ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.10.26 Wed
南米ホテルメモ帳
長いので折りたたみ。

ところでJetstarで台北行きって安い日だと8000円(片道)で行けるんですね。
行こうかなあ…(無職の癖に)
今回お世話になった宿一覧。

これから南米に行く人に参考になれば幸い。値段は一泊分。
dmはドミトリー、sはシングルです。
基本ロンプラです。何でもいいけどロンプラって重いよね。
ハンドブック?だっけあっちの南米版のが軽くてあっちにすれば良かったと後悔した。

キッチンは基本的にガスを点けてマッチかライターで点火しないとつきません。
その二段構えが不要だったのはボゴタのクランキークロックとマナウスのホステルマナウスくらい。
マッチはともかくあの石みたいなのを擦って点けるタイプのライターあるじゃん?あれすっごく苦手。
あとコロンビアのマッチ短すぎ柔らかすぎ、であれも苦手だった。


◆ベネズエラ(Venezuela)
シウダ・ボリバル(Ciudad Bolívar)
Posada Don Carlos
※Wifi可
宿の親父がめちゃくちゃ気の良い人。
私が女性だから、ではなくどの宿泊客にも
「何か困った事はないか」と尋ねてくれる本当に気の良い親父。
チェックアウト後も外のハンモックでくつろげます。
夕飯も外で食べるよりもだいぶ安く値段設定してくれてるので
シウダボリバルは日が沈むとちょっと危ないのでご飯食べ損ねた時は頼むといいよ。
キッチンはあれ、使えるのかな?ちょっとわからない。
ホットシャワーは出なかった気がする、でも問題ない、夜でも暑いから。

メリダ(Mérida)
Posada Guamanchi
※Wifi可
キッチンあるし、屋上が使えるので屋上でご飯食べれます。
ホットシャワーも出るには出るんだけど物凄い時間がかかるので
「もうほとんど洗い終わったんですけど…」って頃にお湯になるので実質出ないも同然w
ツアー会社も併設されてるのでトレッキングツアーを申し込みたい人は便利かも。

@カナイマ(エンジェルフォール)はツアー組んだので知りません。
ちなみに頼んだ旅行会社はアドレナリンという会社だった気がします。

◆コロンビア(Colombia)
ボゴタ(Bogotá)
Cranky Croc
※Wifi可 dm:20000COP
ここしか知らないw4回行って4回ともここにしか泊まってないw
そしてクランキークロック大好き、なので贔屓目入っちゃいますが
キッチンは快適(マッチやライターで点火する必要なし)だし
自炊するの面倒な時はホステルでオーダー出来るし朝ご飯も頼めるし
毎晩誰かしら飲んで騒いでるので友達作りやすいしあとスタッフが感じ良いのだよ。
ホットシャワーも快適、だーがー人が込み合う時間帯は水になります。
あと荷物多い時に3階にあたると泣きたくなるかな。
ちなみに私は一階、二階、三階って全部制覇したぜ。
難点はボゴタのタクシーの運転手が限りなく道を知らないので
日が出ている時間帯ならバスで行った方が絶対わかりやすいと思います。

ビジャデレイバ(Villa de Leyva)
・El pepita
※Wifi不可 s:20000COP
本当は旅人ネットワークで教えてもらったHostel RANAという所に泊まりたかったんですが
生憎部屋がいっぱい、って事でバスターミナルで拾ってもらいました。
Cielo(空)という名前の女性がやってる小さなホステル、テントも張れます。
テントだと更に安くなるみたいですが値段は知りません。
Cieloさんがとても良い人、私が下痢と腹痛で苦しんでいるとアロマのお茶を淹れてくれたり。
ネットは出来ないが部屋にケーブルテレビがあるので退屈はしません。
AXN延々見てました、腹痛かったので。
キッチン使えます、ホットシャワーは水量を少なくすると出ます。

メデジン(Medellín)
Pitstop Hostel
※Wifi可 dm:18000COP
雰囲気はクランキークロックに似てるかな。
有名なホステルらしくタクシーの運転手も名前で通じます。
メデジン青年フリアンも知ってた。
ドミは部屋の位置によって値段が違うので一番安い部屋で!と言うと18000COPで泊まれます。
プールもあるので暑い日は泳げます。
シャワーの出し方が結構難解でコツがわかるまでちょっと火傷しそうになります。
キッチン使えます、キッチンに置いてる鍋の取っ手はがっつり熱くなるので素手で触っちゃ駄目ですよ。
触って火傷した人がここにいるんですよ。

