ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.09.27 Mon
クラクフ市内探索~ヴァヴェル城周辺/旧市街/バルバカン
早朝ミュンヘンを出発です。
空港行きのSバーンは朝の4時から動いてるそうなんですが
何となく駅までの道中が怖いので結局タクシー。
ミュンヘンは空港から市内までが結構距離あるので
50ユーロくらい取られるんですよね、高くつくなあ。


タクシーの中で本物のアリアンツ・アレーナを見たんだけど
一瞬で通り過ぎちゃったので偽者を激写wミュンヘン空港内にありますw


見よ、この閑散とした空港を。

Terminal 2はルフトハンザ専用なんですが
ここって無料でコーヒーマシーンを使用できるんですね。
とは言っても私朝は白湯、もしくは煎茶を飲みたい人なのでお湯だけ頂いてひとりでまったり。

飛行機に乗って2時間ちょい。

ポーランドのクラクフにやって参りました。
クラクフには3日間滞在するわけなんですが
最終日にはもっともっとこの街にいたいな、と思ってしまい
何で3日間しか滞在しないんだ私は!と後悔の嵐でした。

バリツェ空港 (Port lotniczy Kraków-Balice, Balice Airport)

空港から市内へはすごく便利なエアライナーが走っています。
料金は8pln(約230円)
これもミュンヘン同様、朝早く(確か4時台)から夜遅くまで走っているのですが…
問題は日中でもクラクフ駅構内ってすっごく暗い&人気がないんですよね…。
市内に入る際にはエアライナー使用したんですが
空港へ行く際にはやっぱりタクシー使っちゃいました。
駅はそんなに大きくないんで朝方でも迷う事はないと思うんですけど。

ちなみにポーランドは物価がとても安いので
空港までタクシー使用:深夜料金+郊外料金を請求されても
98PLN(=2800円)程度だったりします。
ちなみにこの深夜料金/郊外料金設定は以下のブログで詳しく説明されています。
タクシーのタリフ@鷲鷹のワルシャワなどの情報 様
ボラれるんじゃないかと思ってドキドキしながら乗ってましたがそんな事はなかったです。

で、話は戻ってクラクフ到着。
空港でユーロからポーランドズウォティ(zloty)に両替。
あ、2012年にユーロ導入予定らしいですよ。
という事はエストニアクローネに続き、マイナー硬貨ゲットの予感。

空港を出てすぐのところにシャトルバスが出ています。
このシャトルバスはエアライナー停車駅までの運行らしく
料金は特に必要ないみたい。

で、エアライナーの待つ駅に到着。所要時間は5分とかそのへんw
電車内の券売機or車掌さんからチケット購入。
券売機が壊れていたので私は車掌さんから購入しました。





エアライナー内部。

わずか17分で市内に到着。
タクシーだと30分ちょいはかかるので早朝/深夜出発じゃない限り
やっぱりエアライナー使ったほうがいいかもw 8PLNだしさ。

さて。
駅に着きバス/タクシーの標識がある方へ向かう私。
これ本当苦労した!初日一番疲れた出来事!
ちなみに二番目に疲れたのはヴィスワ・クラクフ当日券探しです!
標識のある方向に行ってもバスもタクシーもないんだよね。
ちなみにバスの標識の下にはPKSとかMPKとか書いてるんですが
これちゃんと調べておけば初日にこんな泣きを見る事もなかった…!

PKS=ポーランド国営バス
MPK=市営バス
(ちなみにMiejskie Przedsiębiorstwo Komunikacyjneの略らしい。)
MPKが近郊、PKSが郊外ですね。
ちなみにアウシュヴィッツへ行くにはPKSバスになります。

で、この時点ではPKSもMPKもわからないし
ガイドブック読んでも説明はないので大人しくタクシー乗り場を探す私。
ホテルの説明によると大体25PLN(718円)ぐらいで行けるらしい。
で、タクシー乗り場どこや…?
最終的な解決方法として
駅を出たところにあるTAXIの標識を全部無視して
駅構内にTAXIって書いてあるエレベーターがあるのでそれに乗って上の階へ。
階段があるのでその階段を上って最上階へ行けば
そこにタクシー様がわんさか止まってます。

「ヘイ、タクシー。Hotel Poleskiまで連れてっておくれ!」
(ホテルの住所と名前の書いた紙を運転手に見せる)
走ること10分、25PLNぐらい、と思っていたのに10PLN程度で停車。
運転手「着いたぜ。」
おおう~ありがとー!と料金を払って下車。
トランクを出してもらいホテルのロビーへ。
さて朝早いけどチェックインできるかしら?

