ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.12.02 Thu
Models of the Runway season 1 #8
今回は割きにモデルズ~の感想をうp

モデルズ・オブ・ランウェイ シーズン1 エピソード8

Episode08:"Everything Old is New Again" ~ガールズナイト

ケイティー!君が内心余裕☆って思ってる事バレてますー!
最近ケイティ大好きだw

私ファトマは嫌いじゃないんですが
エボニーのご指摘通りファトマがいなくなってから雰囲気良くなった気がするw
今回はタニーシャがちょっと好きになったし
私はチームAが嫌いというよりヴァネッサが嫌いだったのかもなーと思いましたw
髪の毛あげてるタニーシャ可愛いネ!

今回はモデル経験のないバツイチ女性がモデルを務めてるので
モデルちゃんたちはウォーキングを彼女たちに教えます。
そしてすっかり仲良くなったので一緒に食事にまで行っていました。
あの感じだと主催者はマタル?
まだ若いのにそういうところに気を遣えるとはなかなか出来たコ。

今回マタルはエパーソンが落ちて号泣してました。
「エパーソンより才能ない人いるよ…ニコラスとか」
って地味にdisられるニコラス氏なのでありますよ。
エパーソンは脱落後のコメントもそうだったけど
すっきりさっぱり挑戦できて良かった!って感じの雰囲気でしたけど
エパーソンが大好きだったマタルには相当ショックが大きかったご様子。
脱落前にまた一緒にできたら良かったのにねえ。
しかしジョルダーナ優勝時にタラちゃんがガッツポーズしていたあたり
皆最初に組んだデザイナーさんに思い入れがありそうな感じ。
デザイナーがしょっちゅう代わっているケイリン以外。

ガールズナイトと称してモデルちゃんだけで飲みに行く事になったんですが
マタルとお姉さまコージーの会話が可愛い可愛い。
173cmのコージーがヒール履いてようやくマタルと並ぶってマタルの身長は一体何cm?
エボニーがケイリンのすらっとした身体を見て羨ましがったり
完璧なスタイルに見えるモデルちゃん達にもコンプレックスがあるんですねえ。

次こそ脱落するかも、と心配しているコージーを尻目に
タニーシャは自分のドリンクが心配、と余裕のコメント。
だってタニーシャはアルシアのお気に入りだし
アルシアじゃなくてもデザイナーからの評価は一番高いでしょ!
逆にコージーは大体いつも最後のふたりに残されてしまう(ようなイメージだ)し
セリーヌはセリーヌで「私、人気ないみたい」とどちらも自信なさげ。

そしてそして優勝直後にジョルダーナがタラに向かって
「次はあなたを選ぶと思う」
と言った事によってジョルダーナと組んでいたマタルもまた戦々恐々。

ケイティは上述の通り
「あんたクリストファーに気に入られてるじゃん。絶対落ちないって思ってるでしょ」
と他のモデルに見透かされていましたw
「そんな事ないよ」って否定してましたけど、クリストファーが落ちない限りケイティは安泰でしょうね。

いざモデル脱落の瞬間。
「今度はあなたを選ぶと思う」とタラに言ったジョルダーナが選んだのはタラではなくマタル。
これにはタラとマタルだけじゃなくてモデル全員が驚きの表情。
タラちゃんは「ジョルダーナに拾ってもらえる」と思っていただけに顔面蒼白って感じでしたね。
「私の聞き間違いだったのかな…」と落ち込み度も半端ない。
そのジョルダーナはアルシアがタニーシャを選択した瞬間に顔色を変える。
「え、あなたはタラを選ぶんじゃなかったの?」
「タニーシャ選ぶって言ったよ」
とひそひそと会話。
ここからひとりずつモデルが減っていきタラが残されるにつれて
タラは勿論ジョルダーナの顔もどんどん険しくなっていってちょっと気の毒な感じに。
ちなみに驚いてたマタルですが控え室では踊りまくってましたw

「人気ないみたい」と自信をなくしていたセリーヌはアイリーナから指名を受けて驚きの表情。
「久しぶりね~」とアイリーナが言ってましたけど驚いたまんまでしたね。
そりゃ最初に組んでてすぐに変えられたなら
「あーこの人、私を気に入らなかったんだな」って思うよね。
控え室に戻ってもセリーヌはまだ驚きから開放されていませんでしたw
ちなみにセリーヌ、緊張してオナラしてましたw
なんというか天然ちゃんだよね。
本人の喋り方を聞いても吹き替えとそう違わないとろ~んとした喋り方だしw

ところでアイリーナって薄々思っていた事だけど、このセリーヌを指名する時に確信を持った。
物凄く隙のないバリキャリっぽい雰囲気がする!
自分に自信があるからなんでしょうけど怖く見えるというか冷たく見えるというか。
プロジェクト・ランウェイのほうでローガンが
「人を見下してるような感じがする」とアイリーナを評してたのが何となくわかるの。
本人は意図していないかもしれませんがセリーヌを選ぶ時も
アルシアやクリストファーと違って「~がいい!絶対!」っていう愛がある選択じゃなくて
残ったモデルを見て淡々と選んでるって感じなんだよね、うん。
それが余裕に見えるようでもあり
人から見れば「人を見下している」ように見えるのかもしれない。
あと物凄く美人だってのもあるんだろうねー。

最後2人に残ったのはコージーとタラ。
そして選ぶのはローガン。先週に引き続きローガン。
一時期エパーソンが最後ばっかりだったように最近の籤運はローガンに不親切設計。

ローガンはコージーとずうっと一緒に組んでいたので
タラに謝罪しつつも割りとすぐにコージーを選んだような感じがします。
コージーがタラに向かって「Sorry...」と言っていたのが印象的でした。

そして勘違いからタラを落とす事になってしまったジョルダーナは号泣。
デザイナー控え室に行って号泣しているジョルダーナを見たタラは
「私を落とそうとしてやった事じゃない」と理解はするけどやっぱり納得していない感じ。
「誰からも必要ない、って言われて脱落するほうがまだ良かった」
と言っていたようにこの落ち方は残酷でした。
ジョルダーナとアルシアの話から察するに
ジョルダーナとしてはもうちょっとマタルとやってみたい気持ちがある→アルシア「タラを選ぶ(実際はタニーシャ)」→アルシアがタラを拾ってくれるなら次もマタルで試せる
って気持ちだったんじゃないんですかね~?

でも余りにもタラちゃんが可哀想だったので個人的にはケイティの意見に全力で同意。
「ほんとにそのモデルが好きなら選んであげるのが当然じゃない?」

まあマタルで挑戦したいとどこかで思っているなら
少なくともタラにあんな期待もたせる台詞を言っちゃだめですよね。
それこそ本当に「(アルシアが)あなたを選ぶと思う」って言ったのかもしれないのだけど。
いやいやそれでも今までのアルシアの言動から察するに彼女がタニーシャを捨てるわけないぢゃん!
って思いますけどねー。

タラちゃんは最後まで良い子でした。そして眼鏡姿は可愛かった!
関連記事
スポンサーサイト
Share on Tumblr

project RUNWAY    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://gio12.blog92.fc2.com/tb.php/1804-47d2f4a5

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。