ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.08.18 Thu
パタゴニアで死に掛けた話 part2
前日バスが傾きあわや湖にバスごと転落しかけたワタクシですが
翌日更にネタ満載過酷な状況が待ち受けていたのです。
以前にも書きましたがシーズンオフのパタゴニアは真面目にバスがないのです。
週に2本しかない、とか普通。
乗り切る為にはバスのスケジュールをきっちり調べておくか
バスがない日を乗り切る為に大金持参で行くしかないです。
ちなみにこの状況下での大金は
「こんなもんで足りるかな?」というニュアンスではなく
「これだけ持って行けば当面生活できるな!」というレベルの大金です。
だってATMはおろかそもそも銀行ないのでUS$からの両替も出来ないんだって!!

マーブルカテドラルを見る為にPto.Tranquiloという街(集落)に来た私ですが
午前中にカテドラル見学が終わってしまいホテルに戻ります。
前日に「Chile Chico行きのバスがある」とホテルの女の子が言ってたので安心していた私ですが
この「ある」は「Chile Chico行きはある」って意味で「今日ある」という意味ではなかったのです。
Chile Chico行きは月曜までない、って言ってましたが
女の子のママさんが調べてくれたところによると
月曜は祭日なので木曜まで出ないとの事。
所持金既にカツカツの私。
CoyhaiqueかCochraneに行けば(地図上では比較的大きく記載されている街)銀行あるんじゃないか…?
と思い急いで調べる私。
今日のCoyhaique行きはもう出てしまった後でしたが
Cochrane行きは昼の2時発というのがまだ到着していなかったのでそれに乗ってCochraneへ!
この道中崖から落ちそうになったわけですけど。

翌日CochraneからCoyhaique行きのバスが朝8時に出るという情報を入手。
それに乗って途中のCruce Guadacという街(これも集落だった)で降りてChile Chico行きに乗れば
今日中にChile Chicoに戻れますよ、とのこと。
(Chile Chicoに戻りたかったのは国境越えをする為です)
朝8時のバスに無事乗れCruce Guadacへ。
ここでChile Chico行きのバスを…

「今日?ないよ。というか水曜までバスないよ」
なんだとー!!!!!!!

所持金バス代ぐらいしか持ってないんだって、もう。
ちなみに
「銀行ってありますかね?」
「Chile Chico(ここから車で2時間30分の距離☆)にしかないわね」
詰んだ…もう本当に詰んだよパトラッシュ…。

一泊5000ペソだったので宿代ぐらいは捻出できたんですが
明日までいたところでこの街に銀行はなく
水曜までバスはないので泊まっても状況打開できないんですよ。

残された選択肢
・ヘネラル・カレーラ湖に沈む
・Chile Chicoまで歩く

というわけで山道歩きました!20kgぐらいの荷物担いで!
と言っても途中でヒッチハイク成功したのでせいぜい歩いた距離は5kmですけど
あの5kmは人生で一番長い5kmだったと思うわ!
ワインとピスコが入った鞄を2,3回湖に沈めたくなった。
道は一本しかないので迷いようがない、というのが唯一の救い。

5kmの地点で後ろから車の音が。
振り向くと明らかに現場に行く途中のクレーン車が!
へーい!おっちゃーん!
手を上げて乗せてくれアピールすると
「工事現場までならいいよ」と許可してくれました。
わーい、やったー!
人生初のヒッチハイクがクレーン車って。
目線が二階建てのバスよりもまだ少し高い感じがするのよね。
異常に楽しくなったのも束の間
あっさりおっちゃんの仕事場に着いてしまいお礼を言って降車。

あと何kmあるんだ…と思っていたら再び車の音。
振り向くと!なんとバスだ!バスが走ってる!!!
奇跡のバスです。

テンション上がってバス内から撮影
BAHIA MURTAっちゅー街(たぶん集落、行ってないけど)からChile Chicoまで直通のバスだったみたいで日曜の13時にBAHIA MURTAを出たバスが16時過ぎに通るこの奇跡!
しかも日曜の次は水曜まで出ません!
良かった!一泊しなくて!
そこから2時間ほどかけてChile Chico到着。
Chile ChicoにはATMがあるんだな!
早速お金の補充を…と思ったら。
VISAが使えない!!!
何度やってもエラーになるのです。
もう本当顔面蒼白。
着いた時間は夜なので銀行はもう閉まってるので手持ちのUS$も両替できない。
どうします?どうにもならないよネ!
というわけでその辺に座って野宿覚悟(夜は氷点下まで下がるよ☆)してたら
ミリ、ベアトリス、ビセンテというチリ人3人が通りかかり
「ペンション経営してるから泊めてあげる、お金は火曜日でいいから」
って言ってくれたんですー!!!神様ー!!!!

野宿しなきゃいけないかも、って思った時は本当に死ぬかもって思ったさ。
だってブランケットぐらいしか身体温めるものないんだもの。アルコールはあるけど。
翌日Mastar Cardのほうは使える事が発覚しw
でもアルヘン国境へ行くバスがもう出てしまった後だったので更に一泊泊めてもらい
その翌日に大量のお礼の言葉と宿代を払って出発致しました。

また会いたいです、本当に本当に良い人たちでした。
朝食まで出してくれてね…
「寒いなら他の部屋から毛布剥がしていいからね」とか言ってくれてね…
Loly y Elizabethってレストランも経営してます。
というかレストランの横が宿になってます。
Chile Chicoに行かれる方は是非とも利用して下さい!!
(ちなみにチレチコからトランキーロまで連れてってくれたチリ人の家のすぐ近くだったw)

今度行く時はお金をたっぷり持って行ってレストランでお腹いっぱい食べるのさ。


寒いので毎日飲んでたピスコサワー(ピスコライム割り)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行
travel    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/1960-4aac766d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。