レティシア(Leticia)
・Hostal Mahatu
※Wifi可。ただしかなり繋がり悪いです。dm:25000COP
ドミの値段は部屋の大きさによって違います、一番狭い部屋は20000COP
プールもあってハンモックもあってボートで遠征できるぐらい大きな池があって
まあちょっとホテル内にいてもちょっと楽しいです。
オーナーの親父がとても親切で色々お勧めツアー教えてくれたり
中心街へ行く時間帯が遭えばバイクに乗せてってくれます。
ホットシャワーの出はちょっと悪いので夜浴びる時は要注意。
昼は暑いのでお湯が出なくても問題はない。

◆エクアドル(Ecuador)
キト(Quito)
途中で宿変えてるのでふたつ。
・Hostal Sunrise dm:7US$
※Wifi可
最初に行きたかったホステルが見つからなくて迷子になってた矢先に教えてもらったホステル。
宿のおばちゃんとソリが合わなくて途中でホステル変えてしまいましたが
かなりコストパフォーマンスは良いです。
ドミって言っても二段ベッドじゃなくて普通のツインやトリプルの部屋の形での共同部屋。
この時膝を痛めていたので大層助かりました。
ホットシャワーも快適です。

Huaukí
※Wifi可 dm:8US$
この8$は高い方のドミなので安いほうの部屋だと6$です。
夜通しバイクで縦断中の旅人さんと飲んだ記憶と
誰かがウ×コを詰まらせて2階のトイレが使えなくなり大混雑した記憶しかないw
週末シフトに入ってる兄ちゃんはサッカー好きです。
キッチンあったと思う、コーヒー飲んだ記憶あるし。

リオバンバ(Riobamba)
・Hotel Los Shyris
※Wifi不可 s:ごめん忘れた。
下にネカフェがあるのでまあインターネットには事欠かない。
どれか一台私が日本語設定済ませたのがありますw
まあ特に特記する事もないかな、可もなく不可もなく。
そもそもリオバンバ自体、行く要素があまりないっていう。
ロンプラには朝食含むって書いてますけど現在は朝食サービスありません。

クエンカ(Cuenca)
・名前忘れた!Hostal La Escalinataの隣の何とかmundoってホスタル。
※Wifi可 s:6US$
Escalinataが満室だったのでお隣を尋ねてみました的な感じで。
オーナーの夫妻がとにかくハイテンションです。
良い人で部屋の案内の際に街の簡単な説明も行ってくれます。
インターネットは接続できますがちょっと遅いかな。
ホットシャワーも出ますしキッチンもあります。

ロハ(Roja)
・バスで乗り合わせた兄ちゃんの経営するホスタル
※Wifi不可 s:4US$
もう4$だからネット使えないとかそういう事一切どうでもいいw
Parque centralの向かいに合った筈です。
ホットシャワーは出ます、ただシャワーが一つしかないのでちんたら浴びてると
催促のノックが絶え間なく聞こえてきます。

◆ペルー(Peru)
ピウラ(Piura)
・Hospedaje san Carlos
※Wifi可 w:45S(ヌエボソル)
ダブルしか空いてなかった。
普通の贅沢旅行の値段じゃん、みたいな事になってますが空いてないんだから仕方ない。
値段の割りにテレビの映像は凄まじく汚くてアルゼンチンの試合を砂嵐の中見てました。

ワンチャコ(Huanchaco)
※Wifi不明 s:不明
私にとって魔のワンチャコ。くたばれワンチャコ警察。
でも宿は良かったです。
最初はChill Outに泊まる予定でしたが現在改装中の為お向かいのホスタルに。
一泊幾らか忘れました、Wifiで呑気に遊んでいる精神状態ではなかったので知りません。
けどChill Outもここの女主人さんも凄く良い人です。
大変お世話になりました。

トルヒーヨ(Trujillo)
現地在住の日系ペルー人の方に泊めて頂きました。

リマ(Lima)
ペンション当山
※Wifi可 S:25US$(ペソでも払えます)
領事館の方推薦。
ペペさんは日本語話せるので安心、キッチンはないような…?
お湯はあるのでカップヌードル程度なら作れます。マテ茶も飲めます。
まあでも正直一泊25US$なので貧乏パッカーにはきついと思います。
日系会館が近くにあったりするので日本食には不足しません。
っていうかペルーは日本料理屋が多いよね、なんちゃってじゃない本格的な。

※クスコとマチュピチュはツアーに含まれていたホテルなので知りません。

◆ボリビア(BOLIVIA)
コパカバーナ
・Alojamiento San José
※Wifiって何ですか。 S:20BS
驚異の安さ。しかし安いだけであれをホットシャワーを呼んじゃいかんと思うw
ってレベルのぬる冷たいシャワーが出ます。風邪引くかと思った。

