ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.08.17 Tue
ホーチミンうろうろ。
朝9時頃起床。旅行中にしてはちょい遅め。
明日のお昼にはハノイ行きの便に乗らないといけないので今日色々周る…予定。
手始めに統一会同。

敷地内には戦車も置かれていますよ。



あ、統一会同に入る前には荷物チェックがあります。
空港の手荷物検査みたいなやつに鞄をぶち込みます。
愛想笑いしてみても微笑んでもくれません。軍人さんこわいです。


なかなか涼しげな光景。>暑いけど。

料金は…いくらだったかな~?
1万5000VNDとベトナムスケッチには書いてますが覚えてないです。
ココもこの後に行った戦争証跡博物館もなんだけど日本語対応してます。

こんな感じで一番下にちゃんと日本語表記。























資料室、応接室、会議室、娯楽室、大統領夫人室etcetc…があります。



映画室もあります。

地下に行くと作戦会議室が。
全体的に暗いというか…あんまり人がいない時には行きたくないかもしれないw

人いない!!さっきまでたくさんいた中国人どこ行った!

当時戦略地図。


懐かしの。




年季入ってます。

統一会堂を出た後は戦争証跡博物館へ。

この距離なのに。
なんか迷い倒して2時間くらい歩いていたような気がします。
途中でバイタクのお兄ちゃんに心配される始末。

疲れ果てて途中で休憩。
カフェのウェイトレスさんが日本語を勉強しているらしく日本語で話しかけてくる。
日本語で戦争資料館の場所を聞けるかしら?と思ったが
お姉さん、挨拶しかまだ習ってないらしく会話終了。

結果、カフェから数歩歩いたところにあるカーディーラーのお兄さんに聞いたところ
道路を挟んで反対側にある建物を指差す。
……。
………。
いやまあ深くは考えないでおこう。
まさか目の前の建物に気付かず、反対側の道路で右往左往してたなんて事はないよね、ははっ
…orz


戦争資料館はこんな感じの建物です。
無料でもらえる小冊子はちゃんと日本語対応しているので英語もベトナム語もわからない方でもだいじょーぶ。
なんで日本語があるかっていうと戦争資料館には多くの日本人が関わっているからです。
外にあるベンチに日本人の方の名前+寄贈の文字があったので建設するのにも関わったんじゃないかなー?

建設だけじゃなくて中の資料でも日本人の名前を見る事ができます。

twitterでも帰国直後にPOSTしたんですが(あまりに古かったのでログ発見できず)
ベトナム戦争の写真は勿論のこと、枯葉剤の影響で生まれた奇形児(言い方が悪かったらご指摘ください、訂正します)の写真が多く飾られています
その写真の多くは日本人カメラマンによって撮影されたもので特設コーナーもあります。
その特設コーナーでは日本人向けに書かれたカメラマンによる日本語での手紙も。

現在でもアメリカはベトナムで奇形児が生まれた事と枯葉剤が関係している、とは認めておらず
奇形児は元々ベトナムに存在したのだ、というスタンスを取っています。
そんなおかしな事があるでしょうか。
ベトナムはそんな状態でアメリカと戦争を戦ったというのでしょうか。
という事が書かれています。
あとはベトナムの女のコがオバマ大統領に宛てた手紙とか。

散々ホイアン、フエでぼったくられベトナム人に怒りをおぼえていた私ですが
この時ばかりは神妙な気持ちになり、戦争後遺症の方への募金に手持ちのベトナムドンを寄付したのでした。

「戦争はまだ終わってはいない」の一文が重かったです。

ホルマリン漬けの奇形児も置いてたりするので
(そんなにグロくはないけれど)そういうのが苦手な人は回避したほうがいいかも。
と言いつつ個人的には是非とも行って欲しい場所だったりします。

外には戦車や爆弾が置かれています。







↑のやつじゃないんですが、戦車内に入れるモノもありまして。


中はこんな感じだったりします。

資料館の横というか裏手




Tiger cageと呼ばれる当時の監獄。
ここにはその当時の監獄の様子や拷問で使われた器具なんぞが置かれています。
"Tiger Cage Hochimin"で画像検索して頂くとわかると思うんですが
女性囚人のやたらリアルな人形が置かれていて
その置かれている場所が結構不意打ちポジションだったりするので
油断してると背後にいきなり女性が現れるので驚いて変な奇声あげる事に。
多分処刑された女性囚人なのかな。
モデルになった人とかいるんだろうか…
そういう…処刑される前の写真なんかも展示されてたように思います。

ちょっと鬱々とした気分で戦争資料館を後にします。
タクシーを拾ってそのままベンタイン市場(Chợ Bến Thành)へ。



ここでお土産を色々購入したんですが…
最初1つ21万ドンとか言ってたポーチが最終的に
2つで3万ドンとかどういう値段設定になってるんだよそれは!!
別に値段交渉した覚えはないんですが帰ろうとすると勝手に値段下がってます。

ついでに市場で初チェー
ベトナム版あんみつみたいなもんです。


市場で買い物をした後、一度宿に戻ります。
そこでオーナーさんと偶然会ったのでホーチミン案内をしてもらうことに。
方向音痴としてはこういう申し出本当に有難いです。

サイゴン大教会(Nhà thờ Đức Bà Sài Gòn)


ホーチミン市中央郵便局。


内部。ここで国際電話もかけれます。


サイゴン オペラハウス

この後デパートへ行ってお土産用のインスタント麺を買いだめ。


一度休憩した後、オーナーさんより夕飯を一緒にどうか、とのお誘い。

夕飯時までごろりんちょ。
足が…靴擦れだらけです。(写真赤く腫れてる箇所が全部それです)

デパートで仕入れておいた。

約束の時間になったのでロビーへ降りる。
オーナーさんを待ってると金髪の欧米人男性が上のフロアから降りてきた。
男性「誰、待ってるんですか?」
めっちゃ日本語上手なんだが。
アメリカはミネソタ州出身のこの男性。
昨年まで大阪の岸和田の高校で教師をやっていたそうです。
そして今はベトナムで教師をやっている、と。

彼はこれから友達とゴハン食べに行くそう。
なんだー残念(・ε・)せっかくイケメンだったのにー。

さてオーナーと食事。
1人では絶対見つける事が出来ないようなお店です。











暗くて食事が見えん。美味しかったです。特に魚。
ビールと焼酎水割り(>何と持ち込み可)を飲む。

多分、昼間のチェーとここで飲んだビール(氷入り)が
翌日からのアレへの引き金になったんでは、と思っております。

たらふく食べた後、ホテルに戻る。寝る。

コメント書いて頂ける場合はこちらにお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行
travel    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。