予約確認書とパスポートを見せる私。
受付「……。」
私「……?」
受付「ここはHotel PoleskiじゃなくてHotel Polskiなのよ。
私「………Σ(;;・ロ・)!!!」

外を見るとタクシーの運転手はちょうど走り去ったところ。
おっさん、ホテル間違えてます!!!
親切なHotel Polskiのスタッフがタクシーを呼んでくれ
タクシーの運転手にポーランド語で念押しをしてくれる。
気を取り直してタクシーに乗り込む私。
運転手「HAHAHA!!little mistakes!」
いや間違えたのは私じゃないし!!
まあ確認しなかった私が悪いんですけどー。

今度はちゃんとHotel Poleskiに到着。
どうもまだ部屋の清掃が終わってないらしく(朝早いしね)部屋には入れず。
荷物を預けて川を挟んで見えるヴァヴェル城(Zamek Królewski na Wawelu)を見に行く事に。
このホテルを選んだ理由はヴァヴェル城の夜景が部屋から見れるからです!
ケルン旅行の際にライン川を挟んだケルン大聖堂の夜景を取り損ねた私は学んだのです。
wikipediaなんかに載せられているベスト写真はたいてい川越しなのだと!
そして川越しに夜景を撮ろうとなると人通りの少ない道を歩かねばならぬと!

ヴァヴェル城の横の道路は滅茶苦茶大きいので夜でも交通量多かったんですけどね。

そんなわけでヴァヴェル城近くを選んだのでちと駅は遠いです。
でも歩ける距離ですよ。
旧市街も駅もヴァヴェル城も歩ける距離です。そんな大きくない。







川沿いを歩いて城内へ。


ヴァヴェル城。
今回はちょっとトイカメラアプリで遊んでしまいました。

城内探索にはチケットを買う必要があるんですがいくらだったっけ…?
確か1000円もしなかったと思います。
チケットの種類(見れる範囲が違う)によって金額変わるので要注意です。
あれですね、アルハンブラ宮殿のテネラリフェ見学入れるか入れないかとか
夜間の宮殿見学入れるか入れないかとかあれと同じ選択方式。
ヴァヴェル城は夜間見学はありません、あしからず。
なんか色々見れる場所があったけどよくわからないので一番安いチケットで。
まあ見たくなれば後日また来ればいいわけですし。ちと勿体ないけど。





結局最後まで見損ねちゃった竜。
ガイドブックの説明が
「伝説上の存在というには少々モダンな作りになっている」
とか書いてて実にシュール。是非見たかったんだけどな。
たまに火を噴くよ。
上からですけど覗いてたらまさに火を噴く瞬間を目撃したんですがシャッターチャンスは逃しました。


既に曇り空。









ヴァヴェル城旧王宮の中庭。

ヴァヴェル城大聖堂内はちょっとしたダンジョンみたいになってますw

狭い階段内をあがっていくと鐘が。







大聖堂内から見たクラクフ
ヴァヴェル大聖堂の地下は歴代の王や英雄のお墓になっています。


そうそうヨハネ・パウロ二世がクラクフ近郊?のヴァドヴィツェ出身なので
ヨハネ・パウロ二世の像があちこちにありました。


ヴァヴェル城内探索の後はそのまま歩いて旧市街方面へ。





街の風景もなんかお洒落に見えるのがヨーロッパ旅行の特徴ですネ。

グルジア料理の店って気になるなー
11時OPENだし見つかったらお昼はそこで食べようっと。
とか考えながら地図片手に旧市街を探す。



この日は朝からどんより曇り空だったんですが
旧市街探索中にポツポツと雨が。。
流石雨女だぜ。名所巡りに雨は欠かさんぞ!
アルハンブラ宮殿しかりペルージュ村しかりフエの王宮跡しかり…!
なんか歴史建造物を巡る旅の時はいつも雨に降られている感がする。
流石に移動できない程雨が降ってきたのでカフェを見つけてそこへ飛び込む。
ついでにここでランチしちゃえ。



しょ、小龍包か?

