ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.08.27 Thu
ホイアンからフエへ
思い出しただけで腹立ってくる出来事満載のフエ編です。
朝7時にホイアンのホテルをチェックアウト。
ホテルのロビーでフエ行きのバスを待っていると受付の女性が話しかけてくる。

女性「朝食まだ取ってないんじゃない?」
私「取ってないけど7時30分にバスが来るから待ってるよ。」
女性「バスは7時45分よ。だからまだたっぷり時間はあるわ。」
私「そうなの?でもチケットには7時30分って書いてるけど?」
女性「7時45分なの。だからレストランで朝食食べてきて。」

受付の女性に促され、レストランで朝食を取っていると
ウェイトレスさんが慌てたようにこちらに走ってくる。
「フエに行くのはあなた?」
「そうだけど?」
「フエ行きのバスが来てるのよ!」
ちなみにこの時、7時25分。時計見ながらご飯食べてたので間違いない。
慌ててロビーに戻ってくると先ほどの女性が一言。
「バス、もう行っちゃったわ。」
(゚Д゚)ハァ?
「安心して。またバスに戻るように言ってあるから。」
あ、なんだそうなの。戻ってくるなら安心ね!
……。
お前が7時45分にバスが来るから朝食食べろって言ったんだろー!
しかもバスは8時過ぎに再度きたんですが
ホテルに戻ってくるというよりホテル近くの道路を通過するので
それに飛び乗るという感じでなんか朝からやたら走った。
もう絶対あのホテル使わない。でも朝食のレーズンパンはやたら美味でした。

ところでフエ行きのバスですが、まあ一応ツアーバスなんですけども
すんごいボロくて私の座った席はリクライニングが壊れていました。
なもんで、もたれてもいないのに後ろにがっくんがっくん揺れるものだから
私の後ろに座っていたアングロサクソンのおっさんが何故か私にキレてきた。
「お前の椅子、邪魔なんだよ!」
「そんな事言われてもー…(リクライニングのボタンを指差す)」
おっちゃん、しばらくがちゃがちゃと私の椅子とボタンをいじっていたんですが
完全に壊れていると悟ったのか「Sorry.」とだけ私に言って
ようやく着席されました。まあ5$くらいのバスなんでしょうがないんですけどネ。




バスの車窓から。ダナン辺り。


途中休憩エリアで水分補給。

そんなわけで4時間くらい?かけてようやくフエ到着。
超親切なバイタクのおじさんが格安でバス停車地から遠く離れたホテルまで送ってくれる。
なんだバイタクのおじさん優しいんじゃん。
バイタクとシクロには乗るなって書いてたけどそこまででもない?
とか思ってたあの時の私、氏ね。
このおじさんがごくごくたまにいる優しい人だっただけです。
良心的なバイタク/シクロの運転手を探すのは
MOTHER2の砂漠で白ゴマ黒ゴマを探すイベントよりも難しいです。
そしてそのゴマを最初で引き当ててしまったのでちょっと油断してたのかもなー。

フエのホテルは大奮発して☆5ツの高級ホテル。
でもベトナム物価安いのでスペシャルなホテルでも2泊で233$とかそんなんでした。
このレベルを欧州/日本で泊まろうと思ったら、倍額以上出さないといけないと思います。ちなみにPilgrimage Villageというホテル。
フエはむっかつく事が多かったけどこのホテルだけは別で。
もう何から何まで最高デシタ。また泊まりたい。
むしろここに泊まるためだけにフエに来たい。


ホテルのロビーはこんな感じ。

部屋は全てコテージ風になってるんですけど
結構敷地内が広くて初日の夜、方向音痴な私は
ホテルの敷地内で迷って部屋に戻れなくなった。
でもちゃんとガードマンというか巡回してるスタッフがいるので
「迷ったー!」というと部屋まで送り届けてくれますぜ。






プールその1 Slope Poolとかそんな名前だったような。
こっちはかなり大きいプールです。
ちなみに横にSlope Barというバーが併設されているので
お酒飲みながらプール入れるよ!酔いすぎると死ぬ危険もあるけどね!


プールその2 Peanut Pool
こっちは小さめのプール。
しかしこっちにもPeanut Barというバーが併設されていたりします。

ちなみに昼も夜もプールで泳いでいたんですが
ここにもスタッフが常時いて泳ごうとしているとマットを敷いてくれます。
うーん高級ホテルだから当たり前のサービスかもしれないんだけど
如何せん高級ホテル泊まったことないから実に嬉しい。

そんなわけで部屋到着。私はB159のお部屋です。


玄関横にはこんなスペースも。

椅子がふたつあるのはダブルの部屋を予約したからです。
いいなーこんなところで語り合う彼氏とか欲しいなー(寂)

さてお部屋。







シャンプー、コンディショナーの他にバスソルトも置いてあった。


小さい庭のようなスペースがありまして。(部屋から繋がってる)
そこでもシャワーを浴びれるようになっていました。


大きいベッド。まあダブルなんで大きいのは当たり前なんですが。
当然枕も2つあるんですけど空いている方を抱き枕にしてる自分が物凄く空しかった。





長くなってしまったので怒りのフエ編はまた今度。
なんかホテル紹介みたいになっちゃったな。

コメント書いて頂ける場合はこちらにお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ベトナム - ジャンル:旅行
travel    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。