ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr
84 ask?
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。

リンクはほとんどアンテナにまとめてます。豚クリックで簡単な自己紹介。
◇動作確認◇
IE8/Opera/Firefox/Chrome/safari
IE6では確認しておりません。たんぶらも同様です。Operaで更新しているのでIEだと文字化け多発しております。


欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.08.21 Fri
ミーソン聖域でカタラン人とクロサス同盟。
8/10 Thánh địa Mỹ Sơn

今回の旅行は基本サカユニにカーゴパンツという出で立ちだったわけですが
サッカーユニは洗濯しやすい、乾きやすい、しわにならないので旅行時の荷物は極力減らしたい(今回はJetstarの荷物制限もあったのでね)私にとっては結構便利なアイテムだという事に今更気付いた。
だっていつも欧州旅行なんだもん。逆に着ないでしょ。

で、クロサスの名前が入ったセルティックユニだったわけですが
着ていて思ったのは東南アジアでレプリカユニを着ていると
アングロサクソン、サカオタホイホイになる事が判明致しました。
たまにサカオタベトナム人も釣れるよ!
そんなわけでホイアン2日目はミーソン聖域ツアーに参加したんですが
遺跡よりも面白かったカタラン人との交流のお話付☆

朝8時にシンカフェで申し込んだミーソン遺跡を見に行く為のツアーバスに乗る。
大体4$くらいかな。
結構な人が参加していたんですけど中には日本人カッポーの姿も。(複数組)
行きも帰りも集合時間を守ってくれない1組の日本人のカップルがいて
(しかも反省の色ないしね。しれっと悪びれもなく乗車)
同じ日本人として私は恥ずかしいよ…待たせてるって意識はないのかなあ。
あ、その真性バカップル以外は全然マトモそうな人たちばかりでしたよ!


前置き長くなったけどミーソン遺跡到着。


しばらく歩くと遺跡群が見えて参りました。



暫く待ってみましたが一向に人がいなくならないので諦める。




ガイドさんの説明によるとこの像はシヴァ神だそうですよ。


ヒンドゥー教シヴァ派の聖域だったそうです。



















場所を移動。移動中、ASローマのシャツを着た兄ちゃんに
「おおセルティック!俺なんてローマだぜ!」と謎な声をかけられるw
だから何w
っていうか着といてなんですが私セルティックのファンでも何でもないんだよね…
クロサスウォッチャーなだけで。セルティックファンの皆様すいません。


暑いので涼しげショット。ちっとも涼しくならなかったけど。










ぶっちゃけこの辺の遺跡は形がほとんど残っていないので
「遺跡ですよ。」って言われなかったら正直わからないと思うw

また違うエリアに行く為にひとりでてくてく歩いていると
向かいから恰幅の良いおじさま登場。
「おーセルティックー!」とちょっと嬉しそう。結構なふっとぼーる好きとみた!
進行方向が逆だったのですれ違い様にスコットランドのチームだねーと言われて
笑って「そうですよー」と返すぐらいの会話で終了…と思いきや。
(背後から)「クロッサース!!!!」
驚いて振り向くとおじさまがワタクシのユニを指しながら興奮度アップさせてるw
おじさん「彼はバルセロナから移籍したんだよ!」
私「知ってるよー♪」
本当はもうちょっと話したかったんですがお互い進行方向逆なので
今度こそ会話終了でお別れ。あとでまた会うんだけど。


昔のぬこたんでしょうか。








蚊に愛され体質(笑)の私はミーソン遺跡は山の中と聞いて
虫除けスプレーをがんがんにふって挑んだわけですが。
そもそもそんなに蚊いなかったよ…(涙)

1周して戻ってきたらまだ集合時間までだいぶ余裕が。
暇だし行ってなさそうな道でも辿るかーと思って来た道を逆走。
暫く歩いたところで向かいから恰幅の良さそうなおじさま再登場。
「クロッサスガール!!!」
凄いネーミングついてますよ、私。
そんなわけで再び先ほどクロサスに反応したおじさんと再会。
今度は時間を潰していただけだったのでおじさんと一緒に来た道を戻る事に。

開口一番、「彼は良い選手だよ!」というおじさん。
ですよねー!ふたりでクロサス談義にしばし花を咲かせる。
あ、ところで私のつたない英語のせいで
クロサス、日本で有名って事になっちゃったから。
頑張って日本で知名度あげてください、クロサス。
まあ私の友達のクレの間ではかなり有名だと思うので嘘はツイテナーイ。
ちなみにクロサスにえらい反応していたので予想はしていた事ですが
おじさんバルセロナ在住。
おお!おじさん、私バルセロナに5回ほど行ったことあるよ。
タラゴナにも行った事あるし、スペインだとグラナダもあるよ!
「ええ!?なんでまた5回も?」
私、足元を指差してみる。足元はバルサのビーチサンダル。
これは狙っていたわけじゃなくて、
当初は違うサンダル(バックストラップ付)で歩いていたんだけども
前日歩きすぎて靴擦れ起こした私はプール用に使用するつもりで持参した
バルサのビーチサンダルでこの日ミーソン遺跡を訪れていたんだな。
「おお~バルサ!もしや君はバルサが好きなのかい?」
勿論サ!
おじさん興奮して前方を歩いていた奥さんを呼ぶ。
スペイン語で何言ってるかわからなかったけど奥様戻ってきて私のサンダル凝視。
「あら、バルサね!フットボールが好きなのね。」
是非またバルセロナにおいで~とか近いうちにまた行くよーとかそんな会話して。
その後グラナダのアルハンブラが如何に美しいかを3人で語り合って
気が付けばあっというまに集合時間。

ご夫婦は専属のガイドをつけて3人で周っていらっしゃったのでここでお別れ。
おじさん、ペンと紙を用意してそこに名前と電話番号を記入。
「またバルセロナに来る事があったら電話しておいで。歓迎するよ。」
是非行きます!いつになるかわからないけど忘れられないうちに!
おじさんの名前はPedro
私も勿論名前を名乗ってハグしてほっぺを触れ合わせてさよならの挨拶。
本当近いうちに会いに行けたらいいなあ。
そんでもって一緒にふっとぼーる見るんだよ。


ガイドさんに撮ってもらった写真。
Gracias, Pedro.Hoy lo pasé fenomenal.

そんなわけで後半に続く!

コメント書いて頂ける場合はこちらにお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ベトナム - ジャンル:旅行
travel    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。