……味は小龍包のが好きです。
これ後日気付くんですが中の具が色々あるみたいです。
ここで食べたのは肉が入ってましたけど
チーズ&マッシュポテトのバージョンはかなりイケる。
こういう書き方は失礼ですがちゃんとしたお店で食べると結構美味しいです。

カフェでmgmgしてたら雨が小雨程度になったので再び移動。
少し行ったところにツーリストインフォメーションを発見。
クラクフ旧市街にはiマークのツーリストインフォメーションがあちこちにあります。
「すみません、中央市場広場ってどっち?」
「うーん、だいぶ戻らないとねー」
あれ??
てっきりまだ到着していないと思ったら通り過ぎていた件。
流石だよなー私。
真っ直ぐ進んでいるはずがどっかで間違えてる。
私は私自身を信用できない…とブツブツ呟きながら来た道を引き返す。

言われた通りに進んで行くと…

おーあったよー!!!

だいぶ違う方向に進んでいた事は内緒です。




これは聖マリア教会。
1時間ごとにラッパの音が鳴るんですが運の良い事にちょうど14時ジャストのラッパ。

このままの勢いでバルバカンとフロリアンスカ門を探すんだぜ!
というわけで中央市場広場からバルバカンまで
インフォメーションが見える度に位置確認をしながら進むという
慎重ぶりで探索です。私は私自身を信用できない。(きっぱり)



フロリアンスカ門






おーこれがバルバカンか!
正直思ってたよりあっけないというか何というか。
ちなみにバルバカンは下記地図の一番上。

ヴァヴェル城は一番下。
ホテルはヴィスワ川の向こう。
歩ける距離って言ってもここからもう一度歩いて戻るのはな~…
なんか道迷って日暮れそうだし…

バルバカンすぐ横の公園。

あ、タクシー発見。
タクシーを捕獲してホテル近くまで。

そうそうマンガ・日本美術技術センター(Manggha - Centrum Sztuki i Techniki Japońskiej)のすぐ近くなのねホテル。
なのでタクで戻る場合はマンガまで連れてっておくれーって言ったらラクでした。
って言ってもこの日の夜からバスが楽しくて仕方なくなってしまったので
タクシーでホテルまで戻る事はこれ以降なかったんだけど。


ホテルの部屋から見えるヴァヴェル城

ホテル着。もう15時過ぎ。
荷物を部屋に入れてちょっと昼寝。
私はショートスリーパーさんなので短時間睡眠の時のほうがすっきり動ける人なんですが
(でも休日は14時間ぐらい寝てる時あるけどね!)
流石に出国した日は一睡もしてないし
機内でも寝れないし、昨夜は2時間しか寝てないし…でちょっとお疲れ。
1時間だけお昼寝のはずが…うげー!もう17時過ぎてる!!!

そうこの日はヴィスワ・クラクフの試合があるのです。
なんで私が行く時に限って金曜開催なの…。

前売券を持っていない私は
1.スタジアムを探す
2.チケット売り場を探す
3.帰り道の確認
の3つを試合が始まるまでにしないといけないんです!
あ、ちなみに3は物凄く重要。
他人の「絶対迷わないから大丈夫!」なんて信用できない。
それでなくとも昼間の風景と夜間の風景って全然違って見えるしね。

ホテルの受付にお尋ね。
私「サッカースタジアムってどこにあるの?」
受付嬢「どっちのスタジアム?ヴィスワ?クラコヴィア?」
私「ヴィスワー」
という会話をして教えて頂きました。

なんと幸運な事にヴィスワのスタジアムがあるバス停[AGH]からホテル最寄のバス停まで
ほぼ一直線上の位置にあった!
これ万が一バスに乗り遅れても根性で歩いて帰れるんじゃないの?
ものすごーーーーく時間かかるけど。
ちなみに最寄のバス停は[AGH]じゃなくて[Kawiory]だったりします。
帰りはこっちから帰ってきました。

スタジアムまでの道のりは長くなるので別のエントリであげたいと思います。
⇒あまり役に立たないヴィスワ・クラクフのスタジアム交通情報

さて私は無事スタジアムに到着し当日券を手に入れる事が出来るのでしょうか!


コメントを頂ける場合はこちらに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ポーランド - ジャンル:旅行
travel    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。