ふんだり蹴ったり(仮)ver.2.0
≪2003.11  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2004.01≫
info
トップページのジェフレンはKanaさんに描いて頂きました(*´∀`)2枚描いて頂いたんですがもう一枚はKanaさんのブログで見れます。Kanaさんどうもありがとうございます!
entry
tumblr/twitter
about
Author:chica


070208引っ越してきました。
一時的な避難所のはずがすっかりここに居付いています。旧ブログはこっち。
ぼちぼち過去ログ移行中です。→ログ飛んだ。



欲しいものメモ
メモ: 
旅行記あれこれ。
行った国マップ



MyFlashFetish.com
mailform

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:


うまく作動しない場合はpapabubble@dublin.comまで
search
rss
category
bookmark
flagcounter
free counters
「 2003年12月 」 の記事一覧
2003.12.29 Mon
名台詞。
小野伸二@高校サッカー選手権出場チームの選手にあてたメッセージ
「何でサッカーをしているんだろう。どうして苦しさに耐えてるんだろう。
それはサッカーを愛しているから。サッカーを心から楽しめているから。
君はどうだ。サッカーが楽しいか。」

ロマーリオ@練習をサボって夜遊びがバレた時に一言
「夜は友達」
(;´Д`)


おまけ。
昨日の試合終了後のセレーゾ(鹿島監督)のコメント
「90分、延長を含めてどっちが勝ってもおかしくない試合だった。見てる側からも非常にエキサイティングな試合だったと思う。

立ち上がりの15分、幾つかのミスが出て、ボランチの背後にボールが出たときのケアが甘く、つなげられた部分があった。また、サイドにボールが出たときに2列目からの飛び出しに対するケアが甘かったので、ハーフタイムに指示を出した。後半は危なげなく出来たと思う。攻撃に関しても自分たちのサッカー、パスワークを披露することができた。攻撃についても守備についても悪くない試合だったと思う。内容の濃い試合になったと思う。

また、サッカーの醍醐味であるゴールを取るということ、シュートを打って得点を取るということを大久保選手にやられた。疲れがたまった時間帯の中でもあれだけのシュートを打てるということは彼の才能を認めなければならない。残念ながら曽ヶ端には取れない際どいコースだった。今日はひとりの選手に1試合の中で2点を取られた。今後、彼の育成をしっかりやっていけば日本を代表する選手になるだろう。今後は楽しみな選手だ。

セレッソにはおめでとうと言いたい。決勝は頑張って欲しい。



太字に注目。
全然名台詞じゃないけど嬉しかったので。
スポンサーサイト
Share on Tumblr

Memo/News    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