ラ・パス
Estrella Andina Hotel
※Wifi可 S:50BS(だったと思う)
実際には同じAndina系列のもうちょっと安いホテルです。
日当たりが最高に良くて毎日洗濯日和みたいな事になってました。
腹痛に悩まされていたのでここで散々リフレッシュさせて頂きました。
でも安宿ではないわな、間違いなく。

ウユニ
・ホテルサルバドール、だったかな。
※Wifi不可 S:忘れた
出来立てのホステル、バスターミナル近くのホテル。
ウユニ塩湖から帰って来た日の翌朝3時のバスに乗る羽目になったのでここを選択。
実質一泊もしてませんが値段の割りに部屋ひっろ!って思った記憶があるのでそんなに高くないと思う。

※ウユニ塩湖の塩ホテルは一番安いPlaya Blanca(だっけ?)ってところです。

◆チリ(Chile)
サンティアゴ
Hostal de Sammy
※Wifi可 dm:7000CHS
この手のドミ形式ホスタルであれだけの朝食出るとこって他にちょっと見た事ない。
目玉焼き、パン、フルーツ盛り合わせ(これが結構凄い量)が7000CHSに含まれてます。
Wifiのパスワードが死ぬほどわかりにくいところに書いてあるので
探検気分で探してみると面白いかもしれません。ここスタッフが気さくで結構好き。
キッチン使えるよ。
あとドミは女性のみ、かミックス部屋か選べます。

Residencial Londres
※Wifi可 s:12000CHS
Hostal de Sammyのスタッフが気さくな若い兄ちゃんのノリなら
こちらは親切な大人のおじ様が丁寧に接客してくれるって感じ。
シングルで12000CHSだからそんなに高くもないし立地条件最高だしとにかく親切なのでお勧め。

ラ・セレナ
・El Hibisco
※Wifi可 s:5000CHS
ホットシャワーの定義が解からなくなってくる程に水シャワー。
キッチン使えます、Wifi使えますで安いのになかなか良いんだけどそれよりも温かいシャワーが欲しかった。
でもスタッフの子が親切なんだよね~なので嫌な気分はしません。風邪ひくけど。

ビクーニャ
・Hostal Dónde Rita?
ロンプラではHostal Rita Klamtですが名前変わってます。
※wifi可 s:12000CHS
朝食含む値段ですが朝食が豪華で自家製ジャムが美味しい。
あとリタおばさんが超絶良い人です。
ビクーニャ、特にピスコ工場見学以外やる事ないので一日しか宿泊しませんでしたが
本当に快適な宿なのだったのでまた行きたい。リタおばさん好き好き。
ホットシャワーは快適です、キッチンも使えます。

オバージェ
Jamies Crazy House
※wifi可 dm:6000CHS
キッチン使えます、朝食付きです。
シャワーは宿の兄ちゃんに事前報告しないとホットシャワー使えません。
安いし言う事ないんですが人がいない時期に泊まると
兄ちゃんとふたりきりになるので、
そしてここは兄ちゃんの家をそのまま使った宿なので
その辺がちょっと怖いな、と思う女性の方は避けたほうがいいと思います。
普通の気さくな兄ちゃんですけどまあ見ず知らずの他人なわけですし。
私は事件後だったので一泊して早々にサンティアゴに戻ってしまいました。
まあ温泉行けなかったのでいる意味がなくなった、という理由もありますが。

イースター島
camping Mihinoa
※Wifiはとてもスローリィ… dm:私は8000CHSだったけど7000の部屋があるらしい。テントは更に安い。
ほとんどのバックパッカーがここ宿泊ちゃうんかという程ご定番の宿w
キッチン使えます、Wifiは鬼の遅さで使用するのにお金要ります。
洗濯したら罰金なのでランドリーサービスを頼みましょう。
ここが一番安いって某迷い方に書いてますが実はもっと安いホステルがあるらしいよ。
あと清算時にちゃんと項目を一緒にチェックしないと
既に払った筈のランドリー代をまた請求されてた、という事があるようなので
領収書の明細項目にはきちんと目を通しましょう、友達も二重請求されてました。

プエルト・モン
・名刺をどこかに落としてしまった。
地球の歩き方に載ってる安宿の隣、って事は覚えてるんだけど
その歩き方を人にあげちゃったので何て名前の安宿の隣だったかは思い出せないのです。
ホットシャワーが時間制でたまに熱いお湯がまったく出ない日もあり。
何故かネットの速度はめっちゃ速い、そこではなくお湯に力入れて…

チレ・チコ
・Loly y Elizabeth
※Wifi不可 *s:10000CHS
野宿覚悟の私を拾ってくれた優しい家族がやっている宿です。
シーズンオフだったのにね、本当良い人たちです、また行きたい!

