまあ…ブラジルなので。

猿もいるよーん。

セスナはR$400(20000円)だった筈。
上空から見たい場合ツアー料金とは別でR$400を払うわけですが
4人集まらないと催行されないので運が味方してくれる事を祈りましょう。
私はバス出発時間ギリギリまで粘りましたがダメでしたー。
そしてこれは実体験ではなく何人かの話を聞いた統計ですが
セスナで見下ろす場合は雨季明けすぐの6月が一番ベストなんではないかと。
9月になると大きな湖が3つ程残っている程度なのですね。
それはそれで綺麗なんですがセスナからわざわざ見るとなるとそんなしけた話じゃなくて
湖がもっと点在していた方が綺麗だと思うのですよ!(あくまで予想)

さてレンソイス体験が終わったら後はサンルイスに戻るだけ。
Cisne Blanco社は到着と出発の場所が違う(涙)ので到着した場所でいくら待っていても無駄なのさ。
バヘイリーニャスの学校がある通路の一本奥の道にトイレ用品などを扱った店があるので
その店の隣に物凄い控えめなオフィスがあるのでそこでバスのチケットを買いましょう。
向かいに果物屋さんがあります。

さてさてこんなもので如何だったでしょうか。
ブラジルは物価がほんとに高いのでレンソイスだけじゃなくて
リオやマナウスなど他の街も行きたい!という人はエアパス購入した方が安上がりだと思います。
バスも船もほんとにブラジル高いので…その割りに汚いしな。
車窓を楽しみたいって人以外はあんまりお勧めしないかなあ。
しかも50時間ほどバス乗ってて気付きましたが最初の2時間くらいで飽きますよ。

レンソイスの写真とかとか。
Parque Nacional dos Lençóis Maranhenses(レンソイス国立公園)/2/3/4/5/6
南米旅行写真
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブラジル-アルゼンチン-ペルー - ジャンル:旅行
travel    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/2030-97cc85a0

Top↑