プエルト・トランキーロ
・村の一番手前の宿
※Wifiなんて通ってるわけないだろ。s:12000CHS
頼めば朝、昼、晩とご飯作ってくれます。勿論別料金。

コクレーン
・ここも名前不明、何か適当に探してたら発見した。s:6000CHS
飼い猫と戯れていたら思い切り引っかかれました。

◆アルゼンチン(Argentina)
ペリート・モレノ
・?
※Wifi不可 S:不明
ターミナルから徒歩5分程の場所にある旅行代理店の前の道をひたすら直進したところにあるホステル。
可もなく不可もなく。Wifiは近くのレストランでバンバン飛んでるのでご飯食べに行くついでにPC持って移動。
大通り沿いにはWifi飛んでるホテルがあるのでそちらで探したほうがいいと思います。

メンドーサ
・Hospedaje Sao Paulo
※Wifi可 dm:忘れた
ドミだったけど部屋には私しかいなかったので超絶広いシングルのように使ってました。
シャワー及びトイレは物凄く狭いです、あとお世辞にも綺麗ではないです。
しかし朝のスタッフさんの対応がとても素晴らしい。

ブエノス・アイレス
Hostel Suites Florida
※Wifi可 dm:55…だったかな。
チェックイン時にデポジット取られます。チェックアウト時に返金。
女性だけのドミと男女ミックスのドミが選べますよ。
余りに大きすぎるホステルなので毎日夜遅くまで誰かしらうるさいです。
キッチン使用可。YHI割引が適用できます。立地条件は最高。


◆ウルグアイ(Uruguay)
コロニア・デル・サクラメント
・Hostal Colonial
※wifi可 dm:
キッチン使用可、YHI割引有。ただシャワーは時間が経つと水になってしまいます。
シャワー以外は素晴らしいホスタル。
スタッフも感じ良いし本当あの途中で水に変わるシャワーさえ変えてくれればもう完璧なんだけどな…

モンテビデオ
Che Lagarto
※wifi可 dm:
キッチン有、YHI割引有。
レセプションに併設されているバーの兄ちゃんが親切で面白い。
水没したPCを夜通しドライヤーで乾かしてくれましたw

サルト
・TIA HOTEL
※Wifi可(ただししょっちゅう接続切れます)
サルトはホテルがそんなにないのでここが一番安いホテルだと思う。
値段の割りにベッドがやたらでかい、テレビもついてるのでボカの試合見てました。
ここで誕生日迎えたなあ。

◆パラグアイ(Paraguay)
エンカルナシオン
・Hotel Germano
※wifi可
日本語通じます。

トリニダー
・民宿っぽいところに泊まらせて頂きました。
※wifi不可 s:70000G…だったかな。
最近この辺り頑張って泊まるところを作ってるみたいですよ。


イグアス日本人居住区
民宿小林
※Wifi可 s:70000G
超快適です、快適すぎるので脱出出来なくなるという諸刃の剣。
ただイグアスの滝に行くには距離がありすぎるのでちと面倒くさいです。

シウダ・デル・エステ
・Hotel San Rafael
※Wifi不可 s:120000G
支払いはパラグアイ、ブラジル、アメリカドルのどれかで支払いできます。
ついでにアルゼンチンペソでも払えるようにして欲しいw
従業員は割りと親切、でも部屋はあまり綺麗じゃないです。

◆ブラジル(Brazil)
バレイリンハス
大体どこもs:50R$です。もうちょっと安い値段の場所があるらしい…!
レンソイスツアーを申し込んだら併せてついてきたホテルなので名前しりません。

マナウス
Hostel Manaus
※wifi可
朝番のお兄ちゃんがGregory van del Wielに似ているという時点で私の心を掴んで離さないホステル。
大きいホステルでエアコン有か無か、ミックス部屋か女性だけの部屋かを選べます。
シングル、ダブルの部屋もあった筈。
朝食付き、キッチン使えます。
ホットシャワーはひとつだけ出るのが存在するみたいですが
マナウスあっついので別に水でも何の問題もありません。


※ブラジルが滞在期間の割りに泊まっているホテルが少ないのは延々船に乗って移動していたからですw
関連記事
スポンサーサイト
Share on Tumblr

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行
travel    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/1986-eaacf36e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。